MENU

ネット墓参り、バーチャル霊園とは?|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > ネット墓参り、バーチャル霊園とは?

ネット墓参り、バーチャル霊園とは?

実家が遠方で、なかなかお墓参りに行けないという人が増えています。地方では、誰も管理しない無縁墓が目立つようになり、例えば熊本県人吉市が2013年に調査を行ったところ、市内のなんと4割もの墓が無縁化しているという結果が出ました。そんななか、ネットでできる墓参りや、バーチャル霊園が注目を浴びています。PC上でできる供養について解説します。


ネット墓参りとは

ネット墓参りとは、実際にあるお墓に、インターネット環境を使ってお墓参りをすることです。とくにライブカメラがついている霊園であれば、リアルタイムのお墓の状況を確認しながら、お墓参りをすることができます。台風などの災害があったとき、すぐにお墓の状況を確認するためにも便利です。具体的には、霊園のホームページなどからネット墓参りの専用ページにログインし、パスワードを打ち込むと、お墓の画像または映像が画面上に現れるため、「お花を添える」「お水をかける」といったボタンをクリックするなどしてお墓参りを行います。ログインナンバーやパスワードがわかればお墓参りができるため、親族や友人と共有すれば、いつでもお墓参りをしてもらうことが可能です。

 

ネット墓参りのメリット

ネット墓参りのメリットは、安心感にあります。お墓参りができない人は、決して怠けているわけではありませんよね。実家から離れて暮らしている、転勤が多いなど、やむにやまれぬ事情でお墓参りができず、「本当は行きたい」と心を痛めている人は多いでしょう。インターネットでお墓参りができれば、離れていても、きちんと供養しているという感覚をつかむことができます。本物のお墓と同じように心を込めて手を合わせ、節目には先祖に何らかの報告をすれば、気持ちはリアルなお墓参りとなんら変わりありません。ネット墓参りは、亡き人を慕う純粋な気持ちをサポートしてくれる、現代ならではの供養法なのです。

 

バーチャル霊園とは

バーチャル霊園とは、インターネット上にできた仮想の墓地空間です。よって、遺骨そのものはどこかへ納骨しなければなりません。他人の遺骨と一緒に供養される合葬墓を選んだときや、散骨を選んだときなどには、このバーチャル霊園があると心のよりどころになります。バーチャル霊園には、故人の写真などをアップロードすることができ、「線香を上げる」「水を替える」といったボタンをクリックすることでお墓参りができます。また、立ち寄った際には、メッセージを残せる機能があるものが多いでしょう。人間だけではなくペット用のバーチャル霊園も存在しています。また、お墓のたてられない水子供養に役立てる人もいるようです。

 

バーチャル霊園のメリット

バーチャル霊園は、経済的な理由からお墓を建てることができない人や、水子供養など個別にお墓を建てられない存在を丁寧に弔いたい人の味方です。また、愛する故人だけのメモリアルスペースを作りたいと考える人にもぴったり。想い出の写真や映像をアップロードして掲示板を設け、フリーでお墓参りができるようにしておけば、葬儀に出席できなかった人たちからもメッセージを受け取ることが可能です。このように、さまざまな使い方が考えられるのが、バーチャル霊園の特徴といえるでしょう。

 

ネットからリアル墓参りをお願いできるサービスもある

ネット墓参りは、インターネット経由で自分がお墓参りをする方法です。対して、リアルなお墓参りを第三者にネット注文できるのが、お墓参りの代行サービスです。石材業者を中心に、全国で広まりつつあります。お墓参り代行サービスでは、お線香を上げたりお供え物をしたりする以外に、お墓まわりの草抜きや墓石磨きを行い、写真を撮ってメールで送ってくれます。技術のあるところであれば、墓石の補修などもできます。「バーチャルではなく、実際にお墓の様子を見たい」と思っているなら、利用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

以上、ネット墓参り、バーチャル霊園をご紹介し、最後にお墓参り代行サービスについてお伝えしました。家族が全国に散らばっている、海外に転勤になった、という話が珍しくなくなった今、お墓参りを遠隔で行うことは、現代人のライフスタイルに沿っているといえるのではないでしょうか。ネット墓参りも、バーチャル霊園も、サンプルを試せるサイトがほとんどです。まずはホームページを覗いてみて、実際に体験してみることをおすすめします。

関連記事:手元供養とは現代に合った新しいスタイルの弔い方

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

樹木葬のお墓参りとは?マナーや注意点をご紹介

一般的なお墓の他に、永代供養墓や樹木葬、納骨堂、散骨など、遺骨を供養する方法は多種多様になりました。なかでも最近注目されている樹木葬の墓地にお墓参りをする場合、一般的なお墓へのお墓参りとは、どう違うのでしょうか。樹木葬のお墓参りにおけるマナーや注意点をご紹介します。

改葬とは?手順と手続きで起こり得るトラブル

改葬とは、今あるお墓から遺骨を別の場所へ移動させることをいいます。例えばお墓を受け継いだ長男が今住んでいる場所から遠いため、もっと近い場所にお墓を移したいといった理由などに伴い、近年では改葬を考える人が目立ち始めています。ここでは改葬の手順と手続き上のトラブル例の紹介をしていきます。

お墓の購入時期に悩んでいる老夫婦

お墓の生前購入と死後購入のメリット・デメリット

「終活」や「墓友」という新しい言葉が使われるようになり、自分のお墓は自分で決めたいという方が増えています。ひと昔前までは「自分のお墓を自分で買うなんて寿命が縮まりそう、縁起が悪い」という印象を持つ人もいました。しかし、生前にお墓を購入することは「寿陵(じゅりょう)」と呼ばれ、長寿・子孫繁栄・家内円満を授かる縁起のよいことなのです。もともとは中国由来の考え方ですが、日本では聖徳太子が寿陵を建てたことが日本書記の中で綴られています。お墓の購入時期は人それぞれのタイミングで構いませんが、実際のところ、生前購入と死後購入を比べるとどのような違いがあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

共同墓地と青空

共同墓地とは?共同で墓地を使用する供養法

共同墓地という言葉を見たとき、どんなイメージが湧くでしょうか。一昔前と今では、共同墓地が表す意味もイメージも変わってきています。正確な意味をとるのが難しい共同墓地について解説します。

自由葬

自由葬とは?葬儀を自由に執り行う新しい葬儀のタイプ

葬儀(お葬式)といえば、仏教の教えに則りお通夜・告別式がしめやかに行われるというイメージを持つ人が多いと思います。しかし、最近では故人の想いを尊重した新しいタイプの葬儀の形「自由葬」が注目されています。ここれでは、近年始まった自由葬について紹介していきます。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ