MENU

樹木葬のタイプ別メリットとデメリット|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 樹木葬とは > 樹木葬のタイプ別メリットとデメリット

樹木葬のタイプ別メリットとデメリット

樹木葬にはさまざまなタイプがあります。それぞれのメリットとデメリットを知ることが、自分の希望にピッタリの樹木葬墓地を見つける最大のヒントです。しっかり下調べしておけば、いざ訪れてみてから「イメージと違う」と嘆くことはないでしょう。ここでは樹木葬のタイプ別メリットとデメリットを紹介します。

樹木葬を眺める女性


樹木葬は大きく分けて3タイプ

樹木葬には、大きく分けて以下の3つのタイプがあります。

  1. ガーデニング型
  2. 公園型
  3. 里山型

ガーデニング型樹木葬は、都心にあるこぢんまりとした樹木葬霊園を指します。多くはきちんと手入れされた庭園のように、ふんだんな花と緑に囲まれていることが特徴ですが、規模が小さいため大きな樹木などが植えられることはあまりありません。公園型樹木葬は、都心から少し離れており、かつ大規模な樹木葬霊園を指します。芝生などを使って整備されていることが多く、見晴らしがよいことが特徴です。そして里山型樹木葬は、整備を最小限に抑え自然の景観を活かした樹木葬霊園を指します。一見して霊園であるとはわからないことが特徴といえるでしょう。

 

樹木葬のメリットとデメリット:ガーデニング型樹木葬

都心に近いガーデニング型樹木葬のメリットは、なんといってもお参りするのが楽なことです。駅近であることが多いため、子世代が車を運転できないような歳になってもスムーズにお参りできます。なお、小規模のため墓地というよりは美しい庭のように工夫を凝らしているところが多く、とくにイングリッシュガーデンを模した樹木葬霊園などは、女性に人気があります。デメリットは、郊外の墓地に比べて価格帯が高めなことです。また都市部の一画にあるため、周囲の景観がすこぶる良いというケースは珍しくなります。さらに、ガーデン型とうたっていても樹木葬墓地ではないことがあり、理想の案件を探しにくいこともデメリットといえるでしょう。樹木葬とは、墓石ではなく樹木を墓標とするお墓のことです。見栄えがガーデン風であるだけで、墓標が一般的な墓石であることも多いので気をつけましょう。

 

樹木葬のメリットとデメリット:公園型樹木葬

郊外にある広い公園型樹木葬のメリットは、ガーデニング型よりも比較的値段が安めなことです。見晴らしがよく明るい雰囲気で、お墓参りのみならず散策していて気持ちが良いことも挙げられます。それでいて、里山型とは違いきちんと整備されているため、休憩所や洗面所が備えられていて安心感があることも、メリットの一つでしょう。デメリットは、都心の家から少し離れてしまい、アクセスが良いとは断言できないことです。最寄駅からバスは出ているか、タクシーを使うと幾らになるかなど、交通事情に注目しましょう。実際はどのような経路になるのか、一度は家族と見学に行くのがおすすめです。なお、霊園に着いてから、自分たちのお墓にたどり着くまでも大変かもしれません。家族に足が悪い人がいるならなおさら、バリアフリーは徹底しているか、入り口付近の墓地に空きがあるかなどを確認しておきましょう。

 

樹木葬のメリットとデメリット:里山型樹木葬

自然をそのまま活かし、霊園としての整備は最小限に抑えた里山型樹木葬のメリットは、なにより自然に優しいことです。墓地として登録すれば、その里山は半永久的に他の開発者に渡されることなく、また最小限の整備にすれば自然はそのまま守られます。このため、自然保護に参加できているという実感を味わうことができるでしょう。また、必ず自然に還れることも魅力です。ガーデニング型や公園型の場合、骨壺に遺骨を入れたまま納骨する霊園もあります。より自然志向が強い場合は、土中へ直に、またはサラシなどの袋に入れて納骨する里山型がおすすめです。デメリットは、アクセスが悪い場合が多いことです。里山のため、駅から車を使って何キロも走らなければならない霊園が多いでしょう。なお、ところによっては休憩所や洗面所が設けられていないこともあり、不便さは否めません。

 

樹木葬の選び方 実際に見学へ行き希望の樹木葬を見極めよう

樹木葬が自分の希望に合っているか否かは、見学に行ってみないとわかりません。ホームページやチラシにある写真と、実際に見るのとでは、かなりイメージが違うということが多いためです。ホームページで見ているだけではわからなかった新たな魅力を発見するということもあり得ます。将来お参りに行くことになる子世代と、一緒に見学へ行くのが理想です。ぜひ、足を運び自分の目で見て確かめましょう。

 

また、当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。樹木葬辞典|樹木葬・自然葬・永代供養墓を解説


あわせて読みたい

樹木葬に納骨するまでの流れ、納骨のタイミング

樹木葬は、最近話題になっている比較的新しいお墓の種類です。しかしどこでもお骨を埋葬して良いのではなく、きちんと許可を得た土地にのみ埋葬することが出来ます。自然が好きな方に人気の供養の形です。この樹木葬の納骨するまでの流れを見ていきましょう。

樹木葬が安い理由

樹木葬は本当に費用を抑えられるの?安い理由と注意点

樹木葬にかかる費用は、管理している霊園や墓地により価格差はありますが、相場は10〜90万円です。一方で通常の石のお墓の場合は、150〜300万円が相場です。なぜ樹木葬は費用が安いのか、どんな条件によって費用は変わってくるのかについて、注意点も交えながら紹介します。

樹木葬と樹林墓地、違いは埋葬方法にある?

自然や緑に囲まれたいという、自然派を好む方々に人気の樹木葬。ところがなかには「樹林墓地」という言葉を目にすることも多いと思います。名前は似ていますが、樹木葬と樹林墓地にどんな違いがあるのか、詳しく紹介します。

樹木葬と従来のお墓の違い、それぞれの特徴をご紹介

樹木葬という形式が、今注目を浴びています。「樹木葬に興味があるけれど、従来のお墓と何が違うの?」「従来のお墓との違いを知らずに樹木葬にして、理想の形と違ったら怖い……」という人のために、樹木葬と従来のお墓、それぞれの特徴をご紹介します。

樹木葬のデメリット

樹木葬のデメリットについて

近年新しい遺骨の供養の方法として注目を浴びているのが「樹木葬」です。墓石の建立をしないということで、費用面でも環境面でも負担が少ないというメリットがありますが、反面慣れない方法ということで心情的に戸惑いを覚えたり、トラブルが起きたりすることもあるようです。ここではあまり触れられていない樹木葬のデメリットについて紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ