MENU

改葬を行う理由とは?メリットとデメリットを比較|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > 改葬を行う理由とは?メリットとデメリットを比較

改葬を行う理由とは?メリットとデメリットを比較

改葬を考える人は年々増加傾向にあります。お墓の維持管理の負担を軽減し、時代に合わせた供養ができるなど、多くのメリットが注目されているからです。しかし、改葬には少なからずデメリットも存在します。よく考えずに改装を行うと、負担を減らすどころかトラブルを招きかねません。ここでは、改葬のメリットとデメリットを比較し、改葬時の注意点をまとめました。

改葬のメリットデメリット


改葬とはお墓のお引っ越しのこと

改葬とは、今あるお墓を他の場所に移動させることを言います。改葬に伴い現在のお墓の墓じまいをし、更地にして墓地の区画は管理者に返し、遺骨を新しいお墓に納骨し直すということです。管理者不明、継承者(承継者)不在のまま無縁墓になってしまうケースが全国で増えていることから、管理しやすいお墓や、散骨や永代供養墓、合祀墓など継承者(承継者)が不要なお墓に改葬する人が増えています。

関連記事:改葬とは?手順と手続きで起こり得るトラブル

 

改葬のメリットは、維持管理やお墓参りの負担軽減が主

改葬のメリットは、以下のようなものが挙げられます。

お墓の継承の必要がなくなる

少子化が進む現代では、お墓の継承者がいないという状況は珍しくありません。納骨堂や樹木葬など、継承の必要がない埋葬方法に切り替えれば、いざという時も安心です。子や孫がいる場合であっても、管理の負担をなくすことができるので、改葬するメリットはあります。

通いやすい場所にお墓を移せる

お墓が遠い場所にあると、お墓参りするだけでも一苦労です。自宅の近所に改葬すれば、散歩のついでに行くこともできます。結果として故人を弔う気持ちも強くなるはずです。

 

改葬のデメリットとしては、費用や心情的な問題がある

改葬のデメリットは、以下のようなものがあります。

先祖代々のお墓がなくなる。親族と揉める可能性も

改葬すれば、先祖代々受け継いできたお墓は消滅することになります。いくらコストや利便性の面で問題があったとしても、墓じまいを快く思わない人はいるはずです。親族に相談せずに改葬をすると、「なぜそんなことをしたんだ」とトラブルになる可能性もあります。

少なからず費用がかかる

改葬には、当然ながら費用もかかります。樹木葬墓地は、安ければ10万円ほどですむ場合もありますが、平均値は60万~70万円といったところです。さらに、元のお墓を更地に戻すために10万~20万円ほどかかります。合計で100万円以上の出費になることもあるので、ある程度経済的な余裕がなければ改葬はできません。

関連記事:改葬にかかる費用は?離檀料は本当に納めなければならない?

遺骨が回収できない場合がある

改葬後の埋葬方法によっては、遺骨が回収できなくなる場合があります。骨壷から出して行う場合の樹木葬や、大勢が一緒に埋葬される合祀墓などがそうです。何らかの理由で遺骨を回収する必要が出てきても対応できません。

 

改葬する前に、相談・確認するための時間を設けよう

改葬のメリットとデメリットのどちらを重視するかは、その人次第なので一概には決められません。ただ、トラブルを防ぐための努力はできます。以下の点に注意しましょう。

家族、親族とよく相談すること

故人やご先祖、供養やお墓に対する思いは人それぞれです。改葬を検討していることは、家族や親族に必ず話し、よく相談しましょう。お墓の現状や、改葬のメリット・デメリットを伝えれば、真剣に相談に乗ってくれるでしょう。

改葬の費用と今後の維持管理費を比較すること

改葬には最低でも数十万円ほどの費用がかかりますが、改葬後の維持管理費を安く抑えられるのであれば、将来的にプラスになる可能性は大いにあります。2つの費用を比較して、どちらが得になるのかよく考えましょう。

改葬後の埋葬の形態をよく確認すること

遺骨だけは、一度回収不能になると取り返しがつきません。遺骨はどのように埋葬されるのか、一定の期間が過ぎても同じ場所に納められたままなのか、スペースが一杯になったらどうするのかといったことを確認しておきましょう。

 

まとめ:改葬は、メリットとデメリットをよく比較して行おう

改葬は現代のトレンドであるかのように語られることもあります。しかし、多くの人は必要になったから改葬するのであって、ファッション的に見るのは適切ではありません。メリットにばかり目を奪われていると、故人の安らかな眠りを妨げる可能性もあります。メリットとデメリットをよく比較して、悔いのない改葬をしましょう。

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

墓じまいをする墓地

墓じまい、そのとき遺骨はどうする?後悔しないための4つのポイント

後継者がいないために先祖代々のお墓を更地にし、管理者へ墓地を返還することが「墓じまい」と呼ばれるようになりました。今あるお墓を無縁墓化させないためには、これから家族の形がどうなっていくのかを正確に予想し、早めに決断をすることが大切です。墓じまいで後悔しないためにはどうすれば良いか、そのポイントをお知らせします。

お別れの会,社葬,家族葬,密葬

お別れの会とは?葬式との違いと参加する時のマナー

芸能人や社会的に地位のある人が亡くなられたときに執り行われる「お別れの会」を、テレビなどで見たことのある人も多いことでしょう。普通の葬儀と違い宗教色があまり感じられず、通夜や告別式とも雰囲気が違います。「お別れの会」とはどのようなものでしょうか。詳しく見ていきましょう。

お坊さん 茶色

お墓参り代行サービスとは?人気の理由と利用時の注意点

なかなか参拝に行けていないお墓はありませんか?父方、母方、また様々な事情で本家のお墓には入れなかった身内がいたりすると、3ヶ所以上のお墓参りになってしまい時間が取れなかったり、転勤で引っ越して遠方にお墓があったり、結婚して嫁ぎ先から実家のご先祖様に手を合わせられない、また体調を崩してしまいお墓まで簡単に行けないという人もいるのではないでしょうか。そこで、ご先祖様に家族の無事をお知らせしたいのにお墓参りに行けない……と悩んでいる人に「お墓参り代行サービス」を紹介します。

お墓の購入時期に悩んでいる老夫婦

お墓の生前購入と死後購入のメリット・デメリット

「終活」や「墓友」という新しい言葉が使われるようになり、自分のお墓は自分で決めたいという方が増えています。ひと昔前までは「自分のお墓を自分で買うなんて寿命が縮まりそう、縁起が悪い」という印象を持つ人もいました。しかし、生前にお墓を購入することは「寿陵(じゅりょう)」と呼ばれ、長寿・子孫繁栄・家内円満を授かる縁起のよいことなのです。もともとは中国由来の考え方ですが、日本では聖徳太子が寿陵を建てたことが日本書記の中で綴られています。お墓の購入時期は人それぞれのタイミングで構いませんが、実際のところ、生前購入と死後購入を比べるとどのような違いがあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

お通夜

お通夜の由来と作法は?お通夜に遺族は何をしているのか

年齢を重ねると、公私問わずお通夜に出かける機会が増えます。お通夜の由来や、作法について理解を深めてみませんか。喪主になったことのない人は、お通夜に遺族が何をしているのかを知ることで、家族の万が一に備えることができますよ。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ