MENU

樹木葬のお墓はどう選ぶ?6つのポイントを徹底解説|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 樹木葬とは > 樹木葬のお墓はどう選ぶ?6つのポイントを徹底解説

樹木葬のお墓はどう選ぶ?6つのポイントを徹底解説

樹木葬と呼ばれる、墓石ではなく樹木を墓標とする新しい埋葬形態が注目を集めています。自然回帰のイメージと、基本的に宗教不問で継承者を必要としないことから、現代のニーズに合った墓の形として人気が高まってきたようです。樹木葬はどんな視点で選べばよいか、そのポイントを伝えていきます。

樹木葬のイメージ


樹木葬墓地を選ぶポイント1:自分の理想のイメージとぴったり合っているか

樹木葬と一口にいっても、様々なタイプがあります。思い描いている理想のお墓のイメージを、まずははっきりさせましょう。例えば、「墓石のお墓よりも安いから、樹木葬が良い」と思っていたとしたら、他の弔い方についてもよく価格を調べる必要があります。なぜなら、墓石のお墓でもはじめから他の人の遺骨と合同で埋葬される合祀墓など、費用をかなり抑えられるものもあるためです。他にも、業者に委託したうえで合同散骨となる委託合同散骨など、価格を抑えた弔い方はいろいろと考えられます。このように、遺骨の弔い方を考えるうえで自分が何を一番大事にしているかを明確にすれば、納得のお墓探しへの近道となるでしょう。

 

樹木葬墓地を選ぶポイント2:里山型か公園型か、ガーデニング型か

樹木葬の選び方

樹木葬には大別して以下3つのタイプがあります。

  • 里山型
  • 公園型
  • ガーデニング型

里山型は、その多くが一見して墓地であるとはわからない野山です。管理者に「自然を守りたい」という意思がとくに強いと、記念樹を植えるだけで、どこに誰が眠っているかの目印となるプレートを埋めることができないところもあります。とくに自然志向が強い人に向いているといえるでしょう。一方、公園型は、墓地として造成されている郊外の広い霊園に眠るもので、多くは刻銘されたプレートを目印にお参りします。ガーデニング型は都心部に多いこじんまりとした樹木葬霊園で、アクセスがいいぶん若干値段が高めです。どれにするのが理想的か、まずは漠然とでも決めておきましょう。

 

樹木葬墓地を選ぶポイント3:継承者不要の墓か、継承させたいか

樹木葬はほとんどが継承者不要の永代供養墓ですが、継承できるものもあります。素敵な樹木葬霊園を見つけたら、継承者が必要なのか不要なのかをチェックしましょう。また、自分の希望ばかりではなく、継承するか否かについては子どもたちに尋ねることも必要です。どちらとも決めかねるときには「基本的には継承者の必要がないが、継承することもできる」という柔軟な対応をしてくれる霊園もあります。

 

樹木葬墓地を選ぶポイント4:宗教不問か、希望の宗教があるか

樹木葬霊園は宗教・宗派が問われないところが多いですが、寺院墓地の一画に樹木葬墓地が作られているような場所では、檀家もしくはその寺の信徒や門徒になることを条件にされる場合があります。そのため、寺院墓地では宗教フリーを望む人は遠慮したほうが良いでしょう。ただし、「樹木葬の場合に限り、宗教不問とする」「檀家にはできればなってもらいたいが、状況による」という柔軟な考えの住職もいます。気になる樹木葬墓地を持っている寺院があったら、直接いろいろと質問してみるのが良いでしょう。

 

樹木葬墓地を選ぶポイント5:どんな木を植えられるか

樹木葬といえば、「自分の好きな木を墓標として植えることができる」というイメージがある人もいることでしょう。しかし実際には、数種類の中から選んだり、すでに植えてある木を墓標にしたりと、樹木の選択が全くの自由ではない樹木葬墓地が多いものです。造園のことを考えたときに見栄えが良い、その土地に合った樹木であるといった要素も大事にしなければならないからです。特に、土地に合わない樹木を植えて枯れさせてしまったら大変です。樹木葬霊園を選ぶ際には、どんな木を植えることができるか、もしくはすでに植えられている木は自分の好みに合うかどうかを調べてみましょう。

 

樹木葬墓地を選ぶポイント6:埋葬は個別か、合同か

樹木葬は、1人につき1つずつ墓地を設け、1本の木を植えるタイプもあれば、1本の大樹の周りに何十かの遺骨を埋葬するタイプもあります。樹木葬といえどもお墓の形を大事にしたいと思う人は、個別の樹木葬を選ぶ必要があります。一方、みんなで寄り添って眠る方が寂しくない、またはより安価な方が良いと考える人は、大樹の周りに大勢で眠るタイプがいいでしょう。合同といっても、どこに誰が眠っているのかプレートで示されることが多いため、お墓参りに来る人が迷う心配はありません。どちらが良いかは、実際に見学して確かめてから決めたほうがいいでしょう。

 

ここまで樹木葬墓地をどのような観点で選べばいいか、そのポイント6つを紹介しました。樹木葬墓地を検討する際には上記のポイントを踏まえ、どんな墓地の形態が良いかの希望をある程度固め、実際に墓地の様子や環境を見て決めていくのが良いでしょう。また、当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。樹木葬辞典|樹木葬・自然葬・永代供養墓を解説


あわせて読みたい

樹木葬と納骨堂の比較

樹木葬のメリット|樹木葬と納骨堂の比較

樹木葬と納骨堂は、どちらも永代供養の一種です。しかし埋葬場所や形式がそれぞれ少しずつ異なります。ここでは樹木葬と納骨堂の違いについて掘り下げていきます。

樹木葬に反対

樹木葬は親類や家族から反対される?その理由と対処法

近年注目を浴びている樹木葬ですが、家族や親類縁者から樹木葬は弔いの場としてふさわしくないという意見が多く、親族間のトラブルに発展するといったケースがあるようです。なぜ樹木葬は身内から反対されてしまうのでしょうか?樹木葬の反対される理由、逆に賛同される点や注意点等を紹介していきます。

樹木葬を眺める女性

樹木葬のタイプ別メリットとデメリット

樹木葬にはさまざまなタイプがあります。それぞれのメリットとデメリットを知ることが、自分の希望にピッタリの樹木葬墓地を見つける最大のヒントです。しっかり下調べしておけば、いざ訪れてみてから「イメージと違う」と嘆くことはないでしょう。ここでは樹木葬のタイプ別メリットとデメリットを紹介します。

樹木葬とは?樹木葬の基本情報から散骨との違いまで

樹木葬とは?基本情報から散骨との違いまで

近年、埋葬方法は多様化し、様々な方法がとられています。その内の一つとして、樹木葬があります。樹木葬とは、遺骨を地中に埋葬し、その上に墓石ではなく苗木を植える埋葬の事をいいます。樹木葬は、里山の自然の中で一体化できる里山型と、主に墓地内のシンボルツリー等の下に合同で埋葬する形式の公園型などの種類があり、「自然に還る」といった自然葬の一つとして、注目を浴びている埋葬方法です。では、そんな「樹木葬」について学んでいきましょう。

樹木葬と従来のお墓の違い、それぞれの特徴をご紹介

樹木葬という形式が、今注目を浴びています。「樹木葬に興味があるけれど、従来のお墓と何が違うの?」「従来のお墓との違いを知らずに樹木葬にして、理想の形と違ったら怖い……」という人のために、樹木葬と従来のお墓、それぞれの特徴をご紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ