MENU

直葬とは?火葬場で火葬をするだけの、日本で一番シンプルな送り方|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > 直葬とは?火葬場で火葬をするだけの、日本で一番シンプルな送り方

直葬とは?火葬場で火葬をするだけの、日本で一番シンプルな送り方

直葬とは、通夜式とお葬式がなく火葬だけを行う簡素な葬儀形式のことを言います。今、都市部ではおよそ2割から3割ほどの遺族が直葬を選んでいると言われています。通夜式とお葬式を行わない、というと、「それでいいのだろうか」と疑問に思う人もいるでしょう。直葬について詳しく解説します。


直葬とは通夜や葬儀を行わず、火葬のみを行うこと

直葬とは、通夜やお葬式などを含めた一般的な葬儀を葬儀場などで行うことなく、火葬だけで済ませてしまうことをいいます。直葬の「直」という字を見ると、「病院や自宅から直接火葬場に遺体を運ぶこと」をイメージしてしまいますが、必ずしもそうではありません。人が亡くなると24時間は火葬ができませんが、病院の霊安室に長時間預かってもらえるケースは少なく、また安置所のない火葬場へは、火葬直前にしか連れていけません。安置室の整った火葬場などなら、病院から直接入ることも可能かもしれませんが、多くの場合はいったん葬儀社の安置室などに安置することになります。

 

直葬は「火葬式」などといった名称でプラン化されている


直葬=火葬のみを行う、と聞くとずいぶん素っ気ない印象になりますが、多くの葬儀社では直葬を「火葬場でお別れの儀式をする見送り方」と捉え、「火葬式」として案内しています。主だった親族が炉の前に集まり、一人ひとりが花を手向けるなど最後のお別れをし、炉に入るまでを見送って終了です。とくに故人が大往生でたいていの知り合いが先に鬼籍(きせき)に入っている(=既に亡くなっている)ような場合は、必ずしも多くの人を呼ぶ葬儀を必要としません。さらに集まれる親戚が少ない、親族が遠方に住んでいるなど、参列者が非常に少なくなることが見込まれると、直葬を選ぶというパターンが多いようです。また、「あいさつばかりで疲れるだけの葬儀に価値を見出せない」「仏教の儀式にありがたみを感じない」といった理由で、直葬を検討する人も見受けられます。

 

直葬の相場は15万円から20万円

通夜やお葬式をしないとなると葬儀代がかなり抑えられるのでは、という理由で直葬に興味を持つ人もいるでしょう。確かに、通夜からお葬式、火葬までをしっかり行うと、平均で200万円弱の費用がかかるといわれています。その一方で、火葬式の相場は15万円から20万円ほどです。およそ10分の1にまで費用が抑えられます。内訳は火葬場の使用料金のほか、病院から安置場所、安置場所から火葬場まで故人を搬送する車代、棺代、ドライアイス代などです。地域によって火葬場の使用料金が違うため、少しの変動があります。なお、遺影は別料金というところが多いため、気をつけましょう。

 

直葬にお坊さんを呼ぶことも可能

直葬は火葬場でお別れをするだけ、というと僧侶は呼べないと思いがちですが、直葬に来てくれるお坊さんもいます。火葬炉の前でお別れをしている間に、お経を唱えてくれるのです。決まった菩提寺がない場合でも、「お経をあげてもらわないと弔った気がしないのでは」と不安に感じる人は、葬儀社に紹介してもらうなどして僧侶にお経をあげてもらうことができます。ただし、お寺の檀家になっている場合は、少し慎重になる必要があります。菩提寺の住職に直葬であることを告げれば、「葬儀はしないのか」と問われてしまうことでしょう。宗派にもよりますが、仏式での見送りは本来、葬儀あってこそのものです。葬儀は故人が仏弟子になり、弟子としての名前(戒名)を授かる儀式が中心となるからです。そのことを踏まえ、直葬をするにあたって納得のいく理由を用意してから住職に相談するようにしましょう。「葬儀に来る人が少ないから、行わないことにする」といった理由では、儀式をしない理由にならないとする住職もいるかもしれません。もっとも、火葬場に行く前に、安置場所のある葬儀所などで簡易的な儀式を営むことは可能です。菩提寺の住職が直葬に納得しない姿勢を見せたら、火葬前にどこかで簡易的な儀式ができないか、葬儀社に相談をしてみましょう。なお、火葬だけにするにせよ、何らかの儀式を行うにせよ、お布施の目安については住職と話をしておいた方がいいでしょう。

 

直葬をするならメリットとデメリットを考えて

直葬のメリットは、

  • 参列者の拘束時間が短いこと
  • 準備すべきものが通常の葬儀より限られること
  • 通夜やお葬式が無い分、安価なこと

が挙げられます。縁の薄い参列者に余計な気遣いをすることなく、経済的な負担も押さえられるため、心にゆとりを持って見送ることができるでしょう。ただ、メリットの裏にはデメリットもあります。社交的で、葬儀をすれば多数の人が参列すると見込まれる人を直葬で送ると、のちのち大変です。「最後に顔を見たかった」と言われたり、直葬の後に香典を持った人が弔問に訪れ、対応に追われたりする可能性があります。また、「本当に葬儀をしなくてよかったのだろうか」と思い悩む家族や親族が出てこないとも限りません。誰しもが「葬儀をする必要はない」と思えなければ、直葬を選ぶのは難しいでしょう。メリットとデメリットをよく確認して、本当に直葬にしても良いかどうか検討しましょう。
関連記事:ゼロ葬とは火葬場で遺骨とさよならするシンプルな葬法


あわせて読みたい

お葬式で喪主は何をする?日取りから当日の段取りまで解説

お葬式で喪主がやらなければならないことは、星の数ほどあります。いざというとき慌ててしまわないために、儀式の日取りや段取りについてはあらかじめ知っておいた方がいいでしょう。家族が元気なうちから理解を深めておき、冷静な判断と行動ができる喪主になりましょう。

戒名はいらない?

戒名はいらない?授からない場合は仏式で葬儀を行うことも見直そう

仏式で葬儀をすると、戒名をもらうのは当たり前のこととされています。しかし、最近では死後の名前など必要ない、「戒名はいらない」と言う人も増えてきているようです。その主な原因は、高すぎるお布施にあるとされます。戒名は本当にいらないのか、「戒名」のそもそもの意味から考えてみましょう。

お別れの会,社葬,家族葬,密葬

お別れの会とは?葬式との違いと参加する時のマナー

芸能人や社会的に地位のある人が亡くなられたときに執り行われる「お別れの会」を、テレビなどで見たことのある人も多いことでしょう。普通の葬儀と違い宗教色があまり感じられず、通夜や告別式とも雰囲気が違います。「お別れの会」とはどのようなものでしょうか。詳しく見ていきましょう。

お墓の購入時期に悩んでいる老夫婦

お墓の生前購入と死後購入のメリット・デメリット

「終活」や「墓友」という新しい言葉が使われるようになり、自分のお墓は自分で決めたいという方が増えています。ひと昔前までは「自分のお墓を自分で買うなんて寿命が縮まりそう、縁起が悪い」という印象を持つ人もいました。しかし、生前にお墓を購入することは「寿陵(じゅりょう)」と呼ばれ、長寿・子孫繁栄・家内円満を授かる縁起のよいことなのです。もともとは中国由来の考え方ですが、日本では聖徳太子が寿陵を建てたことが日本書記の中で綴られています。お墓の購入時期は人それぞれのタイミングで構いませんが、実際のところ、生前購入と死後購入を比べるとどのような違いがあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

改葬とは?手順と手続きで起こり得るトラブル

改葬とは、今あるお墓から遺骨を別の場所へ移動させることをいいます。例えばお墓を受け継いだ長男が今住んでいる場所から遠いため、もっと近い場所にお墓を移したいといった理由などに伴い、近年では改葬を考える人が目立ち始めています。ここでは改葬の手順と手続き上のトラブル例の紹介をしていきます。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ