MENU

家族葬とは?直葬や密葬とどう違う?|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > 家族葬とは?直葬や密葬とどう違う?

家族葬とは?直葬や密葬とどう違う?

家族葬、直葬、密葬など、お葬式の形式を表す用語はさまざまあります。それぞれどのような意味で、どんな違いがあるのでしょうか。今回は、家族葬について説明したうえで、直葬や密葬との違いを解説します。


家族葬とは近親者を中心とした葬儀のこと

家族葬とは、地縁や社縁など、義理で集まる一般会葬者には参列を遠慮してもらい、血縁を中心とした近親者だけで営まれる葬儀のことです。家族葬という言葉は、90年代後半に生まれたといわれています。それまでは、葬儀といえばたくさんの人たちが集まるのが一般的でした。遺族のサポートをするために駆けつけた近隣の住民や、故人や喪主の会社関係の人たち、当日の手伝いのために駆り出された会社の同僚などなど。会葬者(弔問者)は優に100人を超え、遺族はあいさつに回るだけでも精一杯です。これでは故人と向き合う時間が十分にとれないという考えから生まれたのが、家族葬です。集まるのが近親者だけであれば、もう二度と向き合うことのできない生身の故人とかけがえのない時間を過ごし、ゆっくりとお別れをすることができます。

 

直葬と家族葬とは、通夜やお葬式があるかないかが違う

2010年ごろからは、「直葬」という言葉がメディアを賑わすようになりました。直葬は、少人数で行うシンプルな葬儀形態という点では家族葬と似ているように見えますが、根本的に違う部分があります。家族葬は、小規模ながらも通夜とお葬式を営みます。形式的には、一般的な葬儀と同じです。一方、直葬では通夜もお葬式もなく、火葬をするのみです。つまり直葬では、儀式的なことを一切しないということになります。直葬でも何らかの儀式がないと寂しいという人のために、火葬炉の前で短いお経を唱えてもらうなど、簡易的な儀式をともなう直葬も見られます。これを「火葬式」などと呼び、単なる直葬とは分けている葬儀社も多いようです。

 

密葬と家族葬とは、後に本葬があるかないかが違う

「密葬」という言葉を聞いたことのある人も多いと思われます。「密」の字から、「ひっそりと営むお葬式」というイメージが連想されるため、家族葬と似ているのではと考えるかもしれません。確かに、密葬も近親者のみで行われるという点では家族葬と一致しています。しかしそもそも「密葬」とは、後に本葬が営まれるときに使う言葉です。著名人がまずはひっそりと家族のみで葬儀を行い、後に一般会葬者を受け入れるお別れ会が開催されることがあります。このとき、初めに行われる葬儀を密葬、お別れ会を本葬といいます。密葬は、会葬者がかなりの数にのぼると予想されるとき、火葬までに本格的なお葬式の手配をするのが間に合わないため、ひとまず近親者だけで行われる葬儀のことです。

 

長寿のときに自然に選ばれる家族葬とは

最近では、意識して家族葬を選ばなくとも、自然と会葬者が近親者に限られることが多々あります。とくに、故人が長寿である場合です。長寿の場合、故人の友人たちはすでに鬼籍に入っていることが多く、また知らせを受けても足が悪いなどの理由で会葬するのが難しい人が少なくありません。喪主もすでに退職して長いと、会社関連の面々が集まることは稀です。現役といえば孫にあたりますが、従業員の祖父母が亡くなったときに多数の人間が会葬に訪れるような会社は、今日びなかなかないでしょう。同居家族でなければなおさらです。また、葬儀ホールで葬儀を行う場合には、ご近所のお手伝いもあまり必要ありません。こうして、社縁・地縁の関係で会葬する人は少なく、自然と血縁中心の葬儀となります。長寿社会となったこれからは、自然に家族葬となる葬儀が多くなってくるのではないでしょうか。

 

交流の多かった人は、家族葬とは別にお別れ会を開くのもあり

前項の例とは対照的に、若くして急逝した人や交流範囲の広かった人の遺族が家族葬を選ぶと、のちのち面倒な事態となることがあります。「せめて香典だけでも」などと弔問客が押し寄せたり、供物が届いたりして、対応に奔走するケースがあるのです。交流範囲が広くても家族葬を選びたい場合には、密葬の後の本葬と同じように、四十九日や一周忌をめどにお別れ会を開くのが有効です。逝去の知らせとともに、お別れ会の日時を知らせることができれば、「お悔やみはお別れ会の日まで待とう」と連絡を控えてくれる人が多いでしょう。

 

おわりに

以上、家族葬について、また家族葬と直葬や密葬との違いについてお伝えしました。日本の葬儀は、終活ブームが始まってから急速にシンプル化している傾向にあります。どのような葬儀方法が適切なのか、じっくり考えて選ぶことが必要といえるでしょう。

関連記事:葬祭プランナーとは?役割や必要性について解説

 

当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

改葬とは?手順と手続きで起こり得るトラブル

改葬とは、今あるお墓から遺骨を別の場所へ移動させることをいいます。例えばお墓を受け継いだ長男が今住んでいる場所から遠いため、もっと近い場所にお墓を移したいといった理由などに伴い、近年では改葬を考える人が目立ち始めています。ここでは改葬の手順と手続き上のトラブル例の紹介をしていきます。

墓じまいをする墓地

墓じまい、そのとき遺骨はどうする?後悔しないための4つのポイント

後継者がいないために先祖代々のお墓を更地にし、管理者へ墓地を返還することが「墓じまい」と呼ばれるようになりました。今あるお墓を無縁墓化させないためには、これから家族の形がどうなっていくのかを正確に予想し、早めに決断をすることが大切です。墓じまいで後悔しないためにはどうすれば良いか、そのポイントをお知らせします。

墓石の必要性

墓石は必要?お墓が「石」である理由。「石」以外の選択肢の「樹木葬」

昨今、ライフスタイルの多様化にあわせて、遺骨の埋葬方法にも新しいスタイルが登場しています。特に、お墓の継承者が不要である樹木葬・納骨堂・散骨・宇宙葬・ゼロ葬などはここ最近登場して注目されている形式です。しかし、本当にそのような供養の仕方で大丈夫なのか心配な方も多いのではないでしょうか。ここでは、改めて「墓石」の必要性を考えます。また、墓石を不要と感じた人のための墓石以外の選択肢、樹木葬についても紹介します。

ゼロ葬

ゼロ葬とは火葬場で遺骨とさよならするシンプルな葬法

ゼロ葬という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ゼロ葬とは、今の日本で行える最もシンプルな葬法です。まだ出てきて間もない弔い方なので、初耳という人もいることでしょう。ここでは、ゼロ葬の由来や具体的な方法、費用についてお伝えします。

戒名はいらない?

戒名はいらない?授からない場合は仏式で葬儀を行うことも見直そう

仏式で葬儀をすると、戒名をもらうのは当たり前のこととされています。しかし、最近では死後の名前など必要ない、「戒名はいらない」と言う人も増えてきているようです。その主な原因は、高すぎるお布施にあるとされます。戒名は本当にいらないのか、「戒名」のそもそもの意味から考えてみましょう。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ