MENU

神道にも法要がある!神式の法事の進め方|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 神道にも法要がある!神式の法事の進め方

神道にも法要がある!神式の法事の進め方

仏式と同じように、神式で葬儀をした場合にも、葬儀後に回忌法要のようなものが営まれます。しかし、神式では「法要」や「法事」といわず、「祭儀」といいます。神式の供養儀式は、家を守る神様となった先祖を祀る行事だからです。また、「回忌法要」とはいわず、「式年祭」といいます。神式の祭儀の進め方について解説します。


亡くなってから十日ごとに祭儀を行う

神式では、亡くなってから10日目に十日祭があり、以降十日ごとに二十日祭、三十日祭、四十日祭が行われます。十日祭は仏式になぞらえると初七日法要にあたり、自宅などに親族を集め、神主に祝詞をあげてもらいます。準備するお供え物や儀式の進め方は葬儀に準じたもので、用意すべきものについては神主がアドバイスを行ってくれるでしょう。また、祭儀が終わると会食を行い、故人とともに飲食することが供養につながるとされます。会食後はお返しものを親族に配り、解散となります。このように、十日祭は親族だけで行う小さい葬儀のようなイメージです。以後、二十日祭、三十日祭、四十日祭と続きますが、現代では省略するか、家族だけで営む人が増えてきています。

 

亡くなってから50日目に五十日祭を行う

二十日祭、三十日祭、四十日祭を省略しても、五十日祭を省略する人はあまりいないでしょう。亡くなってから50日目は忌明けの日とされていることから、五十日祭は十日祭と同じように親族を集めた大きな祭儀が行われ、祭儀の後には会食となり、お返しものを配って解散となります。仏式でいう49日と同じようなものです。この日に、神棚や祖霊舎を封じていた白紙が剥がされ、「清祓いの儀」が執り行われます。仏式での位牌にあたる霊璽を祖霊舎に納めることで、故人が祖霊となり、家の守り神になったことを示します。

 

亡くなってから100日目に百日祭を行う

亡くなってから100日目には、百日祭が行われます。これは、仏式の百か日にあたるものです。五十日祭と同じように親族を呼んで会食を行う家もありますが、次の一年祭を大事とし、百日祭は家族だけで行うケースが多くなってきています。

 

亡くなってから1年目に一年祭を行う

亡くなってから1年目の命日付近には、一年祭が行われます。仏式の一周忌にあたるものです。五十日祭と同様に親族を集め、神主に祝詞をあげてもらった後は会食となります。一年祭が終わったら喪明けとなるため、この頃までは喪服を着て参列することが多いでしょう。ただ、家や地域によってしきたりはさまざまなので、服装についてはとくに喪主へ確認する必要があります。

 

3年目の命日に三年祭を行う

亡くなってから3年目の命日付近には、三年祭が行われます。仏式の三回忌にあたると思われがちですが、少々注意が必要です。仏式の三回忌は2年目の命日に行うもので、三年祭とは1年のズレがあるためです。三年祭は3年目と、しっかり覚えておきましょう。三年祭は、これまでの祭儀と同様、親族に集まってもらって執り行います。喪服の場合もあれば、地味目の平服とするケースもありますので、喪主に確認しなければなりません。

 

五年祭、十年祭、五十年祭、百年祭がある

三年祭の後は、亡くなってから5年目に五年祭、10年目に十年祭があります。27回忌や33回忌がある仏式と違い、十年祭からは50年目の五十年祭までかなり年数が開きます。五年祭、十年祭は家族だけでこぢんまりと済ませる家が多くなっているため、親族が参加するのは三年祭が最後となるかもしれません。五十年祭、百年祭は、故人を見知っている人が少なくなってしまうので、やはり身内だけで済ますことが多いものです。

 

式年祭に参列する人の準備

式年祭に参列する人が注意しなければならないのは、服装と香典の2つだけです。服装については、喪服とするか平服とするかを喪主に確認するのはもちろんのこと、仏式ではないため数珠を持参しないよう注意します。また、用意する香典袋は、蓮の花が描かれていないシンプルなものを準備しましょう。蓮の花は、仏教のシンボルだからです。また、水引は葬儀時と同じ白銀や白黒の不祝儀用ですが、黄色い水引をかける地域もあります。表書きは、「御玉串料」とします。

 

まとめ

神式にも、仏式と同じように法要があり、営まれるタイミングはほとんど同じです。三年祭が死後2年目ではなく、3年目に行われることにだけ注意しましょう。仏式の法要に慣れている人からは「2年目の命日に何らかの儀式をしなければならないのではないか」と指摘されるかもしれません。そんなときでも慌てずに、神道のしきたりを説明しましょう。

 

関連記事:宗教による葬儀の違いを解説ー仏教・神道・キリスト教ー

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

墓じまいをする清掃業者

墓じまいとは?改葬との違いや手順と注意点

「墓じまい」という言葉を知っていますか。墓じまいとは、代々継いできたお墓を閉じてその土地を更地にして墓地管理者に返却することを言います。少子高齢化が進み、年々死亡者数が増えている昨今、お墓の承継者が足りなくなり墓じまいをしてお墓を閉じる人が増えています。その理由は、今の住まいから遠く離れた場所にある先祖のお墓を管理することが物理的に難しくなってしまった、または、お墓を受け継いだものの後継者がいないといったものが主です。墓じまいと関連して、遺骨を別の場所に移す改葬をすることでお墓の管理を楽にしようという人もいます。このように関心が高まりつつある「墓じまい」や別のお墓に遺骨を埋葬し直す「改葬」について手順と注意点をお伝えします。

忌中と喪中の違いとは?期間と過ごし方

知っているようで知らない「忌中(きちゅう)」と「喪中(もちゅう)」の違い。どちらとも、「身内の死に際して身を慎むこと」なのですが、なぜ慎むかという理由が違います。しかし、違いはそれだけではありません。今回の記事では忌中と喪中の違いについて、歴史や観念を踏まえながら紹介します。

宗教による葬儀の違いを解説ー仏教・神道・キリスト教ー

宗教によって、葬儀の意味や流れ、かかる時間などは違ってきます。仏式教以外の形式で行われる葬儀に参列するとき、「どんなふうに振る舞ったらいいんだろう?」と戸惑うことはありませんか。仏教、神道、キリスト教、それぞれの葬儀の違いを解説します。

お墓の購入時期に悩んでいる老夫婦

お墓の生前購入と死後購入のメリット・デメリット

「終活」や「墓友」という新しい言葉が使われるようになり、自分のお墓は自分で決めたいという方が増えています。ひと昔前までは「自分のお墓を自分で買うなんて寿命が縮まりそう、縁起が悪い」という印象を持つ人もいました。しかし、生前にお墓を購入することは「寿陵(じゅりょう)」と呼ばれ、長寿・子孫繁栄・家内円満を授かる縁起のよいことなのです。もともとは中国由来の考え方ですが、日本では聖徳太子が寿陵を建てたことが日本書記の中で綴られています。お墓の購入時期は人それぞれのタイミングで構いませんが、実際のところ、生前購入と死後購入を比べるとどのような違いがあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

改葬代行サービス

改葬代行サービスとは?サービス内容と費用の相場

自分が死んだ後、お墓を継承する人がいない、遠方にあるお墓を管理するのが大変などといった理由から、ここ数年「改葬」の需要が急激に伸びています。しかし、改葬は想像以上に時間も労力がかかることでもあります。そこで最近は、そんな改葬を代行するサービスを専門に扱う業者が登場しています。ここでは、改葬とはどのようなもので、代行業者はどのようなサービス行ってくれるのかについて詳しく紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ