MENU

離檀とは?檀家をやめるメリットデメリット|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > マナー・慣習 > 離檀とは?檀家をやめるメリットデメリット

離檀とは?檀家をやめるメリットデメリット

離檀という言葉を聞いたことがあるでしょうか。お寺の檀家をやめるということです。親のお墓を受け継ぐと、きっと「檀家でいつづけるか、それとも離檀するか」という問題に頭を悩ますことになるでしょう。檀家をやめるメリットとデメリットを解説します。

檀家,離檀


離檀とは、お寺の管理地内からお墓を移転して、檀家を離れること

離檀とは、「檀家をやめる」ことを指します。具体的には、お寺の管理地内にあるお墓を撤去し、そのお寺とのお付き合いをやめることをあらわしています。お墓を撤去した後は、またどこかのお寺の管理地内にお墓を求めて新しく檀家となることもできますし、宗教不問の墓地にお墓を構え、どのお寺の檀家にもならないということもできます。お寺離れ、宗教離れが叫ばれている現代では、離檀をした後はもうどのお寺の檀家にもならないという選択肢をとる人が圧倒的に多いでしょう。

 

そもそも「檀家」って?

「お寺の檀家をやめる、お寺とのお付き合いをやめる」といわれても、あまりピンとこない人が少なくないと思われます。とくに「先祖代々のお墓から離れて暮らしている」という人には、お寺とお付き合いをしているという感覚が生まれなくて当然です。そもそも檀家とは、代々にわたって菩提寺とその墓地を利用する権利がある家のことをいいます。お寺の管理地内にお墓を建て、本堂で法要を営んでもらうことができる人たちのことです。その権利を得るために、檀家は菩提寺にお布施をします。菩提寺は、檀家からのお布施で、経済的に支えられています。

 

檀家をやめるメリット1:護持費を納める必要がなくなる

檀家をやめると、毎年の護持費を納める必要がなくなります。護持費とは、菩提寺に納める管理料のようなものです。お寺は、檀家からの護持費で墓地の管理運営をしています。墓地に設けられた水道の料金、トイレ清掃や墓地全体を整備するための費用などを、護持費で賄うのです。年間の護持費は、一般的なお寺で数千円から2万円ほど。格式の高いお寺であれば10万円近くになることもあります。檀家をやめれば、この護持費を納める必要はありません。

 

檀家をやめるメリット2:お寺への寄付金を納める義務がなくなる

檀家であれば、何かにつけて寄付金を納める必要があります。お寺のお祭りの運営費や本堂の修繕費として、一定の寄付金を求められるためです。お祭りのための寄付は軽微な出費ですが、お寺を建て替える費用ともなれば、寄付金はかなりの額にのぼります。一世帯100万円ほどの寄付を求められることも、珍しいことではありません。お寺は伝統建築なので施工できる大工が限られており、建築費用がかなり高くなるためです。「そのような多額の寄付はできない」と多くの家が拒んでしまえば、お寺は老朽化するばかり。法事もできないボロボロの建物になってしまえば、困るのは檀家でしょう。檀家である以上、お寺のメンテナンスに協力していくことは避けられないことなのです。檀家をやめれば、お寺の墓地や本堂は使うことができなくなりますが、こういった寄付金を納める必要は一切なくなります。

 

檀家をやめるデメリット1:供養のサポートを受けられなくなる

檀家をやめれば、代々お墓を守ってもらってきたお寺との付き合いをやめることになりますので、それまで当たり前のようにしてもらっていた供養のためのサポートを受けられなくなります。お盆やお彼岸の供養はもちろん、年忌法要の案内すらもらうことができません。年忌法要をしなければならないタイミングをすっかり失念していて、親戚から大ブーイングを受ける……などという未来が待っているかもしれないのです。また、法事のことで悩みが生じたときに、気軽に相談できる存在でもなくなります。ただ、完全に無宗教となり、年忌法要を一切行わないと決めた人にとっては、それほどのデメリットではないでしょう。

 

檀家をやめるデメリット2:お墓の引っ越しと離檀にはまとまった金額が必要になる

檀家をやめるときにはお墓を撤去するのですから、遺骨の引っ越し先を考えておかなければなりません。つまり、新しくお墓を求めることになります。先祖代々の墓と同じような個別墓を求めるには、200万円から250万円ほどの出費を覚悟しなければなりません。もっとも、今では様々なタイプのお墓があり、墓石を使わない樹木葬タイプや、他の人と一緒に埋葬される合祀墓タイプなど、リーズナブルな選択ができます。しかし、撤去の費用を考え合わせると、50万円から100万円ほどの出費は覚悟しておいた方がいいでしょう。また、離檀の際には、菩提寺に今までの感謝として10万円から20万円ほどのお布施を納めるのが一般的です。このお布施は離檀料と呼ばれ、なかには、100万円を超えるような多額の離檀料を請求されるケースもあります。このような出費を考え、「年間1万円の護持費で済むなら」とひとまず離檀を保留する人もいるようです。

 

まとめ

以上、檀家をやめるメリットとデメリットをお伝えしました。デメリットを考慮しても、やはり檀家をやめたいという結論に至ったなら、せめて新しく求めるお墓は納得のいく金額に収まるよう工夫したいものです。先に示した樹木葬や合祀墓のほか、納骨堂や手元供養、散骨など、考えられる供養法はたくさんあります。それぞれの特徴を理解したうえで、予算的にも心情的にも納得できる供養の形を見つけましょう。

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

位牌

戒名とは?戒名の相場、戒名のランクや付け方について

戒名とは、仏教において亡くなった方が極楽浄土に行くことができるように付けられる名前です。その戒名は、宗派によって呼び名が違ったり、構成や文字数が違っていたりと様々です。また性別や年齢によっても付け方が違います。現在はお墓同様に戒名も生前に準備をする方が増えてきていますので、意味を知っておき納得のいく戒名をつけてもらいましょう。

散骨をするための桟橋

散骨で後悔しないためのポイントは場所・マナー・供養の3つ

散骨を希望する人は年々増えているといわれています。一般社団法人日本海洋散骨協会が、全国の終活カウンセラーを介して行ったアンケートでは、年代に関わらず約1割が「散骨を希望する」と回答する結果となりました。いつ、大事な家族から「自分は散骨をしてもらいたいと考えている」といわれるかわかりません。遺される人が散骨で後悔しないためのポイントは、「場所」「マナー」「供養」の3つです。ここではそのポイントについて詳しく説明していきます。

お会式とは?

「おえしき」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「お会式」と書きます。華やかなお祭りに行き合って「なんのお祭りかな?」と尋ねてみると「お会式」であると教えられて「おえしきってなに?」と思った人も、いるかもしれません。お会式について、その由来や代表的なお祭り、参加するときの服装などを解説します。

御朱印とは?その意味ともらい方

「御朱印(ごしゅいん)」をご存じですか?近年、御朱印を集めるために、神社やお寺に参拝する人が増えているといわれています。たくさんの寺社を周って御朱印を集めるのは女性が多いため、彼女らを「御朱印ガール」と呼ぶほど、ブームになっているとか。御朱印とはなにか、どうやってもらうものなのかについて解説しましょう。

お彼岸法要とは何をするもの?流れやお布施の相場について

「お彼岸法要に出てみようと思うけれど、初めてのことで勝手がわからない」という人はいませんか。親が年老いて施設に入居したり、亡くなったりして世代交代すると、供養やお寺の行事を突然受け持つことになり、大変ですよね。お彼岸法要の流れや、お布施の相場について解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ