MENU

お墓参り代行って?お盆やお彼岸、お墓参りに行けない人は注目!|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > お墓参り代行って?お盆やお彼岸、お墓参りに行けない人は注目!

お墓参り代行って?お盆やお彼岸、お墓参りに行けない人は注目!

お盆やお彼岸の時期がやってくると、「ああ、お墓参りに行かなければ……でも時間がない……」とため息をついている人はいませんか。そんなに負担に感じていたら、ご先祖様だって申し訳なく思ってしまいますよ。お墓参り代行を賢く利用して、気持ちもお墓もすっきりさせましょう。

お墓を掃除する女性


お墓参り代行とは、お墓掃除とお参りを家族の代わりにやってくれるサービス

お墓参り代行とは、お墓掃除とお墓参りを行ってくれるサービスのことです。実家を離れた都市部に家庭を設けることが当たり前になった現代では、「実家のお墓が遠くてなかなかお墓参りに行けない」という悩みが増えています。また、過疎地の高齢化により「年配になって、山中のお墓へ生きづらくなってしまった」という悩みもよく聞きます。本来であればお墓掃除やお墓参りをするべき家族をフォローするべく、お墓参り代行サービスは全国的に増加傾向にあるといえるでしょう。

 

隅々まで掃除をした後、お花やお線香をお供えしてくれる

お墓参り代行のサービスは、お墓の前でご挨拶のための合掌をし、業務開始前の状況写真を撮影することから始まります。その後、ホウキで墓石の周りを掃き清めたり、草むしりをしたり、布巾で墓石を拭き清めたりといったお墓掃除を行います。お墓掃除が終わったら、お花やお供物を手向け、お線香に火をつけてお参りをし、作業後の写真を撮影して終了です。作業前と作業後の写真は依頼主にメール送付し、業務終了を知らせます。

 

お盆やお彼岸のほか、「ちょっと見てきてほしい」と不安になったときも有効

お墓参り代行は、お盆やお彼岸、命日といった節目に使えるだけではありません。最近の日本では、震災、豪雨、台風などによる被害が相次いでいます。災害の後、お墓が傾いていないか、倒壊していないかと心配になったときにも有効です。お墓参り代行のほとんどが現場写真を撮影してくれますから、写真でとりあえず墓石の見た目に問題がないことがわかれば、安心できるでしょう。もし問題があったときでも、代行業者が石材店など墓石のプロである場合は、そのまま修理の見積もりをもらえます。

 

業者には2つのタイプがある

お墓参り代行サービスの業者には、2つのタイプがあります。ざっくり分ければ、お墓のプロと、掃除のプロです。お墓のプロといえば石材店ですね。石材店がお墓参り代行サービスを行っている場合は、お墓掃除、お墓参りに加えて墓石の破損状態をチェックしてくれることが多いでしょう。傾き、倒壊といったすぐにわかることはもちろん、ひび割れや欠け、彫刻部分の剥げかけなども念入りに点検してくれます。もしも問題が見つかったら、作業終了の報告と同時に破損状況の報告も行ってくれるでしょう。契約によっては、そのまま修理をしてくれることもあります。一方、掃除のプロとは、家事代行スタッフや便利屋などです。お墓掃除とお墓参りを丁寧に行い、また破損個所を見つけたら報告してくれますが、修理は行えませんから、注意が必要です。

 

相場は8000円~2万円で技術と距離によって変わる

お墓参り代行の相場は、8000円から2万円程度です。値段の決め手は技術と距離で、いざというときに修理まで行ってくれる石材業者に依頼する場合は、やや値段が高めになる傾向になります。一方、お墓掃除とお参りだけでよい、家族の代わりにきれいにしてくれるだけでよいという考えの場合は、家事代行サービスや便利屋に依頼したほうが割安でしょう。また、移動費用は実費となるケースが大半なので、業者が対象としているエリアから外れてしまうと、やはり割高になります。最近では、ふるさと納税の返礼品としてお墓参り代行を取り入れている自治体もありますから、調べてみてはいかがでしょうか。

 

テキトー業者に注意!

お墓参り代行サービスは、最近需要と供給が高まり始めた分野なので、まだまだ玉石混交の状態です。丁寧に作業をしてくれる業者がほとんどですが、「依頼主が実際に見に来るわけではないのだから」と、適当に済ませてしまう業者もないとはいえません。業者のホームページをよく確認し、信頼できるかどうかを判断しましょう。例えば、作業前と作業後の写真を掲載している業者は、お墓掃除にある程度の自信を持っています。老舗の石材店であれば、お墓掃除はもちろんのこと、修理を依頼するときにも安心でしょう。お墓参り代行は、その性格上、インターネット経由で依頼することがほとんどです。クリック一つで買い物ができるのは便利ですが、じっくり検討することなく注文すると、業者を見誤ってしまう危険があります。注意しましょう。

 

まとめ

お墓参り代行を使えば、家族が掃除をするよりも確実にきれいになりますし、破損があった場合も手遅れにならずに済みます。内容や相場について読み、「こういった内容と金額なら、一度利用するのもよいな」と思った人もいるのではないでしょうか。もちろん、家族自身がお墓参りに行くことも大事ですが、先祖代々のお墓を常にきれいにしておくのも、同じくらい大事です。「本来は私が行くべきなのに」とどうしても利用をためらう人は、メンテナンスの意味で一度依頼をしてみるのはいかがでしょうか。そして、時間的にゆとりのあるときを選んで、ゆったりした気持ちでお墓参りへ行きましょう。


あわせて読みたい

共同墓地と青空

共同墓地とは?共同で墓地を使用する供養法

共同墓地という言葉を見たとき、どんなイメージが湧くでしょうか。一昔前と今では、共同墓地が表す意味もイメージも変わってきています。正確な意味をとるのが難しい共同墓地について解説します。

樹木葬のお墓参りとは?マナーや注意点をご紹介

一般的なお墓の他に、永代供養墓や樹木葬、納骨堂、散骨など、遺骨を供養する方法は多種多様になりました。なかでも最近注目されている樹木葬の墓地にお墓参りをする場合、一般的なお墓へのお墓参りとは、どう違うのでしょうか。樹木葬のお墓参りにおけるマナーや注意点をご紹介します。

直葬とは?火葬場で火葬をするだけの、日本で一番シンプルな送り方

直葬とは、通夜式とお葬式がなく火葬だけを行う簡素な葬儀形式のことを言います。今、都市部ではおよそ2割から3割ほどの遺族が直葬を選んでいると言われています。通夜式とお葬式を行わない、というと、「それでいいのだろうか」と疑問に思う人もいるでしょう。直葬について詳しく解説します。

宗教による葬儀の違いを解説ー仏教・神道・キリスト教ー

宗教によって、葬儀の意味や流れ、かかる時間などは違ってきます。仏式教以外の形式で行われる葬儀に参列するとき、「どんなふうに振る舞ったらいいんだろう?」と戸惑うことはありませんか。仏教、神道、キリスト教、それぞれの葬儀の違いを解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ