MENU

お正月はお墓参りに行ってはいけない?お正月にお墓参りがタブーといわれた理由|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > マナー・慣習 > お正月はお墓参りに行ってはいけない?お正月にお墓参りがタブーといわれた理由

お正月はお墓参りに行ってはいけない?お正月にお墓参りがタブーといわれた理由

お正月にお墓参りをするべきか、否か、迷う人も多いのではないでしょうか。仏事は各宗派によって習慣が少しずつ違い、更には地域やお寺によっても異なります。そのため、せっかく故人のためを思ってお正月にお墓参りに出かけようと提案しても、家柄によっては非常識といわれてしまう場合もあるようです。ここでは、そんなお正月のお墓参りについて紹介します。

お正月の富士山


お正月は墓参りに行くほうが良い

 お正月には新しい年の前途を願い有名な神社仏閣に初詣に出かけたり、近所の寺社に参拝に行かれる人は多いでしょう。しかしながら、ことお墓参りとなるとお正月に果たして行っていいのかどうか迷われる人も多いのではないでしょうか。
 実家ではお正月の初詣の帰りにお墓参りもしていたのに、嫁ぎ先ではお正月にお墓参りなんて非常識だと姑に言われたなどということもよく耳にします。現代の多くの日本人が喪中年賀欠礼をしたり、喪中はがきを松の内(正月の門松を飾る期間)が過ぎてから出すという習慣が定着しているので、なおさらお正月にお墓参りをすることを迷われる人も多いのでしょう。たしかに地域によって違ったり、個々の家の考え方によって違いもあります。しかし本当は、むしろお正月にはお墓参りに行くべきと当サイトでは考えます。

 

 日本人は古来より様々な文化や技術や思想を取り入れるのが得意な民族です。今の現代日本人は、お葬式では仏教徒になり、お正月には神道信者になって神社に参拝、クリスマスや結婚式ではキリスト教徒になりといろんな宗教由来の伝統文化行事が入り混じっています。そのため、お正月にお墓参りをするべきかどうかも、迷ってしまう人が多いのだと思います。そこで、お正月に本当にお墓参りをすべきか否か、お正月の意味から改めておさらいしてみましょう。

 

お正月にお墓参りはすべき?そもそもお正月の意味

お正月 お墓参り

 

  • 1年の最初の月。また新年を祝う諸行事や、行事の行われる期間だけをいう。(「日本大百科全書」より引用)
  • 一年の最初の月。一月。睦月むつき。特に新年の祝いをする期間の、三が日あるいは松の内をいうことが多い。
  • 華やかで楽しいこと。(「大辞林 第三版」より引用)

 お正月とは本来、その年の豊穣(ほうじょう)を司る歳神様(としがみさま)をお迎えする行事であり、1月の別名です。現在は、1月1日から1月3日までを三が日、1月7日までを松の内、あるいは松七日と呼び、この期間を「正月」と言っています。地方によっては1月20日までを正月とする(二十日正月・骨正月)こともあります(参考「日本文化いろは事典」)。
 また、正月に迎える年神には次のような解釈があります。田の神(稲の神)としての性格も認められるが、祖霊的性格もあわせもっている。迎え祀られた祖霊が、その霊力(年霊:年玉)を人々に与え、子孫を元気づけ再生させてくれると信じて行われるのが正月行事である(「三省堂年中行事事典 改訂版」より引用)。
上記の辞典類の説明にもあるように、本来日本のお正月の伝統行事というのは、歳神様(先祖神が元になっているといわれています)を松の内の間、我が家にお迎えし、お見送りするという一連の行事なので、本来のお正月はこの世に生きている人と先祖とが一緒に過ごすお盆と同様の期間であるといえるのです。仏教の普及・浸透により盂蘭盆(うらぼん)が先祖供養の中心行事に移ってから、お正月のもつ本来の目的は薄らいでしまっておせち料理やお年玉、鏡餅、門松など形式だけが残っているのです。

 

お正月にお墓参りはタブーとされた理由

 ではどうしてお正月にお墓参りをしてはいけないというような風潮が生まれてしまったのでしょう。恐らくそれは宗教の違いから誤解が生じたと思われます。まず、神道と仏教では死に対する概念が異なります。ザックリいうと、仏教では死を「新たなる生への転換点」と考えますが、神道では「ケガレ・不浄」と考えます。そのため、神道では遺体が埋葬されているお墓に、ハレの期間であるお正月にお墓参りへ行くことを忌避する傾向にあります。
しかし仏教ではお墓参りに行ってはいけない日など、ないのです。先祖を敬い祀り、子孫や家族の繁栄をご先祖様に見守っていただくというお正月本来の目的や性格から考えると、お正月はお墓参りをしたほうが良い期間であるといえます。

 

お正月 お墓参り

 

 ちなみに筆者の我が家では、お墓は遠方にあったためにお正月にお墓参りはしませんでしたが、仏壇の仏様には新年のお雑煮を一番に差し上げてから家族皆でお雑煮を食べるのが慣わしでした。今の日本では先祖伝来の土地で世襲(その家に属した格式・仕事・財産などを、子孫代々受け継いでゆくこと)の仕事をしている人は稀で、故郷を離れて仕事に就いたり家庭を持っている人がほとんどなので、昔のように自宅の近所にお墓がある人は少なく、里帰りした時でないと墓参りできない方も多いはずです。夏季休暇として旅行や観光にとレジャー化しているお盆シーズンですが、それでも実際にお盆にお墓参りをしている人は現代日本でも34%と結構多いのが実態です(『お墓参りに関する調査』楽天リサーチ2014年8月17日から18日調査実施より)。

 以上のようにお盆シーズンだけでなくお正月に実家に帰省した際には、是非お墓参りをしてご先祖様に新年の挨拶をして家族を見守ってくださるよう墓前に手を合わせてみてはいかがでしょうか。ただし、その際にはくれぐれも墓地(樹木葬や納骨堂などは特に)の開園時間や定休日は事前にしっかりチェックしておきましょう。また、地域のしきたりや個々の家庭によっても考え方も違います。実家と嫁ぎ先のしきたりが違う場合は、その家の年長者に確認し、その意向に従ってお墓参りをされるのが一番ではないでしょうか。

樹木葬についてはこちら


あわせて読みたい

喪中はがきのマナー

喪中はがきはいつ・だれにどんなデザインで出せばよい?

喪中はがきとは、年賀欠礼の挨拶状のことです。身内に不幸があり、喪に服しているため年賀のご挨拶は辞退いたしますというご挨拶状です。喪中はがきの習慣は元々、明治・大正期に皇室の大喪に対し年賀欠礼を行っていた習慣が、昭和期に年賀状の普及に伴い、一般家庭の喪中でも年賀欠礼の挨拶状を出すように風習として定着した比較的新しい習慣です。今回は、喪中はがきを作る際のマナーなどについてご紹介したいと思います。

散骨をするための桟橋

散骨で後悔しないためのポイントは場所・マナー・供養の3つ

散骨を希望する人は年々増えているといわれています。一般社団法人日本海洋散骨協会が、全国の終活カウンセラーを介して行ったアンケートでは、年代に関わらず約1割が「散骨を希望する」と回答する結果となりました。いつ、大事な家族から「自分は散骨をしてもらいたいと考えている」といわれるかわかりません。遺される人が散骨で後悔しないためのポイントは、「場所」「マナー」「供養」の3つです。ここではそのポイントについて詳しく説明していきます。

葬儀(通夜・告別式)の服装マナーと注意点

喪服は持っていますか?社会人になると友人関係以外に仕事関係の付き合いが一気に増え、冠婚葬祭への参加も多くなっていきます。20代後半から30代になると結婚式に呼ばれる事が多く、女性であれば結婚式用のドレス、普段スーツを着ている男性でも結婚式用スーツを持っているのではないでしょうか。結婚式は事前に準備できますが、急な知らせになりがちな通夜・葬儀の際、喪服を持っておらず、慌てて準備したといった話を多く耳にします。中には「喪服でなくても、普通の黒のスーツで良いのでは?」と考えている人もまれにいます。喪服を着るということは、故人を偲ぶ、哀悼の意を表す事です。故人の遺族はもちろん、参列者も正しい服装を心がけなければいけません。このような葬儀の時の服装マナーについて紹介していきます。

小正月の行事、どんど焼きに行き正月飾りとサヨナラを

年始に玄関や床の間に掲げた正月飾り、どのように処分していますか。「分解して可燃ごみに出してしまう」という人もいるかもしれません。ごみの分別としては正解ですが、何となく心苦しいですよね。実は、門松やしめ飾りにはれっきとした処分方法があります。それがどんど焼きです。参加すると気持ちが楽になる、どんど焼きについて解説します。

仏花,お墓参り

お墓参りのお花はどんなものが良い?

お盆やお彼岸の季節が近づくと、お墓参りをする機会が増えるかと思います。お墓参りに訪れる際、お供え用のお花は欠かせません。お供え用のお花には菊などの仏花を添えることが一般的ですが、必ずしも菊でなければいけないというわけではありません。ここでは、お供えにはどのようなお花であればよいのか、また避けたいお花などについて紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ