MENU

お会式とは?|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > マナー・慣習 > お会式とは?

お会式とは?

「おえしき」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「お会式」と書きます。華やかなお祭りに行き合って「なんのお祭りかな?」と尋ねてみると「お会式」であると教えられて「おえしきってなに?」と思った人も、いるかもしれません。お会式について、その由来や代表的なお祭り、参加するときの服装などを解説します。


お会式とは、宗祖の命日の周辺に行われるお祭りのこと

お会式とは、宗祖(宗派を開いた人物)が亡くなった日に合わせて行うお祭りのことです。命日周辺の2日間、3日間などで営まれ、多くの人でにぎわいます。とくに日蓮宗の場合は檀家衆や地域の人々が指揮をとり、おみこし状のものを担いだ絢爛豪華なお祭りの形をとることがよくあります。観光客が訪れ、屋台で賑わう街の姿は、昔ながらの伝統的なお祭りを思い起こさせるものです。宗祖が願った「たくさんの人々を救いたい」という思いに応えるため、多くの人の幸せで元気な笑顔を宗祖へ見せることが、お会式の目的の一つであるともいわれています。

 

日蓮宗の大本山、池上本門寺のお会式が有名

日蓮宗のお会式のなかでも、とくに大本山である池上本門寺のお会式が最も盛大です。これは、日蓮宗の宗祖である日蓮上人が、池上本門寺で亡くなったことからきています。日蓮上人が亡くなったのは10月13日なので、10月11日から13日の間にお会式を行います。とくに一番のクライマックスとなるのが、命日前夜の12日午後6時ごろから行われる万灯(まんどう)練り行列です。万灯とは、木枠に紙を貼った入れ物の中にろうそくを入れた提灯のこと。日蓮上人が亡くなったとき、池上本門寺の庭先の桜が季節外れの花を咲かせたという言い伝えがあります。このことから、お会式の万灯にはたくさんの造花があしらわれ、華々しく夜空を飾ります。全国から百を超える万灯が集まって、笛や太鼓がにぎやかし、深夜になるまで街を練り歩いていくのです。延べ数十万人を超える参拝客が訪れ、池上本門寺の最寄り駅がある東急池上線は、臨時ダイヤとなるほどです。

 

雑司ヶ谷の鬼子母神御会式も有名

お会式として有名なものにもう一つ、雑司ヶ谷の鬼子母神御会式(きしもじんおえしき)があります。鬼子母神御会式は、10月13日を中心に行われる宗祖のお会式とは別に、10月16日から18日の間に行われます。西武百貨店から鬼子母神堂まで練り歩く万灯練り供養は、豊島区の無形民俗文化財にも指定されています。高層ビルが立ち並ぶ都会に伝統的な祭りの風が吹き、突然あらわれる非日常が魅力の大変珍しい光景です。露店が並び、たくさんの人でにぎわいます。

 

お祭りのため服装は自由だが法要に出るときは地味目を心がけて

お会式のお祭りに参加するときの決まった服装はありません。お祭りなので、心ゆくまで自由な服装を楽しみましょう。ただ、お祭りに合わせて企画される法話や法要に出席するときには、お寺の中に入ることになるため、少しだけ地味目を心がけるのがポイントです。華やかなお祭りに隠れてしまいがちですが、本来、お会式は宗祖供養のための行事なので、法要があることが前提です。聞いてためになるありがたい法話を合わせて行っている場合も多いので、せっかく参加するならチェックしてみましょう。

 

まとめ

以上、お会式について解説しました。かなり大きなお祭りなのに、地元でも知らない人がけっこういるのがお会式です。秋は出かけやすいシーズンですから、新しい行楽先、デートスポットとしてお会式を意識してみるのはいかがでしょう。ひんやりした夜に熱気が漂い、夏祭りとはまたちょっと違う風情を楽しめます。

関連記事:報恩講とは?親鸞の命日を中心に営まれる法要
関連記事: 法事と法要との違いとは?仏教行事について詳しく知ろう

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

葬儀(通夜・告別式)の服装マナーと注意点

喪服は持っていますか?社会人になると友人関係以外に仕事関係の付き合いが一気に増え、冠婚葬祭への参加も多くなっていきます。20代後半から30代になると結婚式に呼ばれる事が多く、女性であれば結婚式用のドレス、普段スーツを着ている男性でも結婚式用スーツを持っているのではないでしょうか。結婚式は事前に準備できますが、急な知らせになりがちな通夜・葬儀の際、喪服を持っておらず、慌てて準備したといった話を多く耳にします。中には「喪服でなくても、普通の黒のスーツで良いのでは?」と考えている人もまれにいます。喪服を着るということは、故人を偲ぶ、哀悼の意を表す事です。故人の遺族はもちろん、参列者も正しい服装を心がけなければいけません。このような葬儀の時の服装マナーについて紹介していきます。

初彼岸とは

初彼岸とは何をする?その意味とやるべきこと

初彼岸とは、故人が亡くなってから初めて迎えるお彼岸のことを指します。お盆では初めて迎える際「新盆」といい、僧侶を呼んで法要を行ったり、特別な供え物を用意したりしますが、初彼岸ではどのような準備が必要なのでしょうか。ここでは初彼岸について詳しく紹介します。

お墓参りの様子,樹木葬

お墓参りのマナーを解説!正しい先祖供養のポイント

お墓参りには、さまざまな作法やマナーが存在します。いつも何気なく行っていることでも、実は深い意味があったり、逆にNG行為だったりすることがあります。ご先祖・故人の霊を弔う行為ですから、できるだけマナーを守りたいものです。ここでは、お墓参りの基本的なマナーをまとめました。お墓参りに行く前に、自分のやり方を確認してみましょう。

お盆の準備・迎え方・流れとは?

8月に入り、一般的にお盆と言われる時期が近づくと、ス―パーやデパートなどでもお盆飾り用の商品が陳列され始めますね。お盆の準備は、地域や家庭、宗派によって少しずつ風習が異なります。ここでは一般的に言われているお盆の準備について紹介します。

檀家,離檀

離檀とは?檀家をやめるメリットデメリット

離檀という言葉を聞いたことがあるでしょうか。お寺の檀家をやめるということです。親のお墓を受け継ぐと、きっと「檀家でいつづけるか、それとも離檀するか」という問題に頭を悩ますことになるでしょう。檀家をやめるメリットとデメリットを解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ