MENU

宗教による葬儀の違いを解説ー仏教・神道・キリスト教ー|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > 宗教による葬儀の違いを解説ー仏教・神道・キリスト教ー

宗教による葬儀の違いを解説ー仏教・神道・キリスト教ー

宗教によって、葬儀の意味や流れ、かかる時間などは違ってきます。仏式教以外の形式で行われる葬儀に参列するとき、「どんなふうに振る舞ったらいいんだろう?」と戸惑うことはありませんか。仏教、神道、キリスト教、それぞれの葬儀の違いを解説します。


まずは、それぞれの葬儀の共通点から確認

まずは、仏教、神道、キリスト教、いずれの葬儀においても共通していることから確認しましょう。それは、故人を偲び、別れを告げるという役割を持っていることです。弔辞、弔電をはじめ、最近ではお孫さんが手紙を朗読したり、生演奏を献奏したりするといったこともなされるようになりました。これらは全て、参列者が故人に別れを告げる、つまり告別するための部分です。いずれの宗教の葬儀においても、告別の部分は設けられています。しかし、葬儀の宗教的儀式の部分においては、だいぶその意味や作法が違います。この違いによって、全体の流れやかかる時間などが違ってくるのです。

 

仏教の葬儀は故人を仏弟子にし浄土へ送る儀式

仏教の大部分の宗派では、葬儀において故人が仏弟子になる儀式を行います。故人にお坊さんになってもらい、仏弟子としての名前である戒名を授けてから浄土へ送り、お経を読んでその徳を故人に振り向けるのが、仏教葬儀の流れです。この一連の儀式の合間に弔辞や弔電、焼香などがあり、仏式葬儀のトータル時間はおよそ1時間程度となります。僧侶は「導師」と呼ばれ、葬儀ホールやお寺、自宅等で儀式が執り行われます。参列者の役割は、焼香を行うことです。数珠を持参し、焼香時に抹香を炉にくべ、故人の冥福を祈って合掌しましょう。また、持参する香典袋は白黒で結び切りの水引が施されたものを使い、表書きを「御霊前」あるいは「御仏前」「御香典」とします。葬儀時の香典に「御仏前」と書くのは、浄土真宗だけです。喪主が導師に渡すお礼の表書きは、「御布施」となります。

 

神道の葬儀は家に新しい神様をお迎えするお祭り

神道の葬儀は、「神葬祭」と呼ばれます。神道では、人は亡くなると神になり、遺された家族を守ってくれる存在となります。神道の葬儀は、新しく神様となった故人を家に迎えるお祭りなのです。祭壇に供物をささげて祭詞を奏上し、また供物を下げるまでの間に、弔辞や弔電、玉串奉奠(たまぐしほうてん)が行われます。式の時間は、トータルで40分程度です。祭りを取り仕切る神職は、「祭主」と呼ばれ、葬儀ホールや自宅など、神社以外の場所で葬儀が行われます。参列者は、仏式のように数珠を用意することはありません。玉串奉奠のときには、紙垂(しで)をつけた榊を祭壇へお供えします。参列者が持参する香典袋は白黒で結び切りの水引がついたものですが、このとき蓮の花が描かれた仏式用の香典袋は使わないようにしなければなりません。表書きは「御玉串料」とします。喪主が祭主に渡すお礼の表書きは、「御礼」「御祭祀料」とします。

 

キリスト教の葬儀は神への礼拝

日本におけるキリスト教の宗派はカトリックとプロテスタントに大別され、葬儀の意味や流れが若干違います。しかし、葬儀の大きな目的が、故人が召されていったところの神への礼拝であることは同じです。聖歌を合唱し、祈りの言葉を捧げる前後に、弔事や弔電、献花が行われます。式の時間は30分から40分程度です。葬儀を取り仕切る祭司に独特の呼び名はありません。ただ、カトリックの場合は「神父」、プロテスタントは「牧師」と、通常のときから呼び名が違うことに注意しましょう。キリスト教の葬儀は、教会で行われるのが一般的です。参列者の役割は、聖歌を歌うこと、聖書を一緒に朗読すること、献花を行うことと、かなり参加型の葬儀となりますが、聖歌は歌えなくとも構いません。献花のときには、用意された百合などの花を、花部分を祭壇に向けて捧げましょう。参列者が持参する香典袋は、水引がついていないシンプルな封筒か、十字架や百合の花があしらわれたものを使い、表書きは「御花料」とします。喪主が神父や牧師に渡すお礼の表書きは、「御礼」「献金」などとします。

 

まとめ

以上、仏教、神道、キリスト教それぞれの葬儀の違いを解説しました。意味や流れ、作法の違いが理解できていれば、慣れない宗教儀式の場でも、きっと堂々とふるまえます。参列者の大きな役割は、いずれの儀式においても、焼香や献花などで故人に祈りを捧げることです。心を込めてお祈りし、生前の故人との思い出をゆったりと振り返る、実りある時間を過ごしましょう。

関連記事:無宗教葬儀とはどのように行うの?参列する際のマナーとは

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

墓石,カロート

お墓の中はどうなっている?遺骨の収蔵方法

お墓の中は、なかなか見る機会がありません。遺骨がどのように収蔵されているか、ご存じでしょうか。実は、その土地の風習やお墓の種類によって、さまざまな納骨方法があります。遺骨を収蔵する5つの方法を解説します。

戒名はいらない?

戒名はいらない?授からない場合は仏式で葬儀を行うことも見直そう

仏式で葬儀をすると、戒名をもらうのは当たり前のこととされています。しかし、最近では死後の名前など必要ない、「戒名はいらない」と言う人も増えてきているようです。その主な原因は、高すぎるお布施にあるとされます。戒名は本当にいらないのか、「戒名」のそもそもの意味から考えてみましょう。

お墓の購入時期に悩んでいる老夫婦

お墓の生前購入と死後購入のメリット・デメリット

「終活」や「墓友」という新しい言葉が使われるようになり、自分のお墓は自分で決めたいという方が増えています。ひと昔前までは「自分のお墓を自分で買うなんて寿命が縮まりそう、縁起が悪い」という印象を持つ人もいました。しかし、生前にお墓を購入することは「寿陵(じゅりょう)」と呼ばれ、長寿・子孫繁栄・家内円満を授かる縁起のよいことなのです。もともとは中国由来の考え方ですが、日本では聖徳太子が寿陵を建てたことが日本書記の中で綴られています。お墓の購入時期は人それぞれのタイミングで構いませんが、実際のところ、生前購入と死後購入を比べるとどのような違いがあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

墓石の必要性

墓石は必要?お墓が「石」である理由。「石」以外の選択肢の「樹木葬」

昨今、ライフスタイルの多様化にあわせて、遺骨の埋葬方法にも新しいスタイルが登場しています。特に、お墓の継承者が不要である樹木葬・納骨堂・散骨・宇宙葬・ゼロ葬などはここ最近登場して注目されている形式です。しかし、本当にそのような供養の仕方で大丈夫なのか心配な方も多いのではないでしょうか。ここでは、改めて「墓石」の必要性を考えます。また、墓石を不要と感じた人のための墓石以外の選択肢、樹木葬についても紹介します。

樹木葬のお墓参りとは?マナーや注意点をご紹介

一般的なお墓の他に、永代供養墓や樹木葬、納骨堂、散骨など、遺骨を供養する方法は多種多様になりました。なかでも最近注目されている樹木葬の墓地にお墓参りをする場合、一般的なお墓へのお墓参りとは、どう違うのでしょうか。樹木葬のお墓参りにおけるマナーや注意点をご紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ