MENU

仏教徒でもクリスマスを祝ってよい?|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > マナー・慣習 > 仏教徒でもクリスマスを祝ってよい?

仏教徒でもクリスマスを祝ってよい?

クリスマスプレゼントをねだったときに、「うちは仏教徒だから、クリスマスは祝いません!」と、冗談ながらに親から言われた記憶がある人はいませんか。また、「どうしてうちはキリスト教じゃないのに、クリスマスをお祝いするの?」と子どもに素朴な疑問を投げかけられたことのある人もいるのでは。そもそもクリスマスとは何かを解説し、仏教徒でもクリスマスを祝っていいのかについて考えます。


そもそもクリスマスとは

クリスマスは、キリストの生誕祭です。このことから、「キリストの誕生日である」と理解している人もいるかもしれません。しかし、実は、キリストの正確な誕生日はわかっていないのです。12月25日は、あくまで「誕生を記念する日」として、お祝いが行われています。生誕祭においては、クリスマスだけではなく、前日の24日もクリスマスイブとして重要な位置を占めます。これは、教会暦では日没を日付の変わり目とするためで、教会歴を使っている教会にとっては、前日の日没からが生誕祭なのです。

 

クリスマスが日本に広まった理由

キリスト教徒のお祝いであるクリスマスが、どうしてこんなにも日本に広まったのでしょうか。それは、企業の宣伝戦略がもとになっています。クリスマスは、明治期のクリスマスカードなどの輸入によって広まり始めたといわれていますが、大ブームとなるきっかけには、いつも企業の仕掛けがあるのです。例えば、輸入物を取り扱う明治屋が銀座店にクリスマスツリーをディスプレイしたのは明治37年、お菓子の老舗である不二家がクリスマスケーキを販売し始めたのは明治43年のこと。そのたび、大衆の間でクリスマスが話題になり、キリスト教徒だけのお祭りという垣根を越えて、日本全体に知られるようになりました。戦後しばらくすると、本格的に各家庭がクリスマスを祝うようになります。「クリスマスにはチキンを食べる」という風習はケンタッキーが、「イブは恋人と過ごす」というイメージはバブル期にメディアが作りだしたとされ、どちらも日本独特のものです。

 

お寺もクリスマスを祝っている

以上のように、キリスト教そのものをさしおいて、クリスマスだけが日本人の間に広まるようになりました。「でも、さすがにお寺はクリスマスを祝っていないのでは?」と思う人も多いでしょう。しかし、お寺でも、クリスマスを祝っているところはあります。数年前には、サンタを菩薩として供養するお坊さんの動画が人気を博しました。また、「クリスマス法要」と称してライブを行うお坊さんたちの姿も話題となっています。仏教系の幼稚園では、住職みずからサンタに扮し、クリスマス会を行うところも多いようです。

参考文献:【仏具で】仏式クリスマス法要・サンタ菩薩供養【演奏】

参考文献:坊主バンド クリスマス法要ライブ

 

お寺がクリスマスをする理由1:イベントの一つとして

お寺は、クリスマスを祝うことをどのように位置付けているのでしょうか。それがわかれば、キリスト教徒ではない多くの日本人にとっても、クリスマスを祝う理由づけを見つけられそうです。クリスマスについては、多くのお坊さんたちがネット上のブログやインタビューなどに答えています。それらの情報をまとめていくと、主に2つの理由があることがわかりました。お寺がクリスマスを祝う理由の1つめは、「一年のうちに数多くあるイベントの一つとして、クリスマスもお祝いする」というものです。一年のうちには、クリスマスだけではなく、初詣やバレンタイン、お盆、秋祭り、ハロウィンなどといったイベントがあります。クリスマスも、一つのイベントとして楽しもうという考え方です。

 

お寺がクリスマスをする理由2:異教の偉大な人物のお祝いとして

お寺がクリスマスを祝う理由の2つ目は、「宗教関係なく、偉大な人物の生誕をお祝いする」というものです。そもそも仏教の教えは他の教えを排除するようなものではないという考え方から、日本中でいわば風習にまでなったクリスマスのお祝いを「受け入れる」のです。「クリスマスは断固として祝わない!」と言って、子供を泣かせたり、周囲を困らせたりするのであれば、それは仏の教えに沿っていない。そんなふうに考えるお寺が、クリスマスを祝っているのでしょう。

 

まとめ

以上、「仏教徒でもクリスマスを祝っていいの?」という疑問に、お坊さんたちはどのように解決しているのかを参考にして答えてみました。クリスマスは、もはやキリスト教徒のお祭りというよりも、日本を上げての一大イベントといっていいでしょう。日本独特のクリスマスを、宗教的行事ではなく文化ととらえて、純粋に楽しみましょう!
関連記事: お正月はお墓参りに行ってはいけない?お正月にお墓参りがタブーといわれた理由

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

御朱印とは?その意味ともらい方

「御朱印(ごしゅいん)」をご存じですか?近年、御朱印を集めるために、神社やお寺に参拝する人が増えているといわれています。たくさんの寺社を周って御朱印を集めるのは女性が多いため、彼女らを「御朱印ガール」と呼ぶほど、ブームになっているとか。御朱印とはなにか、どうやってもらうものなのかについて解説しましょう。

檀家とは?檀家制度の始まりと現代社会における意義

檀家(だんか)とは、特定の寺院を援助する家のことを指します。檀家が支える寺院のことを菩提寺(ぼだいじ)や旦那寺(だんなでら)と呼びます。この寺檀関係は江戸幕府の政策によって始まり、菩提寺は檀家の先祖や死者の供養を独占的に取り仕切りましたが、時代が下り、寺檀関係は崩壊しつつあります。この、檀家や檀家制度について詳しく解説していきます。

戒名はいらない?

戒名はいらない?授からない場合は仏式で葬儀を行うことも見直そう

仏式で葬儀をすると、戒名をもらうのは当たり前のこととされています。しかし、最近では死後の名前など必要ない、「戒名はいらない」と言う人も増えてきているようです。その主な原因は、高すぎるお布施にあるとされます。戒名は本当にいらないのか、「戒名」のそもそもの意味から考えてみましょう。

お墓参りの様子,樹木葬

お墓参りのマナーを解説!正しい先祖供養のポイント

お墓参りには、さまざまな作法やマナーが存在します。いつも何気なく行っていることでも、実は深い意味があったり、逆にNG行為だったりすることがあります。ご先祖・故人の霊を弔う行為ですから、できるだけマナーを守りたいものです。ここでは、お墓参りの基本的なマナーをまとめました。お墓参りに行く前に、自分のやり方を確認してみましょう。

初彼岸とは

初彼岸とは何をする?その意味とやるべきこと

初彼岸とは、故人が亡くなってから初めて迎えるお彼岸のことを指します。お盆では初めて迎える際「新盆」といい、僧侶を呼んで法要を行ったり、特別な供え物を用意したりしますが、初彼岸ではどのような準備が必要なのでしょうか。ここでは初彼岸について詳しく紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ