MENU

墓じまい、そのとき遺骨はどうする?後悔しないための4つのポイント|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > 墓じまい、そのとき遺骨はどうする?後悔しないための4つのポイント

墓じまい、そのとき遺骨はどうする?後悔しないための4つのポイント

後継者がいないために先祖代々のお墓を更地にし、管理者へ墓地を返還することが「墓じまい」と呼ばれるようになりました。今あるお墓を無縁墓化させないためには、これから家族の形がどうなっていくのかを正確に予想し、早めに決断をすることが大切です。墓じまいで後悔しないためにはどうすれば良いか、そのポイントをお知らせします。

墓じまいをする墓地


今あるお墓を片づけて墓じまいをしたいなら

 子どもたちが家を離れて遠くで暮らしている人、あるいは子どもがおらず夫婦のみや単身世帯の方の中には、「この先、墓を守る人がいなくなる」という悩みを抱えている人も多いことでしょう。その悩みを解決するには、今あるお墓を片づけ、遺骨をどこかへ移動させるしかありません。もしもお墓を新たに求め、お墓からお墓へと遺骨を移すのであれば「改葬」という手続きをとることになります。その場合、まず今の墓地の管理者から「埋葬証明書」をもらい、新しい墓地の管理者から「受入証明書」を取得する必要があります。その後、役所へ改葬の申請を行います。しかし、もしも新しいお墓を作らず、お墓から取り出された遺骨を「散骨」する場合、散骨業者の求めに応じて遺骨が誰のものかを証明できる書類などが必要になるでしょう。
墓じまいには書類上の手続き以外に気を付けるべき点が4つあります。以下で1つずつ解説していきましょう。

 

墓じまいを後悔しないためのポイント:必ず親族に了承をとる

 墓じまいで後悔しないためには、必ず近しい親族の了解を得ることがポイントです。自分の親や祖父母のお墓だと思うと、つい自分で責任を持って何もかも決めなければならないと思いがちです。しかし、叔父や叔母たちにとっては、かげがえのない兄弟や父母が眠っているお墓であることを忘れてはなりません。黙って墓じまいを行ってしまうことによって、予想外のトラブルに発展してしまう可能性も少なくありません。自分自身の兄弟はもちろんのこと、お墓参りに来る可能性がある全ての人に事情を話し、早いうちに了解をとっておきましょう。もしかしたら「それなら近くに良い永代供養墓がある」など、有益な情報を得られるかもしれません。反対する人がいるようであれば、このままでは無縁墓になってしまう恐れがあることを話し、理解を促しましょう。親戚筋のうち、賛成してくれる人を味方にするのも良い手です。

 

墓じまいを後悔しないためのポイント:住職に墓じまいの相談をしておく

 

 先祖代々がお世話になった寺院墓地であれば、先に住職へ話を通しておく必要があります。このとき、決まったことを事後報告のように伝えるのではなく、相談の体をとることがポイントです。お寺にとっては、長い間支えてくれた檀家を一つなくすことに他なりません。最後まで、関係性を大事にしましょう。
「墓じまいをしたいと住職に申し出たら、遺骨一体あたり●万円の離檀料を請求された」という噂が目立っています。ただ、これは全国的に蔓延しているようなことではありません。一部の、檀家離れが進んでしまったような過疎地域のお寺で稀に起きるトラブルになります。そもそも仏教用語に離断料という言葉などなく、近年メディアが造った造語になります。これまできちんと住職と円満な関係を築いていれば、法外な金額を要求され改葬ができないということはほとんどありません。これまで先祖供養を行ってきたお寺に感謝の気持ちを込めて、誠実に理由を話し、相談をしましょう。

 

墓じまいを後悔しないためのポイント:墓じまいの後のことを考えておく

 役所で改葬手続きをするためには、遺骨の行き先を決めておかなければなりません。改葬許可を受けるために、新しいお墓などの管理者からの「受入証明書」が必要だからです。遺骨を受け取った後、別のお墓へ改めて埋葬することを考えているなら、新しいお墓を探すことから始めましょう。なお、同じ寺院墓地内などの供養塔へ合祀する場合や、散骨をする場合には、改葬にはあたらず、改葬許可は必要ないとする考えもありますので市区町村役場へ相談してみましょう。ただし、散骨業者へ提出する書類として改葬許可証や埋葬証明書が必要なときがあるため、注意が必要です。

 

墓じまいを後悔しないためのポイント:本格的な墓じまいの後も、遺骨は少しだけ手元に残す

 今のお墓から遺骨を取り出した後に散骨し、お墓を新たに作らない本格的な墓じまいの場合は、遺骨を手元に残さない考えの人が多いでしょう。しかし、散骨をした後、「何に手を合わせたら良いかわからない」と供養の方法に悩む声がよく聞かれます。今は必要ないと思っても、遺骨がないことを寂しく思う日が来ないとは断定できません。せめて両親や配偶者の遺骨だけは、少しだけでも手元に残しておくと安心です。小さな骨壷や、遺灰を込められるペンダントを活用しましょう。親族から「散骨を後悔している」などといった相談を受けた場合にも助けになります。5年、10年経って、なくても平気だと思える日が来たら、そのときは今まで支えてくれたことに感謝しながら散骨しましょう。

 

墓じまいは役所の手続きのほか、親戚の理解や寺との話合いなど想像以上に時間がかかります。よく考え、納得してから行うとこがおすすめです。


あわせて読みたい

直葬とは?火葬場で火葬をするだけの、日本で一番シンプルな送り方

直葬とは、通夜式とお葬式がなく火葬だけを行う簡素な葬儀形式のことを言います。今、都市部ではおよそ2割から3割ほどの遺族が直葬を選んでいると言われています。通夜式とお葬式を行わない、というと、「それでいいのだろうか」と疑問に思う人もいるでしょう。直葬について詳しく解説します。

樹木葬のお墓参りとは?マナーや注意点をご紹介

一般的なお墓の他に、永代供養墓や樹木葬、納骨堂、散骨など、遺骨を供養する方法は多種多様になりました。なかでも最近注目されている樹木葬の墓地にお墓参りをする場合、一般的なお墓へのお墓参りとは、どう違うのでしょうか。樹木葬のお墓参りにおけるマナーや注意点をご紹介します。

お墓の購入時期に悩んでいる老夫婦

お墓の生前購入と死後購入のメリット・デメリット

「終活」や「墓友」という新しい言葉が使われるようになり、自分のお墓は自分で決めたいという方が増えています。ひと昔前までは「自分のお墓を自分で買うなんて寿命が縮まりそう、縁起が悪い」という印象を持つ人もいました。しかし、生前にお墓を購入することは「寿陵(じゅりょう)」と呼ばれ、長寿・子孫繁栄・家内円満を授かる縁起のよいことなのです。もともとは中国由来の考え方ですが、日本では聖徳太子が寿陵を建てたことが日本書記の中で綴られています。お墓の購入時期は人それぞれのタイミングで構いませんが、実際のところ、生前購入と死後購入を比べるとどのような違いがあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

寺院墓地と民営墓地

寺院墓地と民営墓地はどう違う?それぞれのメリット、デメリットとは

寺院墓地と民営墓地の違いをご存じでしょうか。「寺院墓地はお寺が経営していて、民営墓地は民間業者がやっている?」と思いがちですが、民営墓地の広告をよく見てみると、「経営主体 ●●寺」などと書かれている例がよく見受けられます。寺院墓地と民営墓地の違いや、それぞれのメリット、デメリットを解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ