MENU

ペット霊園とは? 利用時の注意とともにご紹介!|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > ペット霊園とは? 利用時の注意とともにご紹介!

ペット霊園とは? 利用時の注意とともにご紹介!

ペットが亡くなった時、皆さんはどのように供養しますか。広い庭があれば、ペットを庭に土葬するのもよいかもしれませんが野生動物に掘り返される危険がありますし、狭い庭の多い昨今の住宅事情ではそもそも土葬をすること自体難しいでしょう。今回は自宅に土葬するのではなく、昨今増加しているペット葬儀の業者や霊園に火葬・供養を依頼する場合について解説していきます。

ペット,埋葬,疑問2


ペットの供養方法について

ペットがもし死んだが場合、その遺体は法律上一般廃棄物として捨てても良いのですが、火葬の後に供養をするのが一般的です。ペットが死んでしまったら慌てずに下記を踏まえて、どこで火葬するのか、どこで供養するのかを決めましょう。

ペットの火葬

まず、ペットの火葬には、大きく分けて以下の3つがあります

  • 個別で火葬する場合
  • 合同で火葬する場合
  • 自宅に火葬移動車で来てもらう場合

個別で行う場合は遺骨を拾うまで立ち合いができるところがほとんどで、合同で行う場合は立ち合いができない場合が多いようです。また、自宅に火葬移動車で来てもらう場合には、個別で火葬する場合と同様に遺骨を拾うまで立ち合いができることが多いです。

ペットの供養

火葬した後、遺骨は家に置いておくこともできますが、ペット専門の霊園に依頼し供養してもらうという人も最近は多くなっています。火葬してもらったペットの葬儀社でペット専門の納骨堂や霊園も完備されている場合があるので、それを利用するのも良いでしょう

 

ペット霊園とは

一般的にペット霊園というと基本的にはペット専用の霊園の事を言いますが、ペットを埋葬できる霊園は大きく分けて3つあります。

  • 他の人のペットと合同でペットを埋葬する霊園
  • 個別で埋葬を行える霊園
  • 飼い主とペットで同じお墓に入れる霊園

合同で埋葬する霊園が一般的ですが、人と同じように個別に埋葬を行える霊園では墓石のデザインが選べ、お供え物ができる所もあります。最近では上記のように飼い主と一緒に入れるような墓地もでてきていることからも、ペットが家族同然という考えは広まっているようです。一方で、合同の埋葬を選ぶ理由としては、他のワンちゃんや猫ちゃん達と一緒に入ることができれば寂しがらなくていいという声もあるようです。

 

ペット霊園選びの注意点

自宅からの利便性を考える

いつでも気軽に会いに行ってあげられるように、なるべく自宅から近いエリアで探してみましょう。

霊園内の雰囲気を確かめる

いくつか見学に出向き、いい雰囲気だ、ここなら安心して預けられると感じるところを選びましょう。ネット等で口コミなどをチェックするのも賢い方法の一つです。

一周忌や合同供養祭等を開催しているか確認する

霊園によって供養祭が行われているところもあれば行っていないところもあります。供養祭などを重視する場合は、そういった霊園を探してみましょう
定期的に皆で手を合わせることは供養の一つとして大切な事であり、合同の供養祭等があると同じ思いを持った飼い主さん達が大勢集まり手を合わせます。

スタッフの人達の対応を注意して観察する

話をして信用のおける人達か、動物愛にあふれているか等を確認しましょう。
大切な家族同然のペットが眠る霊園のスタッフの感じが悪く、乱暴な雰囲気だと安心して預けることができません。

料金体系が明確できちんとしているか注意する

初めに伝えられていた金額よりも大幅に見積もりが高くなる場合がありますので、きちんと明確にされているか納得の行くまで聞きましょう。その上であやふやな態度を取られるところ、ごまかすようなそぶりを見せるところはやめましょう。

最近、大阪のペット霊園が突然閉鎖されるといった悲劇が起こりました。経営者は疾走し、利用者に何の通知もなく閉鎖されてしまったというのです。敷地内には、家族同様に可愛がっていたペットのお墓が掘り起こされ、遺骨が散乱し墓石は山積みにされ、撤去工事が進み、すでに更地にされていたといいます。20年以上もの長い間沢山のペットが安らかにこの霊園で眠っていましたが、ペット霊園については特に市区町村への届け出等は必要なく、自治体で運営状況などを把握しているわけではない為対応もしてもらえません。このようなことに巻き込まれないよう、上記の注意点を参考にして慎重にペット霊園を選びましょう。

 

ペット霊園についてのまとめ

  • ペットの火葬には大きく分けて、個別で火葬する場合、合同で火葬する場合、自宅に火葬移動者で来てもらう場合の3つがある
  • 火葬の際にはお花などを用意してあげるとよい
  • ペット霊園には大きく分けて、合同でペットを埋葬する霊園、個別に埋葬を行える霊園、飼い主とペットで同じお墓に入れる霊園の3つがある
  • ペット霊園を選ぶ際には、料金体系や園内の雰囲気などをしっかりチェックしてから申し込みをしましょう
  • 家族同然に生活していたペットが亡くなるのはとても悲しいことですが、供養する霊園は落ち着いて吟味し、安らかに眠れる場所を選んであげましょう。

    関連記事:ペット供養の流れ | 大切なペットが亡くなった際にやること

    関連記事:ペット樹木葬ができるおすすめの樹木葬墓地5つ~関東編~

     

    ▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


    あわせて読みたい

    墓石,カロート

    お墓の中はどうなっている?遺骨の収蔵方法

    お墓の中は、なかなか見る機会がありません。遺骨がどのように収蔵されているか、ご存じでしょうか。実は、その土地の風習やお墓の種類によって、さまざまな納骨方法があります。遺骨を収蔵する5つの方法を解説します。

    墓じまいをする墓地

    墓じまい、そのとき遺骨はどうする?後悔しないための4つのポイント

    後継者がいないために先祖代々のお墓を更地にし、管理者へ墓地を返還することが「墓じまい」と呼ばれるようになりました。今あるお墓を無縁墓化させないためには、これから家族の形がどうなっていくのかを正確に予想し、早めに決断をすることが大切です。墓じまいで後悔しないためにはどうすれば良いか、そのポイントをお知らせします。

    改葬のメリットデメリット

    改葬を行う理由とは?メリットとデメリットを比較

    改葬を考える人は年々増加傾向にあります。お墓の維持管理の負担を軽減し、時代に合わせた供養ができるなど、多くのメリットが注目されているからです。しかし、改葬には少なからずデメリットも存在します。よく考えずに改装を行うと、負担を減らすどころかトラブルを招きかねません。ここでは、改葬のメリットとデメリットを比較し、改葬時の注意点をまとめました。

    一覧に戻る

    カテゴリ検索

    東京・樹木葬ランキング

    第1位

    樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

    詳細を見る

    第2位

    樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

    詳細を見る

    第3位

    樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

    詳細を見る

    第4位

    樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

    詳細を見る

    第5位

    樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

    詳細を見る

    • 東京の樹木葬
    • 関東の樹木葬

    最新の樹木葬の豆知識

    関連サイト

    運営者情報

    ページの先頭へ