MENU

法事と法要との違いとは?仏教行事について詳しく知ろう|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 用語説明・豆知識 > 法事と法要との違いとは?仏教行事について詳しく知ろう

法事と法要との違いとは?仏教行事について詳しく知ろう

法事という言葉を聞けば、多くの人は死者を供養するための仏教行事だと考えるでしょう。では、「法事」と「法要」の違いはわかるでしょうか。似たような言葉ですが、法事と法要は微妙に意味が異なるのです。2つの違いを理解し、仏教行事についてより詳しく知っておきましょう。

法事,法要


法要は故人の冥福を祈ること。法事はそのあとの会食も含む

法事と法要の意味を簡単に説明すると、以下のようになります。

法要

法要とは、僧侶にお経を上げてもらい、故人の冥福を祈ることを指します。別名「追善供養」ともいいます。仏教では、法要を営むことで故人が極楽往生できると考えられているため、法要はとても大切な行事です。また、関係者が故人を偲ぶ機会にもなります。なお、浄土真宗はすべての死者が極楽往生するという教義のため、法要は故人を偲び仏法に触れる場という意味合いが強くなっています。

法事

法事とは、法要のあとの会食も含めたものを法事といいます。四十九日や一周忌など、重要な節目の日には法事を営むことが多いでしょう。また、広い意味では仏教行事全般を指すため、祈願や報恩講なども法事に含まれることになります。

 

法要・法事は、初七日・四十九日・一周忌が特に重要

法要・法事を行うべき機会はたくさんあります。その中でも、特に重要なものを紹介しましょう。なお、いずれの法事・法要も、期日を厳密に守る必要はありません。参列者の都合もあるので、直前の休日などに行うのが一般的です。

初七日

亡くなった日を含めて7日目に行う法要です。喪主のあいさつと読経、焼香、会食を行います。しかし、参列者の都合も考えると、葬儀の数日後にまた集まってもらうのは大変です。そのため、火葬の骨上げのあとに行われることが多くなっています。

四十九日

亡くなった日を含めて49日目に行います。内容は初七日とほぼ同じですが、納骨は四十九日法要のあとに行うことが多いため、自宅ではなくお寺や霊園で営まれる傾向にあります。また、四十九日をすぎるまでは「忌中」となり、祝い事などを慎むべきとされます。

一周忌

亡くなった日を含めて1年後に行います。一周忌をすぎると「喪が明ける」ことになるため、親族や関係者を招いて盛大に催されることが多く見られます。参列者は御仏前を忘れないようにしましょう。

三回忌以降

このあとは三回忌(2年目)、七回忌(6年目)……と続きますが、基本的に規模は縮小していきます。一周忌で法事は終わりということも多いでしょう。参列者の都合も考慮しつつ、親族が集まる機会とするのがおすすめです。

 

法要・法事は準備が必要。大きな法事は特に早めに行動しよう

法要・法事を行うには、ある程度の準備が必要です。僧侶の手配や返礼品の用意、会食の準備なども行わなければならないからです。特に大規模な法事を営む場合は、2~3ヶ月前から準備を進めなければなりません。準備の基本的な流れを知っておきましょう。

  1. 日時を決める
  2. お寺に法事の内容(誰の何回忌なのかなど)を伝え、日時を決めます。

  3. 招待者と会食場所を決める
  4. 法事に招待する人と、会食の場所を決めます。大規模な会食を行う場合は、会場の予約だけでも早めに行いましょう。

  5. 案内状を送る
  6. 案内状を作成して招待者に送ります。人数を確定する必要があるため、受け取った側も早めに返事を出すのが礼儀です。

  7. 詳細を決める
  8. 会食のメニュー、参列者の席順、返礼品、供物などの詳細を決めます。

  9. お墓を清掃し、当日は早めに会場へ行く

法事にそなえて、事前にお墓を清掃しておきます。当日は招待者の出迎えがあるため、施主は早めに会場へ行っておきましょう。

 

まとめ:法事と法要の違いを知り、仏教行事の意味を理解しよう

法事と法要という言葉は、ほぼ同一の意味で使われることも多くなってきています。普段は特に違いを意識しなくても、問題になることはないでしょう。しかしながら、詳しい意味を知っておくことにより、仏教行事の成り立ちや流れを理解することにもつながります。各行事に参加する時は、どのような意味を持っているのかを考えてみましょう。

関連記事:法要とは?時期と回数について分かりやすく解説

関連記事:回忌法要とは?回忌法要の意味・回数・成り立ちについて

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

檀家 門徒 信徒

檀家・信徒・門徒それぞれどんな意味で何が違う?

檀家とは、特定の宗派のお寺に所属し、そのお寺に対して経済的な援助を行う家のことを指します。しかし檀家とならんで「信徒」や「門徒」という言葉を耳にすることが多いことでしょう。ここでは檀家・信徒・門徒、それぞれどんな意味や違いがあるのか、紹介します。

ペット供養

ペット供養の流れ | 大切なペットが亡くなった際にやること

大切な家族の一員であるペット。しかしながら、ペットの代表格である犬猫の場合、犬の平均寿命は14,36歳、猫は15,04歳と昔に比べて伸びたとは言え、飼い主よりその命は短くなっています(参考文献: 一般社団法人ペットフード協会『平成28年(2016年)全国犬猫飼育実態調査結果』)可愛いペットとの別れはあまり考えたくないことではありますが、いつか必ずやってくる日が来ます。ここでは、そんな大切なペットの死後に行う、ペット供養と遺骨を埋葬するペットのお墓について紹介します。

死後離婚のために結婚指輪を外す様子

死後離婚とは?夫と同じ墓に入りたくない妻

「死後離婚」という言葉がメディアを賑わせています。NHKの報道によると、死後離婚の数はこの10年で1.5倍に増えているそうで、永代供養墓の人気ともつながっているそうです。ここでは死後離婚がどういうことか、解説します。

無縁墓と永代供養

永代供養と無縁墓はどう違う?

昨今社会問題の一つとしても取り上げられている無縁墓。無縁墓とは管理する人もお墓参りをする人もいないお墓を指しており、多くの墓地がこの問題を抱えています。そんな無縁墓を事前に食い止めようとして始まったのが「永代供養」です。無縁墓と永代供養は共通点はあるものの、意味は全く異なります。

永代供養墓

永代供養とは|供養期間や費用はどれくらい?永代使用との違いとは

永代供養とは、お墓参りや供養をする身内(縁故者)がいなくなり、無縁仏となってしまうことを避けるために、寺院などの管理機関が責任を持って永代にわたって供養することを指します。しかし最近では、将来、身内(子どもなど)に墓守りの心配や負担をかけたくないという理由から、生前に永代供養の申し込みをする方も少なくありません。永代供養の費用や期間について詳しく見ていきましょう。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ