MENU

樹木葬の選び方とは?抑えておきたい樹木葬を選ぶ10のポイント|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 用語説明・豆知識 > 樹木葬の選び方とは?抑えておきたい樹木葬を選ぶ10のポイント

樹木葬の選び方とは?抑えておきたい樹木葬を選ぶ10のポイント

少し前までは、お墓といえば墓石がほとんどでしたが、現在では様々な事情から自分たちに合わせた樹木葬を選択する方が増えています。樹木葬を選ぶ際には場所、種類など多角的に見極める必要があります。

クローバー


樹木葬をおこなう墓地(寺・霊園)の選び方

樹木葬を選びとき、まずは樹木葬をおこなう墓地の場所を決めます。このとき、将来を見据えて考えなければいけない問題がたくさんあります。また、自分だけのお墓であれば自分が納得できれば問題ないですが、自分以外の人と一緒に樹木葬の場所を決める場合には、必ずお互いによく話し合って確認しましょう。

 

樹木葬の墓地の選び方(1)利便性などの立地条件

現在、駅から近いことや、車で行っても駐車場が近いことを売りにしている樹木葬も増えています。ただしそれらは、今現在の自分の状況のみで考えずに、年を重ねてからもお参りがしやすいか、お参りする方の中にご年配の方がいれば、その方もお参りがしやすいのかなどを考える必要があります。

 

樹木葬の墓地の選び方(2)宗旨・宗派の有無

お寺であれば、その宗旨や宗派での供養を行わなければなりません。また、お寺でない場合では供養してくださる住職が専属で決まっていたり、自由に選ぶことができたりと様々ですので、きちんと自分に合った宗旨や宗派で供養をしてくれる場所を探しましょう。また無宗派が可能な場所ではどのような供養を行うかきちんと話し合いましょう。

 

樹木葬の墓地の選び方(3)かかる費用

場所によって、かかる費用に違いがあります。樹木葬かかる費用は墓地使用料をはじめ、年間管理料や法要の際のお布施など様々な費用がかかります。そのため、事前によく調べて予算以内なのか、将来負担にならないかなど残された方が困らないようにしましょう。

 

樹木葬の墓地の選び方(4)周辺も含めた設備

屋外であればお手洗いや掃除用具、ごみ箱の有無など快適にお参りができるかどうかを見ましょう。屋内であれば、エレベーターの有無などもチェックしましょう。その他、周辺に葬儀会館があると便利です。コンビニなど、ちょっとした買い物ができる場所や宿泊施設もあると、遠方からいらっしゃった方はお参りの際に便利ですので、見ておきましょう。

 

樹木葬の墓地の選び方(5)管理状況や施設の整備

樹木葬の管理状況もチェックしましょう。あまり掃除が行き届いていなかったりする場合は要注意です。どのくらいの頻度でお掃除がされているのか、どこまで管理者が行ってくれるのかをきちんと確認することが大切です。また、バリアフリーの施設も増えてきていますが、極端に段差が多くないかなどもチェックしておきたい内容です。

 

樹木葬の種類の選び方

樹木葬の種類は様々ですが、そのなかでも大きくわけて3タイプに分かれます。自分はどのタイプを一番に希望し、家族はなにを望んでいるのか、お互いに納得のいくものを選ぶことがベストと言えます。

 

里山型

里山型とは、自然に最も近いかたちの樹木葬で、その名の通り手入れした山に遺骨を埋葬します。墓地によっては埋葬するたび植樹をし、自然環境の保全にも貢献しています。ただし、山深い場所に埋葬してしまえば、墓標がわかりにくく家族が参拝するにも、管理者が手入れをするのも大変になります。広い土地も必要なため、東京の都心部ではあまりないタイプです。
「死後は自然に還りたい」と願う人には、最適なタイプかと思います。

 

公園型

現在最も公園タイプの樹木葬が多く建立されています。そのため、選択肢も豊富にあるでしょう。公園タイプの樹木葬は、墓地が公園のように整備され、樹木だけでなく四季折々のお花なども植えられている場所が多いです。これまでのお墓とは形式はほとんど同じですが、いわゆる墓石のみがないといった場所になります。利便性も高い場所にありますので、参拝する人に迷惑をかけたくない、安心して管理を任せたいと考える人に向いているタイプです。

 

ガーデニング型

ガーデニングタイプの樹木葬は東京の都心部でよく見受けられます。公園タイプと形式は似ているため区別が難しいかもしれませんが、規模が異なります。土地が狭い場所に花壇スペースほどに埋葬スペースを設けた樹木葬を、ガーデニング型と呼びます。とにかく駅から近い場所で、参拝する人が気軽に訪れることのできる場所が良いと考える人におすすめです。

 

樹木葬で失敗しない選び方

洋服やアクセサリーなどは、自分に合わない買い物をしても、交換や返品などで対応することができますが、お墓はそう簡単に買い直しができるものではありません。また、もし永代使用権を取得した場合は、その土地を使用する権利を持つために支払うため、土地を返したからといって支払ったお金が返ってくることはありませんので、よく考えてトラブルを避けましょう。

 

種類を決めて、価格や場所の比較

樹木葬を決める際に、まず種類を決めると比較がしやすいです。自分はどこを最期の住処にするのか、生き様をどう表現するのかで大体の種類に絞られます。その後、立地や交通の便などで場所の候補地を絞り、その中で自分の予算に見合った費用でお墓を考えると決まりやすいと思います。

 

家族や親戚と相談

申し込みの前に必ず家族や親戚と事前に話し合いましょう。その際に、自分のことだからといって一方的に考えを押し付けることなく、何故その種類が良いのか、何故その場所が良いのかをきちんと説明し、実際にかかる費用や将来どう考えているのかも一緒に説明すると良いです。どの種類や形態でも自分だけが満足し賛同を得られずに、誰もお参りに来てくれないのは寂しいものです。お互いに思いやりを持って歩み寄ることが非常に大切なことであり、最善の供養になることでしょう。

樹木葬について詳しく知るならこちら


あわせて読みたい

お正月のお寺の行事、大般若会って?

お正月になると、「大般若会」と書かれたのぼりが、さまざまなお寺の門にはためき出します。「のぼりを見かけたことはあるけれど、あれはどんな行事なの?」「お寺から大般若会のお知らせが来たけれど、行かなければいけないの?」と疑問に思っている人もいることでしょう。お寺の行事である大般若会について解説します。

無縁墓と永代供養

永代供養と無縁墓はどう違う?

昨今社会問題の一つとしても取り上げられている無縁墓。無縁墓とは管理する人もお墓参りをする人もいないお墓を指しており、多くの墓地がこの問題を抱えています。そんな無縁墓を事前に食い止めようとして始まったのが「永代供養」です。無縁墓と永代供養は共通点はあるものの、意味は全く異なります。

墓じまいと永代供養 違い

墓じまいと永代供養の違いとは?

近年の少子高齢化や首都圏への人口集中などにより、お墓を巡る環境が激変しています。住居の都合で故郷にある先祖代々の墓守が難しい、子どもがいないなどの理由で、お墓の継承者がいずれ途絶えるのは明白な家庭も増えてきました。そのまま放置しておくと先祖代々のお墓は無縁墓となり、墓地から墓石ごと撤去されてしまいます。そのため、「墓じまい」をしたり、先祖代々のお墓を「永代供養」の墓へ改葬するなどを行う人が年々増加しています。今回は「墓じまい」や「永代供養」をお考えの方に向けて、「墓じまい」や「永代供養」とはどういったものなのか、その違いなどについて紹介します。

檀家 門徒 信徒

檀家・信徒・門徒それぞれどんな意味で何が違う?

檀家とは、特定の宗派のお寺に所属し、そのお寺に対して経済的な援助を行う家のことを指します。しかし檀家とならんで「信徒」や「門徒」という言葉を耳にすることが多いことでしょう。ここでは檀家・信徒・門徒、それぞれどんな意味や違いがあるのか、紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ