MENU

お墓の中はどうなっている?遺骨の収蔵方法|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > お墓の中はどうなっている?遺骨の収蔵方法

お墓の中はどうなっている?遺骨の収蔵方法

お墓の中は、なかなか見る機会がありません。遺骨がどのように収蔵されているか、ご存じでしょうか。実は、その土地の風習やお墓の種類によって、さまざまな納骨方法があります。遺骨を収蔵する5つの方法を解説します。

墓石,カロート


お墓の中には「カロート」と呼ばれる空洞がある

お墓の納骨スペースは、「カロート」と呼ばれています。カロートは「先祖代々之墓」などと書かれた石の台座部分にあり、台座の前部分を外したり、引き上げたりすることで現れます。カロートは地上に出ているタイプと、地下に設置されているタイプとがあり、開き方や中の広さなどは、お墓の構造によってさまざまです。一般的には、台座部分が高く、そのためお墓全体の背が高いタイプであればカロートは地上に出ており、背の低いタイプはカロートが地下にある傾向があります。地上に出ているカロートのほうが開けやすく、地下にあるカロートの場合は、開けるのに石材店を呼ばなければならないケースもあるでしょう。

 

カロートの中に骨壺のまま入れるのが一般的

納骨時には、カロート部分に骨壺のまま遺骨を納めるのが一般的です。ただ、それでは骨壺を数個納めればいっぱいになってしまいます。お墓の中がいっぱいで骨壺が収まりきらない場合、1番古い骨壺から中の遺骨を取り出し、2番目に古い骨壺へまとめたり、カロートの下部分が土になっている場合には遺骨を土に還したりといった処置がとられます。カロートの下部分がコンクリートで土に帰らない場合には、墓地を管理する寺院に相談し、一番古い遺骨を供養塔に移動して、他の人の遺骨と一緒に供養してもらう例もあります。コンクリートのカロートは湿気が溜まりやすく、古い骨壺を開けると、遺骨の下に水が溜まっていたりすることも。大事な遺骨が水にまみれていたら、とてもガッカリしてしまうものです。どうにかしたいということで、最近のお墓のなかには、湿気が溜まりにくい工夫をしているものもみられます。

 

骨壺から遺骨を取り出し、カロートに納める方法もある

地域によっては、骨壺から遺骨を取り出して、遺骨の入った袋ごと、もしくは遺骨だけをカロートに納めているところもあります。この場合、カロートの下部は土になっていて、遺骨が次々に土に還っていくため、カロートの中が遺骨で溢れることがありません。ただし、後に「お墓の引っ越しをしたい」と思ったとき、遺骨を残らず拾い上げるのが困難になる可能性があります。お墓の引っ越し、つまり「改葬」を行いたい場合には、ある程度の遺骨を拾ったら、あとは周辺の土を骨壺に入れて移動させることになります。

 

樹木葬では、多くがカロートを設けず土へ遺骨を還す

風の丘樹木葬墓地

出典:風の丘樹木葬墓地

墓石ではなく、樹木を墓標とする樹木葬は、もともと環境保護の精神が根付いている供養法です。山を切り崩して石材やコンクリートで埋めつくしてしまうのではなく、代わりに樹木を植えることでエコを実践したいという思いが込められています。よって、樹木葬の多くはカロートを作らず、土の中へじかに遺骨を納め、土に還します。ただし、全ての樹木葬がカロートを設けないとはいえません。庭園風に整備された樹木葬墓地や、寺院墓地の中に設けた樹木葬のスペースなどには、カロートが作られていることがあります。「自然に還りたい」と願って樹木葬を選ぶのであれば、カロートのあるタイプは避けましょう。

関連:樹木葬とは

 

納骨堂では骨壺のまま屋内に保管する

屋内に小さな納骨スペースをたくさん設ける納骨堂では、遺骨は骨壺のままロッカーや小型仏壇内などに保管されます。比較的新しい納骨堂であれば、温度や湿度がきちんと管理されているため、骨壺内に水が溜まってしまうようなことはありません。骨壺のままなので、改葬したいときには簡単に遺骨を移動できます。しかし、遺族などが年間の使用料金を支払う契約形態ではなく、あらかじめ契約期間を決めて全料金を前払いするタイプの場合には、契約期間を過ぎれば他の人の遺骨と一緒に合祀墓などへ供養されることが多いでしょう。ただし、契約期間終了時に遺族からの申し出があれば、骨壺を返還する納骨堂がほとんどです。

 

合葬墓や合祀墓では骨壺から遺骨を取り出し、他の人の遺骨と一緒になる

寺院墓地の奥などにある供養塔や合祀墓、合葬墓などへ納骨されるときには、骨壺から遺骨を取り出して納骨されます。先に埋葬されている他の人たちの遺骨と混ざり合うことになるため、いったん納骨したあとで「やっぱり遺骨を戻してもらおう」と思っても、それはできません。合葬墓や合祀墓への納骨は価格がかなりリーズナブルですし、納骨後のお墓参りやメンテナンスが基本的に必要ないので魅力的と感じる人もいますが、遺骨を後で動かそうと思っても動かせなくなってしまう埋葬法であることは、理解しておきましょう。

 

まとめ

以上、遺骨の収蔵方法についてお伝えしました。ひと口に納骨といっても、さまざまな方法があることをお分かりいただけたかと思います。お墓を購入するときには、納骨がどのようなスタイルになるかも含めて、希望通りになるように選ぶことが肝心です。

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

墓じまいをする清掃業者

墓じまいとは?改葬との違いや手順と注意点

「墓じまい」という言葉を知っていますか。墓じまいとは、代々継いできたお墓を閉じてその土地を更地にして墓地管理者に返却することを言います。少子高齢化が進み、年々死亡者数が増えている昨今、お墓の承継者が足りなくなり墓じまいをしてお墓を閉じる人が増えています。その理由は、今の住まいから遠く離れた場所にある先祖のお墓を管理することが物理的に難しくなってしまった、または、お墓を受け継いだものの後継者がいないといったものが主です。墓じまいと関連して、遺骨を別の場所に移す改葬をすることでお墓の管理を楽にしようという人もいます。このように関心が高まりつつある「墓じまい」や別のお墓に遺骨を埋葬し直す「改葬」について手順と注意点をお伝えします。

宗教による葬儀の違いを解説ー仏教・神道・キリスト教ー

宗教によって、葬儀の意味や流れ、かかる時間などは違ってきます。仏式教以外の形式で行われる葬儀に参列するとき、「どんなふうに振る舞ったらいいんだろう?」と戸惑うことはありませんか。仏教、神道、キリスト教、それぞれの葬儀の違いを解説します。

樹木葬のお墓参りとは?マナーや注意点をご紹介

一般的なお墓の他に、永代供養墓や樹木葬、納骨堂、散骨など、遺骨を供養する方法は多種多様になりました。なかでも最近注目されている樹木葬の墓地にお墓参りをする場合、一般的なお墓へのお墓参りとは、どう違うのでしょうか。樹木葬のお墓参りにおけるマナーや注意点をご紹介します。

寺院墓地と民営墓地

寺院墓地と民営墓地はどう違う?それぞれのメリット、デメリットとは

寺院墓地と民営墓地の違いをご存じでしょうか。「寺院墓地はお寺が経営していて、民営墓地は民間業者がやっている?」と思いがちですが、民営墓地の広告をよく見てみると、「経営主体 ●●寺」などと書かれている例がよく見受けられます。寺院墓地と民営墓地の違いや、それぞれのメリット、デメリットを解説します。

直葬とは?火葬場で火葬をするだけの、日本で一番シンプルな送り方

直葬とは、通夜式とお葬式がなく火葬だけを行う簡素な葬儀形式のことを言います。今、都市部ではおよそ2割から3割ほどの遺族が直葬を選んでいると言われています。通夜式とお葬式を行わない、というと、「それでいいのだろうか」と疑問に思う人もいるでしょう。直葬について詳しく解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ