MENU

合祀墓と個人墓はどう違う?それぞれの遺骨の納め方や価格について解説|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > 合祀墓と個人墓はどう違う?それぞれの遺骨の納め方や価格について解説

合祀墓と個人墓はどう違う?それぞれの遺骨の納め方や価格について解説

お墓の募集情報などを見ていると、「合葬墓」「個人墓」「合祀墓」など、さまざまな用語が出てきて戸惑うこともあるかと思われます。とくに、個人墓と合葬墓とでは、遺骨の納め方や価格にハッキリした違いがあります。個人墓と合葬墓の違いについて解説しましょう。

合祀,合葬,供養塔


合葬墓とは、他の人の遺骨と一緒に葬られるお墓のこと

合葬墓とは、他の人の遺骨と一緒に供養されるお墓のことをいいます。お寺の中に、観音様などの仏像が設置されている大きな供養塔があるのを見たことがあるでしょうか。あの供養塔には、たくさんの人の遺骨が納められているので、合葬墓であるといえます。他の人の遺骨と一緒に祀られるお墓として、合祀墓といわれたりもします。また、家族ではなく墓地全体の管理者がまとめて供養をしてくれる永代供養墓も、合葬墓の1つです。永代供養墓のなかには、初めは個別墓を設け、契約期間が過ぎたら合祀墓や供養塔のなかへ納めるものもあります。これは、個別墓から合葬墓へ移動するタイプの永代供養墓といえます。また、大きな木の下へ他の人の遺骨と一緒に埋葬されるタイプの樹木葬も、合葬墓の1つです。いずれにせよ、個別でお墓を作らず、複数の遺骨が1つの区画にまとめて納められるタイプのお墓を合葬墓といいます。この意味でいえば、継承墓としての個人墓も、「家族と共に眠るタイプの合葬墓」といえなくもないでしょう。しかし、現代では、個人墓といえば家族単位で使うお墓のことを指すため、継承墓は合葬墓とはしないのが一般的です。

 

合葬墓と個人墓は価格がかなり違う

合葬墓と個人墓との違いでまず挙げられるのが、価格です。住まいに例えると、一戸建てを買うのと、マンションの一室を買うのとでは、かなり価格が違うことがわかるでしょう。お墓も同じです。個人墓を整える場合、価格相場は200万円ほどです。一方、合葬墓の場合は、30万円から50万円という価格帯のものが多く、なかには3万円という合祀墓も存在します。ただし、個別墓は一度整えれば代々にわたって使うことができますが、合葬墓は1体当たりの価格であることがほとんどです。つまり、30万円の合葬墓に夫婦2人が入りたいという場合、60万円を納めることになります。もっとも、夫婦2人で入るのであれば多少の割引になる合葬墓が多いため、確認が必要です。また、個人墓は、年間管理料などの維持費がかかりますが、合葬墓の場合は維持費がかかりません。このことからも、合葬墓は個人墓に比べて価格の上でのメリットがあるといえるでしょう。

 

合葬墓と個人墓は遺骨の納め方が違う

合葬墓の最大の特徴は、他の人の遺骨と一緒に祀られることです。このため、個人墓とは納骨の仕方が違います。個人墓の場合、骨壺のまま納骨するか、または骨壺から布袋を取り出して納骨します。いずれの場合も、後からきちんと誰の遺骨なのかがわかるように納骨するのが一般的です。対して合葬墓では、多くの場合、他の人の遺骨と混じることになるため、後から個別に遺骨を取り出せません。「いつかは個人墓を整えてあげたいと思っているが、しばらくはどこかへ預けておきたい」と考えたとき、合葬墓に納めてしまうと、後で取り出せないことになり大変です。「安価な仮のお墓を」と考えているなら、納骨堂など骨壺のまま遺骨を安置できる場所を探したほうがいいでしょう。

 

合葬墓と個人墓は管理者が違う

個人墓の場合は、お墓を管理していくのは承継者たる家族です。お墓参りのたびに清掃し、草などを抜いて綺麗にしなければなりません。管理を怠っていると、苔むした無縁墓になってしまいます。一方、合葬墓は、お寺など墓地全体の管理者が日々の清掃などを行います。よって、お墓参りに行く人がいなくなっても、半永久的に供養してもらえるのです。なお、いつ行っても誰かしらが花や水を手向けていることが多いのが、合葬墓の特徴です。みんなでお参りしていくタイプのお墓ともいえるでしょう。

 

まとめ

以上、合葬墓と個人墓の違いをお伝えしました。価格面、納骨方法、管理面に明らかな違いがありますので、お墓を検討するときの参考になれば幸いです。価格として安いのが合葬墓、高いのが個人墓ということができますが、とくに樹木葬型の個人墓については、従来の個人墓よりも価格がかなり抑えられているものがあります。樹木葬は墓石の代わりに木を墓標とするため、そのぶん墓石代がかからないからです。様々な選択肢のなかから、納骨方法や価格、管理面すべてにおいて納得できるお墓を選びましょう。

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

家族葬とは?直葬や密葬とどう違う?

家族葬、直葬、密葬など、お葬式の形式を表す用語はさまざまあります。それぞれどのような意味で、どんな違いがあるのでしょうか。今回は、家族葬について説明したうえで、直葬や密葬との違いを解説します。

墓じまいをする墓地

墓じまい、そのとき遺骨はどうする?後悔しないための4つのポイント

後継者がいないために先祖代々のお墓を更地にし、管理者へ墓地を返還することが「墓じまい」と呼ばれるようになりました。今あるお墓を無縁墓化させないためには、これから家族の形がどうなっていくのかを正確に予想し、早めに決断をすることが大切です。墓じまいで後悔しないためにはどうすれば良いか、そのポイントをお知らせします。

森林の中のガラス玉が地球を表している

エコ葬とは?火葬時のCO2削減で死後も環境保護のメッセージを

エコ葬という言葉を知っていますか?エコ葬とは自然環境に配慮した葬儀のことを指します。葬儀とエコロジー、全く関連がないと思いがちですが、葬儀で地球環境保護の手助けができるのなら素敵だと考える人は多いでしょう。葬儀社の提案するエコ葬から喪主が自分でできるエコ葬、さらに世界のエコ葬について解説します。

ゼロ葬

ゼロ葬とは火葬場で遺骨とさよならするシンプルな葬法

ゼロ葬という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ゼロ葬とは、今の日本で行える最もシンプルな葬法です。まだ出てきて間もない弔い方なので、初耳という人もいることでしょう。ここでは、ゼロ葬の由来や具体的な方法、費用についてお伝えします。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ