MENU

親が亡くなったときにやるべき10のこと|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 用語説明・豆知識 > 親が亡くなったときにやるべき10のこと

親が亡くなったときにやるべき10のこと

親が亡くなったら、悲しいと思う間もなくやらなければならないことが押し寄せてきます。葬儀はもちろんお墓のことや死後の法要、そして相続の他にもやるべき手続きがたくさんあり、半年から1年の間は気が休まらないほどです。ここでは、親が亡くなったときにやるべきことを順を追って解説します。

親が亡くなったときの手続き


親が亡くなったらやること1:葬儀の手配

親が亡くなった際、病院で死亡が確認された場合は何日間も遺体を霊安室に置いておくことはできないため、自宅や葬儀社の安置室などへ搬送しなければなりません。そのため、まずは葬儀会社への連絡が必要となります。突然のことでどこの葬儀社へ連絡して良いのか判断できなくない場合は病院が提携している葬儀社を紹介してもらうのも手です。

遺体が運ばれると、葬儀に向けた相談が始まります。一般的な葬儀であれば、逝去から通夜、葬儀、火葬に至るまで5日から1週間ほどのが見込まれます。また、人が亡くなると死亡届を1週間以内に市区町村役場へ提出しなければなりませんが、多くは打ち合わせの流れの中で葬儀社の担当員が代行して行ってくれます。

 

親が亡くなったらやること2:エンディングノートの確認

親はエンディングノートを残しているかもしれません。エンディングノートとは、自らのもしもの時のために残しておくノートで、葬儀やお墓、相続についての希望を書き込むものです。遺言書と違い法的な有効性はないものの、自由に希望を書き込めます。できれば、葬儀の手配を行うのと並行してエンディングノートを探したいものです。葬儀をした後にエンディングノートが見つかってしまったら、故人の希望がかなえられなくなってしまいます。

 

親が亡くなったらやること3:遺言書の確認

エンディングノートと同様に、親は亡くなる前に遺言書を書き残していることもあります。葬儀の手配をしている間に、仏壇の引き出しやいつも使っている机の中などを探しましょう。ただし、見つけた遺言書は勝手に開けてしまうのではなく、家庭裁判所から検認の手続きをしてもらわなければなりません。検認には相続人全員の戸籍謄本などが必要になるため時間がかかり、相続開始が遅くなってしまう恐れがあります。遺言書は早く見つけるに越したことはありません。可能であれば親が亡くなる前に、遺言書の場所を聞き出しておくことも良いでしょう。なお、遺言書が公正証書であれば検認は不要で、すぐに確認することができます。

 

親が亡くなったらやること4:生命保険金の請求

亡くなった親が生命保険に加入している場合、手が空いた時間帯に保険会社へ請求の相談をしましょう。ただし、保険金を受け取るには、保険金受取人となっている本人が保険会社に連絡をする必要があるので事前に受取人の確認をしておきましょう。

 

親が亡くなったらやること5:親族に相続の相談

「葬儀後すぐにお金の相談なんて…」と思いがちですが、親族が揃っているうちに相続の流れについてだけでも相談しておきましょう。相続に期限はありませんが、相続にまつわる法的手続きにはいくつか期限のあるものも存在します。相続の放棄は3ヶ月以内、故人が自営業者などだった場合の準確定申告は4ヶ月以内、相続税の申告と納税は10ヶ月以内です。遅くとも3ヶ月目までには故人の財産を全て洗い出し、遺言を把握していなければなりません。四十九日までに資料を揃えて相談するなどと、事前に打ち合わせておくことが大切です

 

親が亡くなったらやること6:役所手続きと申請すべき給付金の確認

相続について話し合い

葬儀が終わると、故人の保険証の返還や年金受給停止の手続きをしたりと、何かと役所手続きが発生します。また、加入していた保険や年金により、葬儀や埋葬の補助金として支給されるお金もあります。給付金の種類は加入していた保険や故人との関係によって違いますので、必ず一度は市区町村役場や年金事務所へ相談するのがよいでしょう。

 

 

親が亡くなったらやること7:各種ライフラインの停止や名義変更

親が亡くなった時、親が1人暮らしだった、または長く施設暮らしをしていて空き家と化していた場合は、電気やガス、水道の供給停止手続きをしておかなければ基本料金をずっと支払うことになってしまいます。同居家族がいる場合でも、各種引き落としが故人の口座になっている場合、早々に別の口座から支払うようにしなければ、ライフラインがストップしてしまいます。家族が滞りなく暮らせるよう、環境を整えましょう。

 

親が亡くなったらやること8:お墓の手配

四十九日に納骨法要をすることが決まったら、お墓の手配もしなければなりません。しかし、葬儀後にお墓を探し始めた場合は、四十九日までにお墓を完成させるのは難しいでしょう。お墓は高い買い物であるため、じっくり検討して納得のお墓を買えるよう、できる限り生前に買い求めておくのがおすすめです。もしも間に合わなかった際は、納骨は一周忌に行うなど、ゆったりとした日程を組む方が慌てずに済むでしょう。

 

親が亡くなったらやること9:四十九日の準備

葬儀が終わればすぐに、四十九日の法要の準備が始まります。できれば日時と場所だけは葬儀の際に僧侶と打ち合わせて、親族に告知しておきたいものです。四十九日の法要は、開催の1ヶ月前までに親族らへ通知を送り、参加・不参加の連絡を受けます。人数が定まったら、会食会場と料理の数や内容について打ち合わせをしましょう。

 

親が亡くなったらやること10:香典返しの準備

葬儀時にひとまずの即返しを終えたとしても、香典の金額に見合ったお返しができているとは限りません。「香典返しは半返し」といわれ、多額の香典をいただいたなら、追加で半額相当になるようなお返しの品を送るのがマナーとなっています。追加の香典返しは、四十九日を目途に送るものとされています。当てはまる人をリストアップし、誰に何を送るかを早いうちに決め、発注を済ませましょう。

 

以上、親が亡くなったときにやるべきことをお伝えしました。量がありますが、リストアップして一つひとつクリアしていくのが最も有効です。喪主は忙しい盛りであることが多いですから、なるべく専門家の力を借りましょう。各種手続きや相続関係なら行政書士や弁護士、葬儀・法要関係なら葬儀を行う会社の葬祭ディレクター(葬祭プランナー)、お墓のことならお墓ディレクターなどが、頼もしい相棒の役割を果たしてくれるはずです。

 

当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬・自然葬・永代供養墓を解説


あわせて読みたい

蓮の花

仏教の宗派による教えの違い

仏教の宗派には代表的なものでも13宗派も種類があるとされています。日本に伝わるまでの長い年月のあいだに、釈尊(仏陀)の教えは弟子によってさまざまな解釈をされ、多くの経典が生まれています。その経典の解釈によって、日本ではいろいろな宗派が創出され現在に至っています。

法事,法要

法事と法要との違いとは?仏教行事について詳しく知ろう

法事という言葉を聞けば、多くの人は死者を供養するための仏教行事だと考えるでしょう。では、「法事」と「法要」の違いはわかるでしょうか。似たような言葉ですが、法事と法要は微妙に意味が異なるのです。2つの違いを理解し、仏教行事についてより詳しく知っておきましょう。

樹木葬墓地は生前購入した方がお得?お墓と相続税について

樹木葬や納骨堂など、お墓はその形態を問わず人とは切ってもきれない関係にあるものです。核家族化が進み夫婦単位で暮らす方々が増えている現代では、先祖代々のお墓に入らずに、新たにお墓を用意する傾向が高まっています。そうなると、お墓を用意するのは誰なのかによって、相続税の負担についても違いが生じます。ここでは、お墓と相続税の関係について詳しく紹介します。

お墓ディレクター

お墓ディレクターとは?何を相談できてどんな知識がある?

既に自分が入るお墓の準備をされている人はいますか?まだ先の事で考えていない人、先祖代々のお墓に入る予定の人、ちょうど今現在お墓を立てる計画をしている人、など様々でしょう。もし、お墓の購入などに迷われている人がいればお墓ディレクターに相談してみるの一つの手です。このお墓ディレクターとはなにか、何を相談できるのか、誰がなれるのか、などついて解説します。

お正月のお寺の行事、大般若会って?

お正月になると、「大般若会」と書かれたのぼりが、さまざまなお寺の門にはためき出します。「のぼりを見かけたことはあるけれど、あれはどんな行事なの?」「お寺から大般若会のお知らせが来たけれど、行かなければいけないの?」と疑問に思っている人もいることでしょう。お寺の行事である大般若会について解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ