MENU

樹木葬のタイプ別メリットとデメリット|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 樹木葬とは > 樹木葬のタイプ別メリットとデメリット

樹木葬のタイプ別メリットとデメリット

樹木葬にはさまざまなタイプがあります。それぞれのメリットとデメリットを知ることが、自分の希望にピッタリの樹木葬墓地を見つける最大のヒントです。しっかり下調べしておけば、いざ訪れてみてから「イメージと違う」と嘆くことはないでしょう。ここでは樹木葬のタイプ別メリットとデメリットを紹介します。

樹木葬を眺める女性


樹木葬は大きく分けて3タイプ

樹木葬には、大きく分けて以下の3つのタイプがあります。

  1. ガーデニング型
  2. 公園型
  3. 里山型

ガーデニング型樹木葬は、都心にあるこぢんまりとした樹木葬霊園を指します。多くはきちんと手入れされた庭園のように、ふんだんな花と緑に囲まれていることが特徴ですが、規模が小さいため大きな樹木などが植えられることはあまりありません。公園型樹木葬は、都心から少し離れており、かつ大規模な樹木葬霊園を指します。芝生などを使って整備されていることが多く、見晴らしがよいことが特徴です。そして里山型樹木葬は、整備を最小限に抑え自然の景観を活かした樹木葬霊園を指します。一見して霊園であるとはわからないことが特徴といえるでしょう。

 

樹木葬のメリットとデメリット:ガーデニング型樹木葬

都心に近いガーデニング型樹木葬のメリットは、なんといってもお参りするのが楽なことです。駅近であることが多いため、子世代が車を運転できないような歳になってもスムーズにお参りできます。なお、小規模のため墓地というよりは美しい庭のように工夫を凝らしているところが多く、とくにイングリッシュガーデンを模した樹木葬霊園などは、女性に人気があります。デメリットは、郊外の墓地に比べて価格帯が高めなことです。また都市部の一画にあるため、周囲の景観がすこぶる良いというケースは珍しくなります。さらに、ガーデン型とうたっていても樹木葬墓地ではないことがあり、理想の案件を探しにくいこともデメリットといえるでしょう。樹木葬とは、墓石ではなく樹木を墓標とするお墓のことです。見栄えがガーデン風であるだけで、墓標が一般的な墓石であることも多いので気をつけましょう。

 

樹木葬のメリットとデメリット:公園型樹木葬

郊外にある広い公園型樹木葬のメリットは、ガーデニング型よりも比較的値段が安めなことです。見晴らしがよく明るい雰囲気で、お墓参りのみならず散策していて気持ちが良いことも挙げられます。それでいて、里山型とは違いきちんと整備されているため、休憩所や洗面所が備えられていて安心感があることも、メリットの一つでしょう。デメリットは、都心の家から少し離れてしまい、アクセスが良いとは断言できないことです。最寄駅からバスは出ているか、タクシーを使うと幾らになるかなど、交通事情に注目しましょう。実際はどのような経路になるのか、一度は家族と見学に行くのがおすすめです。なお、霊園に着いてから、自分たちのお墓にたどり着くまでも大変かもしれません。家族に足が悪い人がいるならなおさら、バリアフリーは徹底しているか、入り口付近の墓地に空きがあるかなどを確認しておきましょう。

 

樹木葬のメリットとデメリット:里山型樹木葬

自然をそのまま活かし、霊園としての整備は最小限に抑えた里山型樹木葬のメリットは、なにより自然に優しいことです。墓地として登録すれば、その里山は半永久的に他の開発者に渡されることなく、また最小限の整備にすれば自然はそのまま守られます。このため、自然保護に参加できているという実感を味わうことができるでしょう。また、必ず自然に還れることも魅力です。ガーデニング型や公園型の場合、骨壺に遺骨を入れたまま納骨する霊園もあります。より自然志向が強い場合は、土中へ直に、またはサラシなどの袋に入れて納骨する里山型がおすすめです。デメリットは、アクセスが悪い場合が多いことです。里山のため、駅から車を使って何キロも走らなければならない霊園が多いでしょう。なお、ところによっては休憩所や洗面所が設けられていないこともあり、不便さは否めません。

 

樹木葬の選び方 実際に見学へ行き希望の樹木葬を見極めよう

樹木葬が自分の希望に合っているか否かは、見学に行ってみないとわかりません。ホームページやチラシにある写真と、実際に見るのとでは、かなりイメージが違うということが多いためです。ホームページで見ているだけではわからなかった新たな魅力を発見するということもあり得ます。将来お参りに行くことになる子世代と、一緒に見学へ行くのが理想です。ぜひ、足を運び自分の目で見て確かめましょう。

 

また、当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。樹木葬辞典|樹木葬・自然葬・永代供養墓を解説


あわせて読みたい

里山再生,樹木葬

樹木葬墓地で里山再生!樹木葬が環境保全に果たす役割

樹木葬は、管理の必要がなく後継者がいなくてもよい埋葬形態として注目されています。しかし、樹木葬のメリットは管理の負担減だけではありません。樹木を墓標に代わりにするという性質上、環境保全にも役立つのです。特にお墓の管理に困っていない人でも、樹木葬に切り替える価値はあるといえます。ここでは、樹木葬が環境保全に果たす役割について解説します。

樹木葬には合葬墓と個人墓の2種類がある

墓石のかわりに、樹木を墓標として立てる樹木葬は、新しいお墓のスタイルとして人気を呼んでいます。この樹木葬には、合葬墓と個人墓との2種類があることをご存じでしょうか。それぞれの特徴とメリット、共通のデメリットを紹介します。

ドイツ,森のお墓,樹木葬

森のお墓とは何か?注目されるドイツ版樹木葬

森のお墓という埋葬形態が、近年注目を集めています。これはドイツやスイスなどで行われている方法で、日本でも広まりつつある樹木葬とはまた違った埋葬の形です。墓地にする土地の不足や、お墓の継承者の不在といった問題を解決できるため、少子高齢化が進む日本でも導入する動きがあります。ここでは、「ドイツ版樹木葬」ともいうべき森のお墓についてまとめました。

樹木葬のイメージ

樹木葬のお墓はどう選ぶ?6つのポイントを徹底解説

樹木葬と呼ばれる、墓石ではなく樹木を墓標とする新しい埋葬形態が注目を集めています。自然回帰のイメージと、基本的に宗教不問で継承者を必要としないことから、現代のニーズに合った墓の形として人気が高まってきたようです。樹木葬はどんな視点で選べばよいか、そのポイントを伝えていきます。

世界の樹木葬

樹木葬は世界でも注目されている!樹木葬先進国の特長

日本で樹木葬が始まったのは岩手県一関市で1999年に里山を墓地とし、土に直接遺骨を埋葬を行ったことがきっかけで広まりました。そして実は、それとほぼ時期を同じくして世界中でも樹木葬が広がり始めたといわれているのです。樹木葬の広がりは自然発生的で、一つの国から伝播したわけではないと考えられています。ここでは、世界の樹木葬事情について触れていきます。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ