MENU

ペットの終活とは?人間と同じように考えてみよう|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 終活 > ペットの終活とは?人間と同じように考えてみよう

ペットの終活とは?人間と同じように考えてみよう

空前のペットブームが始まってから、10年余りが過ぎました。寿命のことを考えると、ペットブームのはしりにワンちゃんや猫ちゃんを飼い始めた人は、ペットの老いが気になってくるころ。まだまだ考えることができないという人も、悔いのないお別れにするために、ペットの終活についてお伝えします。

ペット終活,猫


ペットの終活は、人間の終活とほぼ一緒

当たり前のことながら、ペットは自分で終活できません。飼い主が、ペットとのお別れを穏やかなものにするために準備をすることが、ペットの終活となります。とはいえ、活動内容は人間の終活とほぼ同じです。亡くなってから家に飾る遺影をどの写真にするか、葬儀や火葬を行う業者をどこにするか、骨壺はどんなものにするか。それぞれ、納得のいくように事前準備をしていきます。具体的にはどんな流れになるのか、種類別に見ていきましょう。

 

亡くなってから火葬までの段取りを決めておく

持ち家の場合は、ペットが亡くなったら庭に埋めるという人もいるでしょう。しかし衛生上の問題もあり、今ではほとんどが火葬を行います。官営火葬場のなかには、ペットの火葬を行ってくれるところもありますが、お骨が帰ってこないことが考えられます。お骨をお墓や家で供養したいと思っているなら、個別にお骨を残してくれる火葬場を探しておきましょう。霊園を備えているペット火葬場であれば、そのままお墓へ納骨することも可能です。また、とくにお寺が運営しているペット火葬場では、簡単な葬儀を行ってくれる場合があります。人間並みに手厚い供養をと望んでいるなら、葬儀を行ってくれる火葬場を探さなければなりません。葬儀、火葬、お墓への納骨とするか、火葬だけ行ってお骨を持ち帰るかなど、亡くなってからの一連の流れを組み立てておきましょう。見積もりもお忘れなく。

 

どのように供養するかを決めておく

ペットのお骨を、どのように供養するかを決めておきましょう。家で供養する、ペット霊園に葬る、お骨を返してもらわず火葬場に処理を任せるなど、さまざまな方法があります。霊園に葬るとしても、個別のお墓を購入するか、他の家のペットたちと合祀にするか、ペットと一緒に眠れる人間用のお墓を購入するかといった選択肢があります。どのように供養したいのか、あらかじめ決めておきましょう。もし決められないなら、ひとまずお骨を家に連れ帰るということだけでも頭に入れておきます。いったん連れて帰れば、あとでいくらでもゆっくり供養の仕方を決められるためです。

 

家で供養する場合は手元供養品をチェックしておく

「ペットは家にいたのだから、亡くなってからも家で弔いたい」という人は、家でどのように弔うかも決めておきましょう。人間の遺骨を自宅で供養するための手元供養品は小ぶりなため、ペットを弔うのにもぴったりです。小さな骨壺はさまざまな形のものが出ていますから、自分のペットらしさが出ると感じられる商品に目星をつけておきます。

 

思い出を振り返るための素材を集めておく

ペットに老いを感じ始めたら、写真や動画を集めておく作業にとりかかりましょう。生きていた頃の元気な姿を目にできることは、ペット亡きあと、飼い主にとって最大の癒しとなります。何気ないと感じられる仕草でも、1年後にはかけがえのない映像になっているかもしれない。そんな気持ちで撮影します。また、とくにワンちゃんや猫ちゃんの場合には、抜け毛を集めておくのもいいでしょう。亡くなってからもなお、ペットのフワフワの手触りを感じられるということは、何にも代えがたい財産です。

 

辛い作業でも、あとで自分の心を助けるためと思うのが大事

もしかしたら「ペットの終活なんて、死ぬのを待っているようで嫌だ」「亡くなった後のことを想像してしまって辛い」という人もいるかもしれません。もちろん、無理に行う必要はありません。しかし、いざ亡くなってみると「こんなに慌てるのなら、きちんと火葬場を探しておけばよかった」「もっと動画を撮っておけばよかった」「毛を取っておけばよかった。あの子に触りたい」と、後悔する人がたくさんいるようです。ペットが亡くなってしまってからのほうが絶対辛いのだから、未来の自分を救うためにも、今少しだけ辛さを我慢してみませんか。少しでも後悔をなくすためにと、自分を励ましながらペットの終活に臨みましょう。

 

まとめ

以上、ペットの終活についてお伝えしました。今や、子どもの数よりペットの数のほうが多い時代。ペットを家族の一員と考えれば、終活は必要です。たくさんの幸せをくれる彼らのために、最後は飼い主さんがしっかり供養をしてあげましょう。供養の方法は、人さまざまです。自分とペットにとって、ピッタリの形を見つけることが大事です。

関連記事:ペット樹木葬ができるおすすめの樹木葬墓地5つ~関東編~

関連記事:ペット樹木葬とは?一緒に自然へ還れるお墓のかたち

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

エンディングノート

終活でエンディングノートを作ろう!自分の人生を終える準備

終活とは、自分の死後に遺族が困らないよう、生前にさまざまな準備・整理をしておく活動のことです。近年では少子高齢化の進行により、終活をする人が増えてきています。その一環として、エンディングノートの作成があります。これは遺言書とは異なり法的な拘束力はなく、遺品の処理や葬儀の希望などについて書き記したものです。

就活セミナー

終活セミナーでは何を教えてもらえるの?

終活とは、人生の終末に向けて残りの人生を前向きによりよく生きていくために、また残される家族のために、葬儀やお墓、相続や、遺言、断捨離等を元気なうちに考えて準備をしておこうという活動のことです。ただ、終活をしようと思っても具体的にどのようにして決めていけばよいのか、どのように行動すればよいのかわからない人も沢山いるかと思います。そんな終活を始めてみたいと考えている人の為に、終活の進め方を指導してくれるのが「終活セミナー」です。日本全国で行われている「終活セミナー」について学んでいきましょう。

終活とは

終活とは?どんなことを考え・準備し、何歳くらいから始めるもの?

「終活」とは、「人生の終わりをよりよく締めくくるための準備をし、より良く自分らしく生きていくための活動」のことを指します。この言葉は平成21年に『週刊朝日』で連載された「現代終活事情」により広く知られるようになり、当初は自分の葬儀や墓について生前に準備することのみをさしましたが、言葉が定着するにつれ、医療や介護についての要望、身辺整理、遺言、相続の準備なども含まれるようになりました。ここでは、そんな「終活」が具体的に何を考え準備していかなければならないのかなど、詳しく紹介します。

エンディングノート,終活

エンディングノートとは?医療・葬儀やお墓について自分の意志を記そう

エンディングノートを書いてみようという方が近年増えています。エンディングノートとは、人生の終末を迎えるにあたり、残された家族や親族に自分の意思や考えを伝えるために記しておくノートです。遺言状のような法的な効力はありませんが、気軽に自分の意思を書いておけるといったメリットがあります。では、どんな事を書けばよいのか。どのような活用法があるのか等を学んでいきましょう。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ