MENU

初彼岸とは何をする?その意味とやるべきこと|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > マナー・慣習 > 初彼岸とは何をする?その意味とやるべきこと

初彼岸とは何をする?その意味とやるべきこと

初彼岸とは、故人が亡くなってから初めて迎えるお彼岸のことを指します。お盆では初めて迎える際「新盆」といい、僧侶を呼んで法要を行ったり、特別な供え物を用意したりしますが、初彼岸ではどのような準備が必要なのでしょうか。ここでは初彼岸について詳しく紹介します。

初彼岸とは


初彼岸とは?

初彼岸とは、人が亡くなってから四十九日が過ぎた後、最初に迎える「お彼岸」のことを指しています。もし、亡くなられて四十九日前にお彼岸を迎えたとしてもそれは初彼岸にはなりません。その際の初彼岸は次の季節のお彼岸に持ち越しとなり、これは春のお彼岸でも秋のお彼岸でも同じです。

初彼岸の「彼岸」とは極楽浄土のこと

「お彼岸」とは一般的に春分の日と秋分の日の前後3日間を指し、それぞれの初日を「彼岸入り」、終日を「彼岸明け」、春分の日・秋分の日を「中日(なかび、ちゅうにち)」といいます。日本ではこの時期お墓参りに行くことが風習となっていますが、本来のお彼岸の意味は季節を表したり、お墓参りをするなどの行事を指すものではありません。

お彼岸の「彼岸(ひがん)」とは、欲や煩悩にまみれ、さまざまな苦悩に耐えなければならない私たちが住む現世である「此岸(しがん)」から、修行を積み、煩悩から逸脱し、悟りの境地に達した世界に到達することをいいます。つまり、浄土を表す言葉として仏教では使われています。そのため、初彼岸を迎えることは、故人が亡くなって初めて彼岸である極楽浄土の世界へいくという意味を持つとも考えられています。

 

初彼岸でやるべきことは?

お墓参りや仏壇を拝む

初彼岸の場合、僧侶を呼んで読経をあげてもらったりなどの法要を行うことはしなくても構いません。また、お盆のように特別にお供え物を用意したりなどこれといって準備が必要なこともありません。そのため、初彼岸でやるべきこととしては、お墓参りや仏壇の前に座り故人を慎み拝むことが望ましいと言えるでしょう。もしお彼岸にお墓参りをする際には、「中日(ちゅうにち)」と呼ばれる春分の日と秋分の日に行くことが一般的です。また、お墓参りもお仏壇にお参りする際も、お線香をあげ手を合わせるだけでなく、墓石やお墓の掃除、仏具の掃除なども併せて行うとよいでしょう。

彼岸会へ参加する

特定の寺の檀家となっている場合、お寺で行われる「彼岸会(ひがんえ)」に参加するのもよいでしょう。彼岸会とは日本独自で発展した仏教行事で、六波羅蜜という種類の6つの修行を実践し会得するために行われます。彼岸会はお彼岸の期間である1週間かけて行われますが、寺によっては一般人向けに行われる数時間ほどの法要もあります。彼岸会は故人への供養にもなると言われているため、参加してみるとよいでしょう。

初彼岸を含めお彼岸でお墓参りが行われるようになった理由

そもそもお彼岸にお墓参りや仏教行事がすることは、仏教の起源であるインドでは行われていません。ではなぜこの彼岸の風習が日本に広まったのかというと、浄土思想と結びついたと説明されることが多くなっています。諸説ありますが、浄土思想では仏様のいる「極楽浄土」が西方のはるか彼方に存在すると考えられています。そして彼岸の中日に定められている春分の日と秋分の日は、太陽が真東から上り、真西に沈み昼と夜の長さが等しくなります。かつて真東から上り真西に沈むこの日に、太陽を礼拝し、西方にある極楽浄土に祈りを捧げることで、仏様に思いが通じると考えられこの期間に礼拝あるいは修行を行うことが相応しいと考えられたそうです。それがいつしか、あの世とこの世が一番近い日といった風潮に変わっていき、春分の日と秋分の日は先祖を忍び、故人と向き合うことが望ましいとされ、お墓参りをすることが定着していったそうです。

 

初彼岸とは?まとめ

お彼岸とは、古くは「日本後紀」にも記され、約1200年以上も続いている古い仏教行事とも言われています。初彼岸を迎える場合、特別に何か準備をする必要はありませんが、ご先祖様に感謝をし故人と向き合う期間として、是非お墓参りやお仏壇の前に座り、心を鎮めてみてはいかがでしょうか。

関連記事:これから初彼岸を迎える場合、特別に何か準備をする必要はありません。

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

忌中と喪中の違いとは?期間と過ごし方

知っているようで知らない「忌中(きちゅう)」と「喪中(もちゅう)」の違い。どちらとも、「身内の死に際して身を慎むこと」なのですが、なぜ慎むかという理由が違います。しかし、違いはそれだけではありません。今回の記事では忌中と喪中の違いについて、歴史や観念を踏まえながら紹介します。

檀家とは?檀家制度の始まりと現代社会における意義

檀家(だんか)とは、特定の寺院を援助する家のことを指します。檀家が支える寺院のことを菩提寺(ぼだいじ)や旦那寺(だんなでら)と呼びます。この寺檀関係は江戸幕府の政策によって始まり、菩提寺は檀家の先祖や死者の供養を独占的に取り仕切りましたが、時代が下り、寺檀関係は崩壊しつつあります。この、檀家や檀家制度について詳しく解説していきます。

香典とは?書き方や相場、キリスト教の場合など覚えておきたいマナー

訃報は心の準備なく、まさに突然やってくるもの。悲嘆に暮れてしまいますが、気持ちを整理し、急いで用意すべきことがいくつかあります。その一つが香典の用意です。香典は故人の宗教によって選ぶものが違うなど、マナーに細心の注意を払う必要があります。いざという時のために、香典について学んでおきましょう。今回は、今さら聞けない香典の書き方・マナーについてご紹介します。

葬儀(通夜・告別式)の服装マナーと注意点

喪服は持っていますか?社会人になると友人関係以外に仕事関係の付き合いが一気に増え、冠婚葬祭への参加も多くなっていきます。20代後半から30代になると結婚式に呼ばれる事が多く、女性であれば結婚式用のドレス、普段スーツを着ている男性でも結婚式用スーツを持っているのではないでしょうか。結婚式は事前に準備できますが、急な知らせになりがちな通夜・葬儀の際、喪服を持っておらず、慌てて準備したといった話を多く耳にします。中には「喪服でなくても、普通の黒のスーツで良いのでは?」と考えている人もまれにいます。喪服を着るということは、故人を偲ぶ、哀悼の意を表す事です。故人の遺族はもちろん、参列者も正しい服装を心がけなければいけません。このような葬儀の時の服装マナーについて紹介していきます。

祭祀承継者,樹木葬

祭祀承継者とは?お墓を引き継ぐ人がいない場合の対処法

かつてお墓は代々にわたり、引き継いでいくものでした。ひと昔前までは、生まれた土地からすべての子が、引っ越すことはめったありませんでしたし、引き継ぐことが当然であると思われていたのです。そんなお墓や仏壇を引き継ぐ人のことを祭祀承継者と言います。しかし、近年では祭祀承継者になりたがらない人が少なくありません。一体どのような理由があるのか、背景について紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ