MENU

お通夜の由来と作法は?お通夜に遺族は何をしているのか|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > お通夜の由来と作法は?お通夜に遺族は何をしているのか

お通夜の由来と作法は?お通夜に遺族は何をしているのか

年齢を重ねると、公私問わずお通夜に出かける機会が増えます。お通夜の由来や、作法について理解を深めてみませんか。喪主になったことのない人は、お通夜に遺族が何をしているのかを知ることで、家族の万が一に備えることができますよ。

お通夜


お通夜の由来は「寝ずの番」

お通夜は「夜を通じて」と書きます。もとは、近親者が故人の枕元で、夜を通してかわるがわる見守りをしたことがお通夜の由来といわれています。もとは「夜伽」(よとぎ)と呼ばれていました。なぜ、そのような寝ずの番が必要だったのでしょうか。それは、故人が本当に亡くなっているのかを確認するためでした。現代では、心拍停止、呼吸停止、瞳孔の反応停止をもって医師が死亡を確認してくれます。しかし、そのような基準がなかったころは、もう蘇生の見込みがないことを、時の経過によってしか判断できませんでした。よって夜伽が終わって朝になっても息がなく、蘇生不可能と判断されたら埋葬を行っていたと考えられています。また、死者に近寄る魔を封じるという意味合いや、近親者による忌み籠りという側面もあったようです。

 

お通夜では親族らが会食を行い、線香を絶やさない

現代に受け継がれたお通夜には、徹夜を行う「寝ずの番」はないにしろ、受け継がれた昔ながらのしきたりはあります。その1つは、通夜に訪れた人たちが食事を共にする通夜ぶるまいです。肉や魚をなるべく避ける精進料理を中心として、通夜に訪れたなら少しでも料理に箸をつけることが故人の供養となると信じられてきました。また、夜通し線香を絶やさないというしきたりも長く続いています。しかし、現代では徹夜をしないため、香炉に線香を夜通し上げ続けることは不可能ですし、消防上の心配もあります。そこで、蚊取り線香のような形をした、渦巻き線香と呼ばれる線香に火をつけて就寝するのが一般的です。渦巻き線香は、6~8時間ほどもちます。

 

お通夜の作法は地域によって違う

お通夜の作法は、地域によって違います。その地域におけるお通夜の作法を理解していなければ、まるで見当違いな行動をしてしまうことが少なくありません。遠方の葬儀に参列する場合には、特に注意が必要です。お通夜の作法は、大きく2つにわかれます。法要のようなお通夜と、親族のみのお通夜です。それぞれ詳しく解説します。

 

都市部に多い、法要のようなお通夜

都市部に多いのが、法要の形式をとったお通夜です。お通夜の会場にいすを並べて受付を設け、参列者を迎えます。定刻になったら、僧侶が棺の前で通夜経を読み、喪主を初めとして参列者が焼香を行います。弔辞や弔電の読み上げがない以外はお葬式と雰囲気が変わらないので、どちらか一方のみに参列する人も少なくありません。一般的には、夕方から営まれるお通夜のほうが参列しやすいため、一般参列者はお通夜に出席し、お葬式は近親者のみで行う傾向があります。お通夜とお葬式があまりにも似通っているため、最近ではお通夜を省略しお葬式だけを行うワンデーセレモニーを打ち出す葬儀社が増えてきました。このタイプのお通夜は「半通夜」と呼ばれ、通夜ぶるまいの後は親族らも眠りにつき、次の日のお葬式に備えます。

 

東北などにある親族のみのお通夜

とくに東北などに多いのが、遺族の自宅で行う親族のみのお通夜です。親族が揃ったら棺を前にして座り、僧侶が短い通夜経をあげた後は通夜ぶるまいを行います。僧侶が来ず、喪服を着ない場合もあり、とくに「通夜」とも呼ばれず、「ウチの地域には通夜がない」といわれることも少なくありません。このように形式ばったお通夜のない地域では、お通夜そのものよりも、その前に行われる納棺の儀式のほうが重要なケースが多いでしょう。まだ日の高いうちから親族が集まり、故人の身体を拭いてあげるなど着替えを手伝って納棺し、その後の会食として通夜ぶるまいがあるというケースです。もしも都市部のお通夜に慣れている人が、喪服を着て香典を持参しこのようなお通夜に訪れたら、やや場違いになってしまうので注意しましょう。ただ、風習の違いによって生まれる失敗は、取り返しのつかないものではありません。親族も事情を分かってくれます。繰り返さないよう注意が必要です。

 

まとめ

以上、お通夜の由来や作法について解説しました。お通夜に参列しようとするとき、とくに遠方の場合は、その土地の風習をきちんと知ったうえで支度をしましょう。とくに、お知らせ状にお通夜の日時が入っていなければ、それはお通夜に一般参列者が参列できないという意味です。「お通夜はいつ?」と尋ねるよりも、お知らせに従ってお葬式のほうに参列しましょう。

関連記事:葬儀(通夜・告別式)の服装マナーと注意点

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

宗教による葬儀の違いを解説ー仏教・神道・キリスト教ー

宗教によって、葬儀の意味や流れ、かかる時間などは違ってきます。仏式教以外の形式で行われる葬儀に参列するとき、「どんなふうに振る舞ったらいいんだろう?」と戸惑うことはありませんか。仏教、神道、キリスト教、それぞれの葬儀の違いを解説します。

樹木葬のお墓参りとは?マナーや注意点をご紹介

一般的なお墓の他に、永代供養墓や樹木葬、納骨堂、散骨など、遺骨を供養する方法は多種多様になりました。なかでも最近注目されている樹木葬の墓地にお墓参りをする場合、一般的なお墓へのお墓参りとは、どう違うのでしょうか。樹木葬のお墓参りにおけるマナーや注意点をご紹介します。

お別れの会,社葬,家族葬,密葬

お別れの会とは?葬式との違いと参加する時のマナー

芸能人や社会的に地位のある人が亡くなられたときに執り行われる「お別れの会」を、テレビなどで見たことのある人も多いことでしょう。普通の葬儀と違い宗教色があまり感じられず、通夜や告別式とも雰囲気が違います。「お別れの会」とはどのようなものでしょうか。詳しく見ていきましょう。

墓じまいをする清掃業者

墓じまいとは?改葬との違いや手順と注意点

「墓じまい」という言葉を知っていますか。墓じまいとは、代々継いできたお墓を閉じてその土地を更地にして墓地管理者に返却することを言います。少子高齢化が進み、年々死亡者数が増えている昨今、お墓の承継者が足りなくなり墓じまいをしてお墓を閉じる人が増えています。その理由は、今の住まいから遠く離れた場所にある先祖のお墓を管理することが物理的に難しくなってしまった、または、お墓を受け継いだものの後継者がいないといったものが主です。墓じまいと関連して、遺骨を別の場所に移す改葬をすることでお墓の管理を楽にしようという人もいます。このように関心が高まりつつある「墓じまい」や別のお墓に遺骨を埋葬し直す「改葬」について手順と注意点をお伝えします。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ