MENU

樹木葬に納骨するまでの流れ、納骨のタイミング|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 樹木葬とは > 樹木葬に納骨するまでの流れ、納骨のタイミング

樹木葬に納骨するまでの流れ、納骨のタイミング

樹木葬は、最近話題になっている比較的新しいお墓の種類です。しかしどこでもお骨を埋葬して良いのではなく、きちんと許可を得た土地にのみ埋葬することが出来ます。自然が好きな方に人気の供養の形です。この樹木葬の納骨するまでの流れを見ていきましょう。


樹木葬を購入するまでの一般的な手続き

注目度の高い樹木葬ですが、従来の石で建てるお墓と違い複雑な手続きが必要なのでは?と考える方もいらっしゃるかと思います。しかし、場所さえ決まってしまえば案外タイトなスケジュールでも購入することは可能です。自分で植えた樹木が良いなど、こだわりたい方はゆったりとしたスケジュールで購入までの手続きを進める必要がありますが、既に申し込みたい墓地が決まっている人は、すぐにでも手続きが可能です。

樹木葬の申し込みをする

遺骨を収めておきたい樹木葬の区画や場所が決まったら、お寺や施設で申し込みを行います。生前購入できるところがほとんどですが、人気の高い都立小平霊園といった公営墓地などでは抽選や順番待ちとなっている場合もありますので、申し込みの締め切り日などがないか、申し込み制限がないかなど事前に調べましょう。また、契約の際には本人確認書類や使用許可申請書など、場所により提出書類が異なりますので、必ず確認して不備のないするとスムーズです。施設によっては、ホームページや一覧表にわかりやすくまとめたパンフレットなどを用意している場合もありますので、担当の方に聞いてみると良いでしょう。

墓地の使用料を支払う

抽選や順番待ちが必要なければ、申し込みと同時に使用料を先支払いすることも珍しくありません。支払った際には必ず、領収書や使用許可証などが渡されますので紛失しないよう大事に保管して下さい。

 

樹木葬に納骨するタイミング

樹木葬に限らずどのようなお墓の種類でも、いつまでに納骨しなければいけないという法律は現在の日本にはありません。火葬後すぐに納骨されるという場合も少なくありません。しかし、故人とゆっくりお別れをしたいと考える方も多く、いつ納骨するか悩まれる方も多いようです。以下に様々な種類の宗教での節目の時期をまとめてみましたので、納骨のタイミングに悩まれている方は参考にしてみて下さい。

仏教の場合

仏教では故人が亡くなってから四十九日が過ぎるタイミングが忌明け(きあけ)とされるため、それを期に納骨される方が多いようです。その他、初七日や祥月命日、一周忌や三回忌などを区切りとすることもあるようです。

キリスト教の場合

プロテスタントでは、亡くなった一か月後に行う昇天記念日、カトリックでは一か月後の命日に行われる追悼ミサの日を目途に納骨される方が多いようです。

神道、神式の場合

神道では、五十日霊祭の日を目途に納骨される方が多いようです。五十日霊祭りの他に、十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、百日祭などがあるようです。

主な宗教では上記のようになっていますが、あくまでも目安です。習わしにとらわれず、故人との思い出を思い返したり、気持ちの整理がついた時に納骨するのが望ましいでしょう。

 

樹木葬に納骨をするまでの手順

納骨式の日程を決める

どなたかが亡くなった際には、その施設に事前に連絡を入れてお互いに都合の良い日時で予約を入れます。もし既に購入している樹木葬墓地に事前に予約をしないで突然行っても、納骨できないことがほとんどですので、忙しい最中ですが忘れずに連絡しましょう。

納骨式を迎える

誰かが亡くなったとき、医師に記入してもらった診断書を一緒に役所に死亡届を提出しなければなりません。その後役所から火葬許可証と埋葬許可証が発行されます。役所によって少し違いがある場合もあるそうですが、火葬後、火葬許可証に判を押したものが埋葬許可証になることもあります。樹木葬に納骨をする日には、埋葬許可証を持って遺骨を納める場所に向かいます。そして納骨後、埋葬許可証は施設で保管するのか、自分たちで保管するのか必ず確認を取って、紛失しないようにしておきます。

その他、戒名や俗名を彫刻する必要があれば、彫刻の依頼をいなければいけません。しかし納骨するまでの流れや手続きは、ほかのお墓と何ら変わりがありません。不安なことがあれば、必ず管理者の方に相談し不明点をなくすことが一番です。不明点を残したままだと、いざという時に故人とのお別れがゆっくり出来なかったり、後悔する結果になりかねませんのでしっかり確認しておきましょう

 

当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬・自然葬・永代供養墓を解説


あわせて読みたい

世界の樹木葬

樹木葬は世界でも注目されている!樹木葬先進国の特長

日本で樹木葬が始まったのは岩手県一関市で1999年に里山を墓地とし、土に直接遺骨を埋葬を行ったことがきっかけで広まりました。そして実は、それとほぼ時期を同じくして世界中でも樹木葬が広がり始めたといわれているのです。樹木葬の広がりは自然発生的で、一つの国から伝播したわけではないと考えられています。ここでは、世界の樹木葬事情について触れていきます。

樹木葬の生前購入

樹木葬の購入は65歳ごろから考え始めよう

樹木葬は近年話題のお墓のかたちであり、特に樹木葬は一代限りの永代供養であることが多い為、生前に購入される人が目立っています。ご本人や子孫たちのライフステージにもよりますが、65歳位までにはお墓を準備してもよいかもしれません。

樹木葬と納骨堂の比較

樹木葬のメリット|樹木葬と納骨堂の比較

樹木葬と納骨堂は、どちらも永代供養の一種です。しかし埋葬場所や形式がそれぞれ少しずつ異なります。ここでは樹木葬と納骨堂の違いについて掘り下げていきます。

樹木葬と散骨の違い

樹木葬と散骨の違いとは?

遺骨を自然に還す方法として、樹木葬や散骨が注目されています。ただし、樹木葬と散骨はイメージは似ているものの、その葬送の方法は根本から違うものになります。違いをきちんと踏まえて、本当に自分に合った弔い方を選びましょう。

樹木葬とは?樹木葬の基本情報から散骨との違いまで

樹木葬とは?基本情報から散骨との違いまで

近年、埋葬方法は多様化し、様々な方法がとられています。その内の一つとして、樹木葬があります。樹木葬とは、遺骨を地中に埋葬し、その上に墓石ではなく苗木を植える埋葬の事をいいます。樹木葬は、里山の自然の中で一体化できる里山型と、主に墓地内のシンボルツリー等の下に合同で埋葬する形式の公園型などの種類があり、「自然に還る」といった自然葬の一つとして、注目を浴びている埋葬方法です。では、そんな「樹木葬」について学んでいきましょう。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ