MENU

樹木葬は親類や家族から反対される?その理由と対処法|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 樹木葬とは > 樹木葬は親類や家族から反対される?その理由と対処法

樹木葬は親類や家族から反対される?その理由と対処法

近年注目を浴びている樹木葬ですが、家族や親類縁者から樹木葬は弔いの場としてふさわしくないという意見が多く、親族間のトラブルに発展するといったケースがあるようです。なぜ樹木葬は身内から反対されてしまうのでしょうか?樹木葬の反対される理由、逆に賛同される点や注意点等を紹介していきます。

樹木葬に反対


樹木葬とは?

樹木葬とは、墓地・埋葬法により許可を得た場所に遺骨を埋め、樹木を植えて墓標とするお墓の事を言います。「自然に還る」ことを目的とした葬送方法から自然葬の一つとされることもあり、自然志向の人に注目を浴びているお墓です。しかしながら、ここ数年で人気が出てきているとはいえ、一般的な認知度が高いとは言えません。また、従来のお墓とは見た目や埋葬方法が大きく違うため、家族や親戚からの賛同を得られない場合は多いようです。

 

樹木葬のデメリットとは

まず、人気の樹木葬にもデメリットといえる部分がいくつかあります。こちらを紹介していきます。

返骨ができない

樹木葬は、自然に還るといった埋葬方法の1つなので、何らかの理由で改葬を迫られた場合でも、返骨することはできません。

都心から離れている

特に広大な敷地面積が必要な里山型の樹木葬墓地は、地方に多く利便性が悪い所にある。

 

樹木葬が反対される理由

樹木葬のような埋葬法は、故人が望んでいても、前項で挙げたように、親族間で反対をされる場合があります。その主な理由は以下です。

  • 外策も墓石もカロートもないので、どこに手を合わせればよいのかお墓参りに行った気がしない。
  • 里山型の場合、高齢者は登れないし、遠くていけない。
  • 従来の墓地の形が当たり前だと思っているので、そもそも考えられない。
  • 死者を粗末にしているような気がしてならない。

今まで考えてもいなかった埋葬の形の為、樹木葬と聞いただけで保守的な親族から異論や拒否反応がでてしまうようです。一部地域では昔から石のお墓のほうが一般的ではないというところもあるようですので、必ずしも反対されるというわけではありませんが、樹木葬をするにあたっては、少しでも理解が得られるように、身内や親族とよく話し合い後々トラブルにならないようにして置くことが大切です。

 

樹木葬のメリット

冒頭から、樹木葬の問題点等を指摘してきましたが、本来樹木葬が注目を浴びているのは、樹木葬ならではの時代に合った様々な良い点があるからです。

墓地の継承が不要

樹木葬は、「家墓」という代々継承していくというお墓の形とは違い独身世帯や核家族化といった時代の必要性に合った埋葬方法です。

自然環境保全に繋がる

自然志向、自然に還るといった趣旨に賛同した故人の遺志が環境保全に繋がります

費用が安い

樹木葬は墓石がいらないので、費用が安く抑えられます。費用相場は、10万円~80万円ほどです。通常の墓石を立てる墓地の場合、区画代を合わせると200万~300万位が相場です。

 

樹木葬を選んだ場合の身内親族への対処法

樹木葬が生まれてからまだ歴史は浅く、誰もが詳しく理解しているわけではありません。ここでも学びましたが、樹木葬を簡単にしか知らず、納得できないという人が多いのが現状です。そのため、まずは生前の内に周囲の人達にそれとなく話題をふり、理解を求める努力をしておく必要があります。樹木葬は、終活の中で生前の内に自ら考えて自分の埋葬方法として選ぶ場合が多いようですが、残された身内が周囲から責められることが無いように樹木葬墓地への埋葬をきちんと遺言状に書いておく事もトラブルを防ぐ対処法の一つです。

 

「樹木葬は、親類家族から反対される?」 まとめ

日本は少子高齢化といった深刻な問題を抱えています。独身世帯や、子供を作らない夫婦等、生活様式も昭和から平成にかけて変化してきています。保守的な様々な思いや考え方もありますが、継承していくというお墓のあり方について考えさせられる時が来ているのではないでしょうか。そうした時代背景の中で、樹木葬という埋葬方法がこれからも注目を浴びていくでしょう。樹木葬にした場合のデメリットをよく踏まえ、それでも樹木葬がやはり良いというときはしっかりと残された身内の負担にならないように生前の内に対処しておきましょう。

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

樹木葬が安い理由

樹木葬は本当に費用を抑えられるの?安い理由と注意点

樹木葬にかかる費用は、管理している霊園や墓地により価格差はありますが、相場は10〜90万円です。一方で通常の石のお墓の場合は、150〜300万円が相場です。なぜ樹木葬は費用が安いのか、どんな条件によって費用は変わってくるのかについて、注意点も交えながら紹介します。

樹木葬を選ぶと批判される?樹木葬と石のお墓の比較

樹木葬とは石のお墓の代わりに樹木を植えてお墓を作るという葬送方式ですが、比較的新しいタイプのお墓ということで賛否両論あるようです。伝統的な埋葬方法と比較すると良いところも、悪いところもあるでしょう。しかし、故人の埋葬については良し悪しではなくて、その人に「合っている、合っていない」の世界かもしれません。ここではそんな樹木葬の賛否について探っていきます。

樹木葬と樹林墓地、違いは埋葬方法にある?

自然や緑に囲まれたいという、自然派を好む方々に人気の樹木葬。ところがなかには「樹林墓地」という言葉を目にすることも多いと思います。名前は似ていますが、樹木葬と樹林墓地にどんな違いがあるのか、詳しく紹介します。

樹木葬のイメージで光が森に降り注いでいる

樹木葬とは?メリットと選ぶ上の注意点

近年急速に普及している樹木葬。樹木葬とは、簡単に言うと墓石を使用せず、樹木や草花に囲まれた場所に埋葬するお墓を指します。ここでは、樹木葬が人気となっているポイントや樹木葬を検討する上での注意点について紹介します。

桜葬,桜

桜葬とは?日本人の心にあった樹木葬のかたち

近年、桜葬(さくらそう)という、樹木葬の一種である埋葬(供養)方法が注目を集めているようです。日本人にとって桜というのは他の木よりも特別な存在です。そして桜に対して死や喪失をイメージする日本人も多いですよね。さらには、桜には命が宿っている、桜を切るとバチが当たる、など精霊信仰にも近い想いを抱く人も多いでしょう。そんな特別な存在である桜の木の下に死後眠る「桜葬」について、今回はご紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ