MENU

お盆とお彼岸はどう違う?違うところと同じところを解説|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > マナー・慣習 > お盆とお彼岸はどう違う?違うところと同じところを解説

お盆とお彼岸はどう違う?違うところと同じところを解説

お盆も、お彼岸も、お墓参りをしてお供え物をする行事ですよね。それでは、お盆とお彼岸は、時期の違いがあるだけで、あとは同じ行事なのでしょうか?実は、れっきとした違いがあります。お盆とお彼岸の違いを知れば、きっと次のお盆やお彼岸では、ちょっと違う気持ちで先祖にあいさつできますよ。


お盆とは、先祖が里帰りをする期間

お盆には、仏となった先祖たちがこの世に降りてきてくれるといわれています。私たちがお盆に里帰りするように、先祖も里帰りをするのです。よって、お盆は「先祖代々の一家団欒」ができる唯一の時期といえるでしょう。お盆の時期は、全国の多くの地域では8月13日から16日までの4日間が一般的です。お盆の1日目である8月13日は「迎え盆」といわれ、玄関で迎え火を焚き、お墓参りをして先祖を迎えに行きます。そして先祖を家に招き、仏壇の隣に特設の棚などを設けてごちそうを出し、もてなすのです。最終日である「送り盆」には玄関で送り火を焚き、先祖が空へ帰っていくのを見送ります。

 

お彼岸とは、あの世とこの世が最も近くなる期間

お彼岸には、春の彼岸と秋の彼岸があります。春の彼岸は、春分の日を真ん中にした前後3日間を指し、秋の彼岸は、秋分の日を真ん中にした前後3日間を指します。春分の日も、秋分の日も、太陽が真東から昇り、真西に沈みますよね。極楽浄土があるとされる真西に太陽が沈むことから、「あの世(彼岸)とこの世(此岸・しがん)が最も近づく日」とされ、「お彼岸」という風習が生まれたとされます。よってお彼岸は、彼岸と此岸の境目まで会いに来てくれている先祖のもとへ、私たちもお墓参りによって会いに行くというイメージです。春分の日も、秋分の日も、年によって日にちが違いますが、春分の日は毎年3月20日頃、秋分の日は9月22日頃におとずれます。

 

お盆には提灯をつけて盆棚を設け、先祖をお迎えする

お盆では、先祖がこの世に来てくれるという考え方から、家に盆棚を作ってもてなします。盆棚とは、経机などで作る3段程度の簡易的な飾り棚で、まこもと呼ばれるゴザのようなものを敷いて、その上にお供え物を飾ります。お供え物は、そうめんやナス、キュウリなど、水分をたっぷり感じさせるものが喜ばれるとされます。「あの世は喉が渇く」という考え方からです。なお、夏の果物や野菜、故人の好物などを添えましょう。食べ物以外のお供え物で代表的なのが、ナスで作った牛やキュウリで作った馬です。これは、先祖は牛馬に乗ってこの世とあの世を行ったり来たりするという考え方から来ています。この世に来るときにはきゅうりの馬で早く来てもらい、あの世へ帰るときにはナスの牛でゆっくり帰ってほしいという願いが込められているのです。盆棚の脇には花を一対と提灯を飾り、お盆のあいだは提灯をずっとつけておく風習が全国的に見られます。

 

お彼岸はお墓参りがメインで、仏壇にはあんこのお餅を供える

お彼岸には、お盆と違って先祖がこちらへ帰ってきてくれるわけではないので、お盆ほどの大々的なお飾りは必要ありません。彼岸の淵まで来てくれている先祖に会いに行くこと、つまりお墓参りをメインと捉えていいでしょう。お彼岸の7日間のうちは、どの日でもお墓参りをしてかまいません。ただ、正式な日取りを選びたいのなら、中日(なかび)である春分の日や秋分の日を選びましょう。お墓に持っていったり、仏壇にお供えしたりするお供物のなかで、お彼岸に欠かせないのがあんこのお餅です。お彼岸のお餅は、米粒が残る程度に軽くつぶすのが特徴で、春のお彼岸では「ぼたもち」、秋のお彼岸では「おはぎ」と呼びます。いずれも、季節の花である牡丹と萩の花に見立てています。また、お供え花は、特に秋は彼岸花を選ぶ家が多いでしょう。

 

お盆でもお彼岸でも、「仏様のおさがり」をいただこう

お盆でも、お彼岸でも、供養のために気をつけたいポイントがあります。それは、お墓参りの後には環境美化のためにも必ずお供え物を持ち帰ってくること、そして、傷んでいたり、地面にじかに触れたりしたものでなければなるべく「仏様からのおさがり」としてお供え物を食べることです。仏教では、「仏様からのおさがり」をいただくとご利益があるといわれ、先祖との縁を噛みしめることのできる瞬間であるともされます。すでに会うことのできない故人と、同じものを食べることでつながれるという考え方は、つい最近肉親を亡くしたといった事情のある人にも、癒しとなることでしょう。

 

まとめ

以上、お盆とお彼岸の意味の違いやお供え物の違い、そして共通のポイントをお伝えしました。お盆には「ご先祖さま、おかえりなさい」、お彼岸には「ご先祖さま、会いにきました」と、心の中で呼びかけましょう。きっと、いつもよりもぐっと先祖をそばに感じることができるでしょう。お盆もお彼岸も、血縁のすばらしさを実感できる日です。

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

戒名はいらない?

戒名はいらない?授からない場合は仏式で葬儀を行うことも見直そう

仏式で葬儀をすると、戒名をもらうのは当たり前のこととされています。しかし、最近では死後の名前など必要ない、「戒名はいらない」と言う人も増えてきているようです。その主な原因は、高すぎるお布施にあるとされます。戒名は本当にいらないのか、「戒名」のそもそもの意味から考えてみましょう。

お墓参り

お墓参りは地域や宗派によってお盆の時期や題目、作法が異なる

お墓参りにはさまざまな作法があります。特に、遠方の親戚のお墓にお参りする時などは、地域や宗派による作法の違いに気をつけなければなりません。また、作法の解釈が人によって分かれることも多く、時としてトラブルを招きます。ここでは、地域別・宗派別のお墓参りの作法について解説します。

忌中と喪中の違いとは?期間と過ごし方

知っているようで知らない「忌中(きちゅう)」と「喪中(もちゅう)」の違い。どちらとも、「身内の死に際して身を慎むこと」なのですが、なぜ慎むかという理由が違います。しかし、違いはそれだけではありません。今回の記事では忌中と喪中の違いについて、歴史や観念を踏まえながら紹介します。

位牌

戒名とは?戒名の相場、戒名のランクや付け方について

戒名とは、仏教において亡くなった方が極楽浄土に行くことができるように付けられる名前です。その戒名は、宗派によって呼び名が違ったり、構成や文字数が違っていたりと様々です。また性別や年齢によっても付け方が違います。現在はお墓同様に戒名も生前に準備をする方が増えてきていますので、意味を知っておき納得のいく戒名をつけてもらいましょう。

祭祀承継者,樹木葬

祭祀承継者とは?お墓を引き継ぐ人がいない場合の対処法

かつてお墓は代々にわたり、引き継いでいくものでした。ひと昔前までは、生まれた土地からすべての子が、引っ越すことはめったありませんでしたし、引き継ぐことが当然であると思われていたのです。そんなお墓や仏壇を引き継ぐ人のことを祭祀承継者と言います。しかし、近年では祭祀承継者になりたがらない人が少なくありません。一体どのような理由があるのか、背景について紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ