MENU

仏教の宗派による教えの違い|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 用語説明・豆知識 > 仏教の宗派による教えの違い

仏教の宗派による教えの違い

仏教の宗派には代表的なものでも13宗派も種類があるとされています。日本に伝わるまでの長い年月のあいだに、釈尊(仏陀)の教えは弟子によってさまざまな解釈をされ、多くの経典が生まれています。その経典の解釈によって、日本ではいろいろな宗派が創出され現在に至っています。

蓮の花


仏教の宗派とは経典の内容の違いによってうまれた流派のこと

 古くから多くの日本人が信仰している仏教はキリスト教やイスラム教とともに世界三大宗教といわれており、中でも仏教は最も古い宗教といわれています。仏教の起源は約2,500年前にインドで生まれ、インドから中国を経て日本へ伝来してきました。日本に伝わるまでの長い年月のあいだに、釈尊(仏陀)の教えは弟子によってさまざまな解釈をされ、多くの経典が生まれています。その経典の解釈によって、日本ではいろいろな宗派が創出され代表的なものでも13宗派も種類があります。
 樹木葬など永代供養墓を購入する際「宗教宗派は不問です」という広告文を目にすることが多いかと思います。この「宗教宗派」とは何のことかというと、宗教とは、その名の通りキリスト教・仏教・イスラム教というようにある宗教の教えの中心となる教義のことです。そして宗派とは同一宗教内で教えの捉え方などの違いから分かれた流派のことで、例えば曹洞宗や日蓮宗といったものは仏教の宗派のひとつと言えます。つまり、お寺の名称の前に書かれている「○○宗」は宗派を示しています。

 

仏教の宗派の違い

 仏教はそもそも大乗仏教と上座部仏教の2つに根本的な思想が分かれています。これは、仏教が発足した初期に仏教の教団内で思想の分裂が生じたためといわれています。そのうち日本で伝わる仏教のほとんどが大乗仏教だそうです。大乗仏教には般若経、維摩経、法華経、華厳経、大無量寿経、涅槃経、梵網経、大日経といった経典で構成されているといわれています。そのためその経典によって大乗仏教のなかでも宗派が存在するようになります。また、日本に伝わる仏教のなかには代表的な13宗派の前に、6つの系統に大別されているそうです。さすが最古の宗教といわれる仏教、歴史の分だけ奥が深いものとなっているようです。

 

仏教の宗派 | 奈良仏教(南都六宗)

奈良仏教とは奈良時代に平城京を中心に栄えた仏教の6つの宗派のことを指します。南都六宗(なんとろくしゅう)とも言われます。ただ、当時からこう呼ばれていたわけではなく、平安時代に平安京を中心に栄えた「平安二宗」と呼ばれる宗派グループに対してこのように呼ばれるようになったそうです。奈良仏教系は修行や思想について深く学ぶことが中心なため、葬式や回忌法要などは行わないそうです。現代の日本では馴染みの薄い系統かと思われます。

 

奈良仏教の宗派:法相宗(ほっそうしゅう)

  • 開祖:慈恩大師(じおんだいし)
  • 本尊:唯識曼荼羅(ゆいしきまんだら)

唯識論(ゆいしきろん)という、無常のこの世で迷える自分自身の心を深く究明してゆくといった難しい思想を元に修行を重ねていく仏教の宗派が法相宗です。長い時間をかけて修行をすることで成仏できるとしている宗派で、さまざまな修行を行うことを薦めているそうです。

 

奈良仏教の宗派:律宗(りっしゅう)

  • 開祖:鑑真
  • 本尊:盧舎那仏(るしゃなぶつ)

お経の種類である「経・律・論」のうち、律(戒律について)を中心に修行をおこなう仏教の宗派です。戒律(規律のこと)を守り実行することで成仏されるといわれています。

 

奈良仏教の宗派:華厳宗(けごんしゅう)

  • 開祖:審祥
  • 本尊:毘盧舎那仏(びるしゃなぶつ)

大乗仏教の一つである宗派のなかでも、哲学的かつ宇宙的な難解な思想を持ち修行を行う仏教の宗派です。奈良にある東大寺の大仏はこの教義を具現化したものといわれています。

 

仏教の宗派 | 密教系

密教系とは、それまでの大乗仏教の顕教(けんきょう)つまり言葉で明らかに説かれた教えとは反対に、教団に属する内部の者だけに教えを説き、教えを秘密にしていた宗派といわれています。神秘的な思想が強く、仏教の宗派が密教系と呼ばれています。

 

密教系の宗派:真言宗(しんごんしゅう)

  • 開祖:空海
  • 本尊:大日如来

人間の精神の在り方を10段階に分け、最終的に本尊である大日如来と同じレベルに達することを目標としています。

 

仏教の宗派 | 密教/法華系

法華経の教義や密教を含めた仏教のすべてを体系化する総合仏教としての教義を確立させようとした仏教の宗派の系統です。天台宗の開祖である最澄(さいちょう)も密教の思想を説きますが、最澄が考える密教と、真言宗の開祖と呼ばれる空海が考える密教はそれぞれ異なります。天台宗の密教は台密と呼ばれるため、密教と法華系の思想が融合された宗派の系統を、密教・法華系と呼んでいるそうです。

 

密教/法華系の宗派:天台宗(てんだいしゅう)

  • 開祖:最澄
  • 本尊:(定めていません)

人間は生まれながらにして利他的性質を持っており、その性質をすべての人が発揮することができれば、この世界は清らかな国(浄土)になるといった教えを説いているそうです。

 

仏教の宗派 | 法華信仰系

大乗仏教の経典のなかでも法華経を深く信仰する宗派です。法華経こそが最高の仏教と主張し「南無妙法蓮華経」とを唱えれば、救済は約束されるといった教えを説き、法華経と人の生き方を一体化させようとする思想を持ちます。

 

法華信仰系の宗派:日蓮宗

  • 開祖:日蓮
  • 本尊:お釈迦様、大曼荼羅(だいまんだら)、日蓮聖人

法華経を拠り所とし、お題目「南無妙法蓮華経」を唱えると救われると説いています。

 

仏教の宗派 | 浄土系

鎌倉時代に流行したといわれる仏教の宗派が浄土教です。これまで苦しい修行を行うことで救われると考えられてきた宗派のなかでも、修行の価値を認めないと説いた宗派です。浄土教では念仏を唱えることのみで、極楽浄土へ往生できるという教えを説いていました。言い方は悪いですが、この手軽さによって、当時浄土教は民衆に大きな影響をもたらせたそうです。

 

浄土系の宗派:浄土宗

  • 開祖:法然
  • 本尊:阿弥陀様

修行による成仏を否定し、ただ「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えることで救われるとする専修念仏(せんじゅねんぶつ)を説いています。

 

浄土系の宗派:浄土真宗

  • 開祖:親鸞
  • 本尊:阿弥陀様

浄土宗の専修念仏とは少し思想が異なります。人々は阿弥陀様の力を信じることで救われると説き、その感謝として「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えます。ちなみに浄土真宗では故人につける戒名のことを法名と呼び、信徒ではなく門徒と呼ばれます。

 

浄土系の宗派:融通念仏宗

  • 開祖:良忍
  • 本尊:十一尊天得如来

毎日念仏を唱える修行を重要視しているものの、これも浄土宗とは思想が少し違います。「一人の祈りがすべての人の為となり、すべての人の祈りは自分の為となっている」とし、「一と多」はお互いに融通の関係と説いています。

 

浄土系の宗派:時宗

  • 開祖:一遍
  • 本尊:阿弥陀様または南無阿弥陀仏の書

信仰の有無に関わらず、一回でも「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば浄土へ往生できると説く仏教の宗派です。日常生活の一瞬一瞬を臨終と考えられているそうです。

 

仏教の宗派:禅系

禅は鎌倉時代初期に中国の明庵栄西という人が伝えにきて、広まりました。主に坐禅の修行を行うことで自ら悟りをひらいていくといった仏教の宗派の一つです。経典などはないとされ、師匠から弟子へと直接言葉で教えを伝えていくことを根本としているといわれています。

 

禅系の宗派:臨済宗

  • 開祖:栄西
  • 本尊:(定めていません)

教典や教えに依存せず、坐禅と公安(仏教について思案するきっかけとなる課題)の解読によって悟りに至ると説いています。

 

禅系の宗派:曹洞宗

  • 開祖:道元
  • 本尊:お釈迦様

坐禅を修行の根幹とし、悟りを求めない修行により悟りを得ると説いています。

 

禅系の宗派:黄檗(おうばく)宗

  • 開祖:隠元
  • 本尊:お釈迦様

インゲン豆と伝えた隠元が開祖です。臨済宗と同じ修行形式をとりますが、言葉や儀式形式は明時代のものを使用しています。「南無阿弥陀仏」を「ナムオミトフ」と発音します。

 

仏教の宗派と樹木葬と宗派について

ほとんどの樹木葬は故人の宗教宗派を問いません。これを「宗教宗派不問」と言います。たとえ「○○宗□□寺」が所有している樹木葬であっても宗教宗派を問うところはほとんどないと考えて良いでしょう。もちろん無宗教でも大丈夫です。しかし、寺院で永代供養の樹木葬を購入した場合、回忌法要などの供養・法要はその寺院の宗派様式で行われます。

 

それぞれの宗派には本尊と言って信仰対象となる仏像や絵があります。この本尊はお仏壇の中央や寺院の本殿の中央に据えられています。ご家庭にお仏壇がある方はぜひ一度ご覧になってみてください。寺院管理の樹木葬では本尊は寺院指定のもの(つまり、その寺院の宗派の本尊)になります。ですので、信仰している宗派がある方で本尊を据えたい場合は同じ宗派の寺院を選ぶのが良いでしょう。

 

いずれの場合でも仏教を信仰し、信仰する宗派があり、かつ亡くなった後もその宗派にこだわりを持ちたいという方は樹木葬を選ぶときに運営者に仏教の宗派についてきちんと確認することが大切です。


あわせて読みたい

戒名,位牌

戒名の受戒から宗派による違い

戒名とは、本来、仏教において、受戒(じゅかい※入門するための戒めを受けること)によって与えられる名前です。そのため、生きている間に仏弟子となる事を志願して、戒名を授けられるというのが普通でした。やがて、亡くなった人に受戒の儀式をして戒名を与える事により、故人が仏の弟子となり、さらには仏そのものとなる事を願うようになります。これが、現代における戒名の一般的な意味です。ここでは、もう少し詳しく戒名の概要を説明するとともに、宗派それぞれの戒名の形式について紹介します。

親が亡くなったときの手続き

親が亡くなったときにやるべき10のこと

親が亡くなったら、悲しいと思う間もなくやらなければならないことが押し寄せてきます。葬儀はもちろんお墓のことや死後の法要、そして相続の他にもやるべき手続きがたくさんあり、半年から1年の間は気が休まらないほどです。ここでは、親が亡くなったときにやるべきことを順を追って解説します。

死後離婚のために結婚指輪を外す様子

死後離婚とは?夫と同じ墓に入りたくない妻

「死後離婚」という言葉がメディアを賑わせています。NHKの報道によると、死後離婚の数はこの10年で1.5倍に増えているそうで、永代供養墓の人気ともつながっているそうです。ここでは死後離婚がどういうことか、解説します。

永代供養墓

永代供養とは|供養期間や費用はどれくらい?永代使用との違いとは

永代供養とは、お墓参りや供養をする身内(縁故者)がいなくなり、無縁仏となってしまうことを避けるために、寺院などの管理機関が責任を持って永代にわたって供養することを指します。しかし最近では、将来、身内(子どもなど)に墓守りの心配や負担をかけたくないという理由から、生前に永代供養の申し込みをする方も少なくありません。永代供養の費用や期間について詳しく見ていきましょう。

戒名と法名の違い

戒名と法名の違い

戒名とは、本来仏門に入った証しとして、悟りを目指して修行に励み、戒律を守ることを誓うために仏様から授けてもらう仏弟子用の名前のことを指します。浄土真宗の場合、この戒名にあたる名前を「法名」と言います。一般的には戒名も法名もほとんど同じ意味とされていますが、実は少しずつ意味が異なります。ここではそんな戒名と法名の違いについて説明します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ