MENU

樹木葬墓地は生前購入した方がお得?お墓と相続税について|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 用語説明・豆知識 > 樹木葬墓地は生前購入した方がお得?お墓と相続税について

樹木葬墓地は生前購入した方がお得?お墓と相続税について

樹木葬や納骨堂など、お墓はその形態を問わず人とは切ってもきれない関係にあるものです。核家族化が進み夫婦単位で暮らす方々が増えている現代では、先祖代々のお墓に入らずに、新たにお墓を用意する傾向が高まっています。そうなると、お墓を用意するのは誰なのかによって、相続税の負担についても違いが生じます。ここでは、お墓と相続税の関係について詳しく紹介します。


そもそも相続税とは?

相続税とは、個人が被相続人(亡くなられた人のことを指します)から相続などによって、財産を取得した場合に、その取得した財産に課される税金です。相続税がかかる対象となるものには、土地や家などの不動産、預貯金、株式、宝石類、調度品など、お金に換算できるすべてのものになります。つまり、亡くなった人の財産について税金が課されるということです。またよく言われる話ですが、生命保険の保険金の受け取りの場合、契約者が故人で、受取人が残された人に指定されている場合には、その保険金は故人の財産ではないとみなされます(指定された「残された人」の財産です)。そのため、この場合は相続税の対象にはならないということです。

お墓や仏壇は相続税の対象外

先祖代々のお墓がある場合、または故人が既にお墓を用意しているという場合、それらを故人の「財産」とするならば相続税の対象になります。ついでに言うと、仏壇等も故人の財産と考えるならば、相続税の対象ということになってしまいます。しかし、樹木葬墓地をはじめお墓や仏壇というものは換金したりするものではありませんよね。仏壇などの祭祀具を相続税の計算の対象とするのは国民感情にそぐわないとして、法律で故人の財産には含めないとしています(相続税法第十二条二号)。そのため、お墓や仏壇には相続税は課税されないことになっています

樹木葬を生前購入すると、相続税対策になる

樹木葬をはじめとするお墓や、位牌を置いておく仏壇などは、故人の財産に含まないため相続税の対象になりません。かし逆に言うと、故人が生前にお墓や仏壇を用意していなかった場合には、どうなるのでしょうか。ここで問題になるのが、残された方々がお墓や仏壇を用意するときの費用は、故人の財産から控除する(相続財産から減算する)ことができるのかという点になります。この問題について、葬式費用は控除してもよいということになっています。しかし、お墓や仏壇を用意したりする費用は控除の対象にはならないため、相続税の対象となる財産の中から費用を捻出しなくてはならないのです。

以上をまとめると、故人がお墓や仏壇を用意していない場合には、用意する費用を含んだ故人の財産に対して相続税が課税されるということです。つまり、お墓や仏壇を用意することに変わりはありませんが、事前に用意しておけば相続税対策になるということをも意味しています。

 

樹木葬墓地:生きているうちにお墓を立てるのは縁起がいい

樹木葬をはじめ、近年では眠る場所は自分で決めておくということが当たり前になりつつあります。事前に用意しておくことで自分らしい眠り方を選ぶことができるため、生前購入には相続税対策以外にもメリットはあるかと思います。「生きているうちに縁起でもない」と思う人もいるかもしれませんが、生前に建てるお墓を「寿陵(じゅりょう)」といい、長寿・子孫繁栄・家庭円満をもたらす縁起の良いものという考えもありますので、検討される価値はあるのではないでしょうか。ただし最後にご注意頂きたいのは、いくら相続税対策として生前に豪華な骨董品的・美術品的価値がある仏具を購入すると、税務署は課税対象とみなされます。また、生きているうちにお墓や仏壇を購入していても、未払いの代金が残っていれば、結果的に遺された方々が債務を引き継ぐわけなので、相続税対策にはなりませんのでご注意ください。

関連記事:樹木葬にかかる費用の相場

当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬・自然葬・永代供養墓を解説


あわせて読みたい

ペット供養

ペット供養の流れ | 大切なペットが亡くなった際にやること

大切な家族の一員であるペット。しかしながら、ペットの代表格である犬猫の場合、犬の平均寿命は14,36歳、猫は15,04歳と昔に比べて伸びたとは言え、飼い主よりその命は短くなっています(参考文献: 一般社団法人ペットフード協会『平成28年(2016年)全国犬猫飼育実態調査結果』)可愛いペットとの別れはあまり考えたくないことではありますが、いつか必ずやってくる日が来ます。ここでは、そんな大切なペットの死後に行う、ペット供養と遺骨を埋葬するペットのお墓について紹介します。

報恩講とは?親鸞の命日を中心に営まれる法要

「秋になると報恩講の行事やお祭りを行っているお寺を見かけるけれど、これって何?」「『報恩講(お取越)のご案内』という葉書が来たけれど、参加しなければならないの?」などと疑問を感じている人はいませんか。報恩講は、浄土真宗の行事です。浄土真宗の宗祖である親鸞の命日を中心に営まれる報恩講について、詳しく解説します。

墓じまいと永代供養 違い

墓じまいと永代供養の違いとは?

近年の少子高齢化や首都圏への人口集中などにより、お墓を巡る環境が激変しています。住居の都合で故郷にある先祖代々の墓守が難しい、子どもがいないなどの理由で、お墓の継承者がいずれ途絶えるのは明白な家庭も増えてきました。そのまま放置しておくと先祖代々のお墓は無縁墓となり、墓地から墓石ごと撤去されてしまいます。そのため、「墓じまい」をしたり、先祖代々のお墓を「永代供養」の墓へ改葬するなどを行う人が年々増加しています。今回は「墓じまい」や「永代供養」をお考えの方に向けて、「墓じまい」や「永代供養」とはどういったものなのか、その違いなどについて紹介します。

回忌法要を行う仏壇

回忌法要とは?回忌法要の意味・回数・成り立ちについて

回忌とは、故人の祥月命日に執り行われる法要のことです。年忌(ねんき)とも呼びます。葬儀後、四十九日の中陰法要(ちゅういんほうよう)を経て故人は祖霊となり、その後の百ヶ日や一周忌から始まる法要を回忌法要とよびます。三十三回忌(地域によっては五十回忌)まで、死者の菩提を弔うために親族が集まり、寺院を招いて法要を執り行います。

永代供養墓

永代供養とは|供養期間や費用はどれくらい?永代使用との違いとは

永代供養とは、お墓参りや供養をする身内(縁故者)がいなくなり、無縁仏となってしまうことを避けるために、寺院などの管理機関が責任を持って永代にわたって供養することを指します。しかし最近では、将来、身内(子どもなど)に墓守りの心配や負担をかけたくないという理由から、生前に永代供養の申し込みをする方も少なくありません。永代供養の費用や期間について詳しく見ていきましょう。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ