MENU

ペット葬儀とは?かけがえのない家族だから人間同様に送りたい|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > ペット葬儀とは?かけがえのない家族だから人間同様に送りたい

ペット葬儀とは?かけがえのない家族だから人間同様に送りたい

ペットとのお別れを豊かなものにするなら、ペット葬儀がおすすめです。家族として長く一緒に暮らしてきたペットですから、人間同様に、丁寧に見送りたいですよね。ペット葬儀の意味や費用相場、良いペット葬儀会社の選び方について解説します。


ペット葬儀とはペットの火葬やお葬式のこと

ペット葬儀とは、ペットの火葬やお葬式のことを指します。ペットブームが始まった2000年代から、ペットのための火葬場が急増しました。今ではペットが亡くなったらペット火葬場へ持ち込み、人間と同じように遺骨を骨壺へ収骨するのが一般的になっています。ペット葬儀が普及する前は、亡くなったペットは庭に埋めるか、市区町村の公衆衛生担当部署に連絡して引き取ってもらうのが主でした。しかし、大きな庭のある持ち家を所有できる人は少なくなり、土葬という選択肢をとることが難しくなってきました。また、市区町村が行う動物処理はまとめて行うのが通常で、「火葬」というより「焼却」です。そこに抵抗をおぼえる人が増え、個別に丁寧な火葬をしてもらえるペット火葬場が選ばれるようになったのです。ペット火葬場では、火葬のほか、お葬式を営んだり、納骨堂に遺骨を預けたりといった供養ができます。

 

ペット葬儀の費用は火葬のみで1万円から5万円ほど

ペット葬儀の費用相場は、火葬だけを行うとすれば、1万円から5万円ほどです。火葬料金は、ペットの種類というよりは、大きさで決まります。フェレットやハムスターなど小動物であれば1万円から1万5000円、猫や小型犬であれば3万円、大型犬は5万円が相場です。多くのペット火葬場では、重さによって料金が異なる料金表を公開しています。

 

火葬前にお葬式を行うならプラス3万円が相場

火葬前に短いお葬式を行ってくれるペット火葬場があります。寺院が経営しているペット火葬場であれば、僧侶がお経を読んでくれますし、寺院経営ではないペット火葬場であれば、宗教フリーのセレモニーを営んでくれます。ペットのお葬式の費用は、プラス3万円程度が相場です。

 

納骨堂に預けたいならプラス年間1万円が相場

火葬後、家に遺骨を連れて帰らずに、火葬場併設の納骨堂に預けたいなら、年間使用料として1万円程度を支払うのが一般的です。預けている1年の間に、お墓を建てたり、合同供養塔に納骨したり、散骨にしたりなど、供養の方針を固めることになります。

 

ペット葬儀会社を選ぶポイント1:個別火葬か合同火葬かを決める

価格相場から極端に外れているペット葬儀会社は案外少なく、どれも似たり寄ったりな値段なのが特徴です。では、ペット葬儀会社を決定する場合は、どんなところに気をつければよいのでしょうか。ペット葬儀会社を選ぶポイントは、4つあります。はじめの1つは、「個別火葬か、合同火葬かを決める」ことです。個別火葬とは、人間のようにペット一匹につき一つの炉を使って火葬してもらうことで、あとで骨壺に遺骨を納めることができます。一方で、合同火葬とは、他のペットと一緒に火葬してもらうことで、あとで個別に遺骨を拾うことができません。合同火葬のほうが、個別火葬よりも安値に設定されています。

 

ペット葬儀会社を選ぶポイント2:仏式か宗教フリーかを決める

ペット葬儀会社を選ぶポイントの2つめは、「仏式か、宗教フリーかを決める」ことです。寺院経営のペット火葬場の多くは、火葬炉に入る前に短いお経が読まれます。それに抵抗がある人は、寺院経営の火葬場を避ける必要があります。あるいは、ペット火葬場に個別に問い合わせ、火葬時にお経が読まれるかどうかを尋ねてみましょう。寺院経営ではないペット火葬場であっても、お経が読まれることが多々あるので、注意が必要です。

 

ペット葬儀会社を選ぶポイント3:立ち会いかお迎えかを決める

ペット火葬場の多くは、駅からアクセスの悪いところに存在します。自家用車でペットを火葬場へ持ち込み、立ち会い火葬ができる人は問題ありませんが、足のない人は自宅まで迎えに来てもらえるペット葬儀会社を選びましょう。なお、自宅に迎えに来てもらえる場合でも、それはペットだけのお迎えであることが主です。火葬が済めば、骨壺を自宅まで持ってきてもらえます。自家用車がないけれどどうしても立ち会い火葬をしたい人は、タクシーなどを利用しましょう。

 

ペット葬儀会社を選ぶポイント4:どこまでお任せするかを決める

火葬だけを依頼したい場合は、どんなペット葬儀会社を選んだとしても問題はありません。しかし、お葬式をしたいときや、火葬後すぐに納骨堂に預けたいときは、希望に沿ったペット葬儀会社を選ぶ必要があります。お葬式や火葬はできるけれど納骨堂がない、火葬のみでお葬式には対応していない、という会社が少なからずあるためです。自分の希望を明確にして、ペット葬儀会社を絞りましょう。

 

まとめ

ペット葬儀について、その意味や料金相場、ペット葬儀会社を選ぶポイントを解説しました。我が子同然のペットの葬儀について考えるのはとても辛いことですが、飼い主として、責任を持って最後まで面倒をみたいものですね。最高のお別れとなるよう、早めに準備をしておきましょう。気になるペット葬儀会社には、見学に行っておくことをおすすめします。

関連記事:ペット樹木葬とは?一緒に自然へ還れるお墓のかたち

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

家族葬とは?直葬や密葬とどう違う?

家族葬、直葬、密葬など、お葬式の形式を表す用語はさまざまあります。それぞれどのような意味で、どんな違いがあるのでしょうか。今回は、家族葬について説明したうえで、直葬や密葬との違いを解説します。

墓じまいをする清掃業者

墓じまいとは?改葬との違いや手順と注意点

「墓じまい」という言葉を知っていますか。墓じまいとは、代々継いできたお墓を閉じてその土地を更地にして墓地管理者に返却することを言います。少子高齢化が進み、年々死亡者数が増えている昨今、お墓の承継者が足りなくなり墓じまいをしてお墓を閉じる人が増えています。その理由は、今の住まいから遠く離れた場所にある先祖のお墓を管理することが物理的に難しくなってしまった、または、お墓を受け継いだものの後継者がいないといったものが主です。墓じまいと関連して、遺骨を別の場所に移す改葬をすることでお墓の管理を楽にしようという人もいます。このように関心が高まりつつある「墓じまい」や別のお墓に遺骨を埋葬し直す「改葬」について手順と注意点をお伝えします。

お墓(樹木葬など)を生前購入するメリット

お墓といえば、家族でどなたかが亡くなった際に準備するというイメージの方が多いかもしれません。しかし、現在は終活を行い自分のお墓を生前に購入する方も増えてきています。その背景には、お墓の継承者問題や少子化問題など深刻な問題が見え隠れしていますが、お墓の生前購入をすることにはメリットがあるようです。

永代供養墓を考えるおじいさん

永代供養墓と普通のお墓の違いとは

永代供養墓とは、現代のニーズに合わせたお墓の形態です。お墓を買ったとしても、引き継いでくれる人がいない、また、たとえ後継者がいても遠方に住んでいるので管理が難しい、あるいは後継者となる子供に迷惑をかけたくない、このように考える方が増えているようです。そこで考えられたのが永代供養墓です。永代供養墓とは、お墓を管理する人がいなくても、お寺や霊園で管理、供養してくれるお墓を言います。ここでは、永代供養墓について詳しく紹介します。

墓石,カロート

お墓の中はどうなっている?遺骨の収蔵方法

お墓の中は、なかなか見る機会がありません。遺骨がどのように収蔵されているか、ご存じでしょうか。実は、その土地の風習やお墓の種類によって、さまざまな納骨方法があります。遺骨を収蔵する5つの方法を解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ