MENU

お彼岸にふさわしいお料理って?家族みんなが満足な精進料理を作ろう|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > マナー・慣習 > お彼岸にふさわしいお料理って?家族みんなが満足な精進料理を作ろう

お彼岸にふさわしいお料理って?家族みんなが満足な精進料理を作ろう

お彼岸には、おはぎやぼたもちをお供えするということを、ご存じの方は多いと思います。では、他に用意すべきお料理についてはいかがでしょうか。お彼岸中は、精進料理を作って小さなお膳に食事を整え、ご先祖様にお供えするというしきたりがあります。「お彼岸にふさわしい精進料理がわからない」「仏様ばかりではなく家族も楽しめる精進料理を作りたい」という人のために、お彼岸料理をご紹介します。


お彼岸の精進料理の基本

精進料理とは、肉や魚を使わない料理のことです。仏教では殺生を嫌うため、肉や魚を仏壇にあげるのは控えなければなラないという考えから、お彼岸やお盆に仏様へ供えるお膳には、精進料理を盛りつけるというしきたりがあります。ただ、厳密に肉や魚を使わないとなると、鰹や煮干しを使った出汁は使えないということになってしまいます。また、卵を使うこともできません。もちろん、本格的な精進料理を作るのであれば、出汁は昆布や椎茸で取ることになりますが、一般家庭で精進料理を作るのなら、そこまでこだわる必要はありません。調味料や下ごしらえの材料として、動物性のものを使うのは構わないととらえましょう。

 

お彼岸料理として代表的なのが精進揚げ(野菜の天ぷら)

お彼岸料理として代表的なのが、精進揚げです。精進揚げとは、肉や魚を使わない野菜の天ぷらのことで、とくに旬の素材を使うとご先祖様に喜ばれます。春彼岸ならたけのこ、たらの芽、菜の花などがおすすめです。秋彼岸なら、きのこ、ナス、根菜類などバラエティーに富んだ食材を使うことができます。精進揚げは、精進料理のなかでも華やかなので、お客様がたくさん訪れる日に作るのがいいでしょう。

 

豆は精進料理の強い味方

揚げ物と同様にボリュームがあり、満足感を高めるのが豆料理です。大豆の煮物など、豆そのものはもちろんですが、豆腐製品も大活躍します。揚げ出し豆腐や高野豆腐の煮物、厚揚げと野菜の炊き物、油揚げを使っていなり寿司など、簡単にボリュームのある一品が作れます。また、厳密には豆腐を使ってはいませんが、ごま豆腐も精進料理として有名なものの一つです。デザート感覚で楽しめるでしょう。

 

ちらしずしやわかめご飯などの変わりご飯で変化を

育ち盛りの子どもや、男性がたくさんいる家などでは、「精進料理ばかりでは物足りない」という声が聞こえてくることもあるでしょう。もちろん、おうちの人は肉や魚を取り入れた普段通りの食事を楽しんでも構いませんが、せっかくならご先祖様と一緒の食事を楽しみたいですよね。そんなときは、ご飯ものを工夫しましょう。レンコンの酢漬け、椎茸の含め煮、茹でたきぬさや、海苔を酢飯に散らせば、立派な精進ちらし寿司の完成です。わかめご飯やきのこご飯などの炊き込みご飯も、食欲をそそります。

 

そばやうどんを食べる地域がある

「彼岸そば」「彼岸うどん」などといった名称で、お彼岸にはそばやうどんを食べるというしきたりのある地域があります。季節の変わり目で弱った胃を、消化の良い麺類で癒すという意味があるそうです。そばやうどんの具もやはり肉や魚を使わないのが基本です。油揚げやネギ、野菜をたっぷり使った一品に仕上げましょう。精進揚げとあわせれば、天ぷらうどんの出来上がりです。

 

日持ちのする煮物や酢の物をたくさん作っておくと便利

昔ながらのしきたりをきちんと守る家であれば、お彼岸の7日間はお膳に精進料理をお供えすることでしょう。しかし、7日間続けて違う精進料理を作るのは大変です。そこで、日持ちのする野菜の煮物や酢の物をたくさん作っておけば、とても便利に使えます。鶏肉のかわりに高野豆腐や車麩を使った筑前煮は、お彼岸の定番料理です。秋彼岸なら里芋の煮っ転がし、春彼岸ならタケノコの土佐煮など、季節を感じさせる素材を使いましょう。酢の物も同様です。

 

お膳の小皿にはお浸しや和え物、漬物をつける

仏壇専用のお膳を使うなら、小皿がたくさん用意されていることが多いと思われます。「そんなに、何品も作れない」と不安になることはありません。主菜、副菜を盛りつけたら、あとは青菜のお浸しや、ごま和えなどの和え物、そして漬物を盛りつけましょう。そこへごはん、汁ものが揃えば、立派な一汁四菜の完成です。

 

まとめ

以上、お彼岸にふさわしい精進料理についてご紹介しました。仏様用、家族用と料理を分けて作るのは大変なので、精進料理でありながら家族みんなに喜ばれるものを作りたいですね。見た目の華やかさやボリュームに気を配れば、みんなが嬉しい精進料理を作るのは簡単です。品数を揃えるのが大変なら、市販の漬物やお惣菜を駆使しましょう。何より大切なのは、ご先祖様へ心を込めてお供えする、その気持ちです。

関連記事:お彼岸には何をすればいい?お彼岸の期間とお供え物の準備について

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

お墓参りの様子,樹木葬

お墓参りのマナーを解説!正しい先祖供養のポイント

お墓参りには、さまざまな作法やマナーが存在します。いつも何気なく行っていることでも、実は深い意味があったり、逆にNG行為だったりすることがあります。ご先祖・故人の霊を弔う行為ですから、できるだけマナーを守りたいものです。ここでは、お墓参りの基本的なマナーをまとめました。お墓参りに行く前に、自分のやり方を確認してみましょう。

散骨をするための桟橋

散骨で後悔しないためのポイントは場所・マナー・供養の3つ

散骨を希望する人は年々増えているといわれています。一般社団法人日本海洋散骨協会が、全国の終活カウンセラーを介して行ったアンケートでは、年代に関わらず約1割が「散骨を希望する」と回答する結果となりました。いつ、大事な家族から「自分は散骨をしてもらいたいと考えている」といわれるかわかりません。遺される人が散骨で後悔しないためのポイントは、「場所」「マナー」「供養」の3つです。ここではそのポイントについて詳しく説明していきます。

祭祀承継者,樹木葬

祭祀承継者とは?お墓を引き継ぐ人がいない場合の対処法

かつてお墓は代々にわたり、引き継いでいくものでした。ひと昔前までは、生まれた土地からすべての子が、引っ越すことはめったありませんでしたし、引き継ぐことが当然であると思われていたのです。そんなお墓や仏壇を引き継ぐ人のことを祭祀承継者と言います。しかし、近年では祭祀承継者になりたがらない人が少なくありません。一体どのような理由があるのか、背景について紹介します。

お墓参り

お墓参りは地域や宗派によってお盆の時期や題目、作法が異なる

お墓参りにはさまざまな作法があります。特に、遠方の親戚のお墓にお参りする時などは、地域や宗派による作法の違いに気をつけなければなりません。また、作法の解釈が人によって分かれることも多く、時としてトラブルを招きます。ここでは、地域別・宗派別のお墓参りの作法について解説します。

お彼岸には何をすればいい?お彼岸の期間とお供え物の準備について

お彼岸というと、「お墓参りに行く日」というイメージを持っている人が多いでしょう。もちろん、それはとても正しい認識です。でも、例えば親が亡くなって自分が実家を受け継いだとして、お彼岸にどんなことをすればよいか、詳しく知っていますか。お彼岸の期間や準備するべきものについて、あらかじめわかっていればスムーズです。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 町田いずみ浄苑(まちだいずみじょうえん)

詳細を見る

第3位

樹木葬・東京|えにし庭苑(えにしていえん)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ