MENU

位牌は必ず作るべき?位牌の由来と意味を解説|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 用語説明・豆知識 > 位牌は必ず作るべき?位牌の由来と意味を解説

位牌は必ず作るべき?位牌の由来と意味を解説

葬儀を終えると、遺骨と位牌が残ります。遺骨はお墓に納められますが、位牌はそうもいきません。家が狭小、自分が一人っ子でしかもお嫁に行った立場など「家には仏壇を置けない。位牌をどこに置こう?」とお悩みの人が、現代では増えているといわれています。そもそも、位牌は必ず作るべきなのでしょうか。位牌の由来と意味を解説します。

戒名と法名の違い


位牌は仏教ではなく儒教由来のもの

位牌は仏壇に置かれるものなので、仏教伝来のものと思っている人が多いでしょう。しかし、位牌はもともと仏教ではなく、儒教由来のものです。仏教は中国を通じて日本に伝わったため、中国に古くから根付いている儒教の風習とミックスされた仏教文化が輸入されました。そのなかのひとつが、位牌というわけです。位牌が伝わったのは中国でいう宋の時代、日本では平安から鎌倉時代という説が有力です。鎌倉時代は日本にとって、今につながるたくさんの仏教諸派が生まれた時代で、中国の僧との交流や仏教留学も盛んでした。そんななかで、位牌の文化も伝わったといわれています。

 

先祖を祀るための位牌

中国では、位牌に亡くなった人の官位や名前を木の板に書き、ご先祖様として崇拝する風習がありました。先祖崇拝は、仏教ではなく儒教由来の考え方です。この習慣が、日本にも昔からあった先祖信仰と結びついて広まったといわれています。位牌を受け入れる考え方の素地があったからこそ、日本になじんだのだといえるでしょう。位牌は江戸時代に檀家制度が敷かれ、誰もが寺院の力を借りて葬儀を行うようになったころから爆発的に広まります。庶民の位牌は木の札に戒名や俗名が墨で書かれただけのシンプルな物でしたが、ご先祖様の魂がこもったものとして家の中で大切に飾られました。やがて庶民も仏壇を構えるようになると、位牌を仏壇の中心で祀るようになったのです。

 

位牌にも種類がある

位牌には、いくつか種類があります。亡くなってすぐに作られるのが、「仮位牌」と呼ばれる白木の位牌です。漆を塗らずにあえて白木の位牌を使うのは、一度きりしか使わないことを示しているとか、「急いで作ったので漆を塗っていない」ことを表すためだといった説があります。いずれにしろ、葬儀までに漆塗りの位牌に戒名を彫るような時間はないため、葬儀では白木の位牌に墨で戒名を書いて、あるいは戒名を書いた紙を位牌に貼って使います。その後、喪主は四十九日法要までに漆塗りの位牌を「本位牌」として求め、法要時には仮位牌から本位牌へ魂を移してもらい、仏壇などへ納めて供養を始めます。位牌には、他に「繰り出し位牌」や「寺位牌」といった種類があります。繰り出し位牌は代々のご先祖様の戒名を書いた木の札が納められている位牌で、かなり奥行きがあります。本位牌がたくさんあって仏壇に収まらないようなときは、繰り出し位牌にまとめることになります。寺位牌は、菩提寺や本山へ納めるためのもので、寺に位牌堂を置いてある地域などで使われます。家に置かれる位牌よりも装飾がきらびやかなことが多いでしょう。

 

現代ではペットにも位牌を作る

これまで紹介したように、位牌は古くに中国から伝来し、日本に根付いた文化です。昔ながらの風習や文化はすたれてしまいがちですが、こと位牌に関してはそういうわけではなく、現代でも人が亡くなればしっかりと位牌を作ります。それどころか、ペットにも位牌を作る例が出てきました。ペットに戒名をつける例はあまりありませんが、生前の名前に「霊位」をつけたり、生前の写真からおこした線画を彫ったりと、バリエーションは豊富です。

 

位牌を祀れない人は位牌堂を利用するかお焚き上げを行う

位牌は、どの宗派でも作られるわけではありません。浄土真宗では、位牌も戒名も作らず、死者には「法名」が与えられ、「過去帳」や「法名軸」に法名が書かれることになります。ただ、その場合でも過去帳や法名軸は残ります。位牌や法名軸を家に置けないという人は、ひとまず菩提寺に相談しましょう。位牌堂のあるお寺であれば、預かってもらえる可能性があります。また、檀家であるかどうかにかかわらず受け入れてくれる、位牌堂を経営しているお寺もあります。「永代供養に」と希望すれば、一定期間保管した後は、丁寧にお焚き上げを行ってくれるでしょう。なお、位牌をいったん寺院へ預けることなく、すぐにお焚き上げを行うという選択肢もあります。その場合は、位牌に込められた魂を抜く閉眼供養が必要になります。

 

モダンな位牌を選び、ライトにお祀りするのも一手

また、特別大きな仏壇を設けず、位牌と遺影を並べてお祈りのスペースを作るという方法もあります。なにも、位牌は仏壇に納めなければならないものではないのです。現代では、漆塗りの伝統的な位牌だけではなく、透明素材や木のぬくもりが感じられるものなど、インテリアとして楽しめるものがたくさんあります。居室にしっくりなじむ落ち着いたデザインなら、普段の生活の邪魔になりません。モダンな位牌を選んで、ライトにお祀りする方法を考えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

位牌は仏教伝来ではなく、儒教から来たものですが、日本に強く根付いたものであることに変わりはありません。伝統は大事にしたいものですが、どうしても位牌を手放さなければならないという事情のある人もいるでしょう。お焚き上げや位牌堂など、そんな人の受け入れ口になってくれるところもありますから、まずは菩提寺に相談してみましょう。また、今では位牌といわれなければそれとわからないデザインの物がたくさん出ていますから、まずはネット通販などで気に入りの物を探してみるのもおすすめです。

 


あわせて読みたい

遺品整理は何をすればいい?時短で済ませるための4ステップ

親や親戚など身内が死んでしまった場合、葬儀や遺骨の納骨などを終えた後に、遺品整理を行わなければなりません。遺品整理は、段取りよくとりかからなければかなりの期間を要してしまいます。しかし、あらかじめ方針を決めておけば迷うことはありません。ここでは短期で遺品整理を済ませるための4ステップについて紹介します。

「葬儀」と「告別式」、「お葬式」の違いって?

「葬儀」、「告別式」、「お葬式」と、弔いのための儀式には様々な呼び方が存在します。いずれも同じような意味合いで使っている人が多いと思われますが、実は明確な違いがあります。それぞれ解説しましょう。

葬儀 安く,樹木葬

葬儀をできる限り安く済ませるには?10万円で見送る方法

近年、親族のみで葬儀を済ます家族葬、儀式を行わず火葬のみとする直葬など、葬儀を簡素化する動きがみられます。そこには、「なるべく簡素な葬儀にしたい」「葬儀代を節約して、生きるために使いたい」という願いがみてとれます。この記事では、葬儀をできる限り安く済ませる方法についてお伝えします。

回忌法要を行う仏壇

回忌法要とは?回忌法要の意味・回数・成り立ちについて

回忌とは、故人の祥月命日に執り行われる法要のことです。年忌(ねんき)とも呼びます。葬儀後、四十九日の中陰法要(ちゅういんほうよう)を経て故人は祖霊となり、その後の百ヶ日や一周忌から始まる法要を回忌法要とよびます。三十三回忌(地域によっては五十回忌)まで、死者の菩提を弔うために親族が集まり、寺院を招いて法要を執り行います。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ