MENU

戒名はいらない?授からない場合は仏式で葬儀を行うことも見直そう|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > 戒名はいらない?授からない場合は仏式で葬儀を行うことも見直そう

戒名はいらない?授からない場合は仏式で葬儀を行うことも見直そう

仏式で葬儀をすると、戒名をもらうのは当たり前のこととされています。しかし、最近では死後の名前など必要ない、「戒名はいらない」と言う人も増えてきているようです。その主な原因は、高すぎるお布施にあるとされます。戒名は本当にいらないのか、「戒名」のそもそもの意味から考えてみましょう。

戒名はいらない?


戒名料が高すぎるから、戒名はいらない?

 日本では、およそ9割の人が仏式での葬儀を行っているといわれます。仏式で葬儀をするとお寺にお布施をしなければならず、それがあまりに高いのではないかと不満を訴える人が多くなってきました。お布施の中身は、大部分が戒名を授けられることによって生じる戒名料です。このことから、最近では戒名はいらないと希望する人が出てきたようで、俳優の三國連太郎さんが「戒名不要」と遺言していたことは有名です。また、少数派ではありますが自分で戒名を作るという人もいるようです。お寺から戒名をもらわないことでお布施の負担が減るなら、ありがたい話です。ただ、戒名は本当にいらないもので、それで不都合はないのでしょうか。

 

戒名がいらないなら、仏式葬儀でなくていいはず

 そもそも戒名とは出家した証に授けられる名前で、俗名を捨て仏弟子になったことの証とされます。ですからお坊さんたちはみんな戒名を持っています。亡くなってからもらう名前という意味ではないのです。一部の宗派以外がとっている今の葬儀スタイルは、江戸時代に曹洞宗が作り出したといわれていますが、その内容は戒を与え戒名を授ける儀式です。生前に仏弟子になる儀式を行わなかったため、急いで仏弟子とし、僧侶がお経を読んで積んだ徳を故人に振り向け、浄土へと導きます。よって戒名がいらないとなると、この儀式自体が成り立ちません。「戒名がいらない」とすることは、「仏式では葬儀をしない」という意思表示なのです。

 

戒名はいらないとしても、お布施は必要かも

 ただ、日本人の半数が檀家になっているとされる浄土真宗では、授戒を行わず戒名もつけません。多くは法名といわれるシンプルな名前をつけられるだけで、生前に大きな社会的貢献をなした人などに院号がつけられる程度です。それでも、支払うお布施の平均金額は他の宗派とそれほど変わりません。なぜでしょうか。それは、お布施は戒名をつけてもらったことに対して支払われる金額ではないからです。一人の人を浄土へと旅立たせる導きをしてもらった、そのことに対する感謝の気持ちがお布施なのです。この考え方にそもそも違和感を覚えるという人は、やはり仏式では葬儀をしないほうがいいかもしれません。

 

戒名がいらないなら、離檀する?

 「戒名はいらないし、お布施も用意したくないから仏式では葬儀をしない」と決めたとしても、多くの人には乗り越えるべき壁が生じます。それは、墓という問題です。先祖の墓が寺にあり、その寺の檀家になっていて、自分もいずれそこに納まりたいと思っている場合は仏式で葬儀をするのが当然だからです。もしも菩提寺に葬儀を依頼せず、納骨だけしたいと申し出たら、トラブルになってしまうでしょう。仏式葬儀をしないと決めたら、生前から菩提寺にそのことを相談しなければなりません。離檀するなら離檀料を支払わなければならないケースがあり、新しい墓を探さなければならないので、かえって高くついてしまう可能性もあります。

 

「戒名はいらない」ではなく、自分で戒名を作るのは可能?

 戒名はいらないという選択ではなく、自分で戒名をつけたいと希望する人もいます。戒名を自分でつけることが可能か不可能かでいえば、可能です。戒名には幾つかのルールがあります。そのルールに則り、自分の人柄や功績を表すような戒名をつければ、型は通ります。しかし、その戒名を菩提寺が使ってくれるかどうかは別問題です。通常なら戒名は授けられるもの。どうしても自分で戒名をつけたければ、菩提寺に相談しましょう。理解を示してもらえる場合もあれば、そうではないこともあります。戒名料を払いたくないから自分で戒名を作る、という考えの人は、やはりそもそも仏式葬儀で良いのかという問題から始めた方がいいでしょう。

 

戒名がいらないなら、まずはお寺に相談してみる

 戒名はいらない、戒名は自分で作る。どちらをとるにしても、菩提寺とよく話し合った方が良いことに変わりはありません。無宗教での葬儀、無宗教の霊園を選ぶなら、この悩みはきれいになくなりますが、そうもいかないという人は多いでしょう。
一案として、生前から戒名を授けてもらうという手もあります。妥当と思える額のお布施を住職に提示し、「これしか出せない」と頑張れば、住職もそれなりに考えて戒名を授けてくれるはず。通常ではなかなか知りえない自分の戒名を、生きているうちに確認することができますよ。

 

戒名が本当にいらないのか、安易に考えるのではなくもう一度よく考えてから決めるようにしてください。

 

【関連記事】
戒名とは?戒名の相場、戒名のランクや付け方について


あわせて読みたい

お墓(樹木葬など)を生前購入するメリット

お墓といえば、家族でどなたかが亡くなった際に準備するというイメージの方が多いかもしれません。しかし、現在は終活を行い自分のお墓を生前に購入する方も増えてきています。その背景には、お墓の継承者問題や少子化問題など深刻な問題が見え隠れしていますが、お墓の生前購入をすることにはメリットがあるようです。

直葬とは?火葬場で火葬をするだけの、日本で一番シンプルな送り方

直葬とは、通夜式とお葬式がなく火葬だけを行う簡素な葬儀形式のことを言います。今、都市部ではおよそ2割から3割ほどの遺族が直葬を選んでいると言われています。通夜式とお葬式を行わない、というと、「それでいいのだろうか」と疑問に思う人もいるでしょう。直葬について詳しく解説します。

墓じまいをする清掃業者

墓じまいとは?改葬との違いや手順と注意点

「墓じまい」という言葉を知っていますか。墓じまいとは、代々継いできたお墓を閉じてその土地を更地にして墓地管理者に返却することを言います。少子高齢化が進み、年々死亡者数が増えている昨今、お墓の承継者が足りなくなり墓じまいをしてお墓を閉じる人が増えています。その理由は、今の住まいから遠く離れた場所にある先祖のお墓を管理することが物理的に難しくなってしまった、または、お墓を受け継いだものの後継者がいないといったものが主です。墓じまいと関連して、遺骨を別の場所に移す改葬をすることでお墓の管理を楽にしようという人もいます。このように関心が高まりつつある「墓じまい」や別のお墓に遺骨を埋葬し直す「改葬」について手順と注意点をお伝えします。

お墓の購入時期に悩んでいる老夫婦

お墓の生前購入と死後購入のメリット・デメリット

「終活」や「墓友」という新しい言葉が使われるようになり、自分のお墓は自分で決めたいという方が増えています。ひと昔前までは「自分のお墓を自分で買うなんて寿命が縮まりそう、縁起が悪い」という印象を持つ人もいました。しかし、生前にお墓を購入することは「寿陵(じゅりょう)」と呼ばれ、長寿・子孫繁栄・家内円満を授かる縁起のよいことなのです。もともとは中国由来の考え方ですが、日本では聖徳太子が寿陵を建てたことが日本書記の中で綴られています。お墓の購入時期は人それぞれのタイミングで構いませんが、実際のところ、生前購入と死後購入を比べるとどのような違いがあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

法要とは,お坊さん,法要

法要とは?時期と回数について分かりやすく解説

法要とは、遺族が故人を弔い冥福を祈るために行う供養のことを指します。しかし、正直なところ詳しいことはよく分からない、何をすればよいのか分からないという人も多いと思います。ここでは、そんな法要についての基本情報や参加する際のマナー等紹介していきます。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ