MENU

樹木葬購入者の体験談③~コスト面と管理面重視~|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > ランキング・口コミ > 樹木葬購入者の体験談③~コスト面と管理面重視~

樹木葬購入者の体験談③~コスト面と管理面重視~

近年注目を浴びている樹木葬について、実際に購入された方に樹木葬を選んだ理由、実際に購入した樹木葬の詳細など伺いました。樹木葬を検討している人、興味を持った人はぜひ参考にしてください。

樹木葬,体験談,樹林墓地


樹木葬とは?里山タイプからガーデニングタイプまで様々

樹木葬とは、墓石を墓標とせず、代わりに樹木を墓標とし、自然や緑に囲まれた環境に埋葬される葬送方法です。日本での始まりは岩手県の里山タイプ(山林の中に遺骨を散骨・埋葬する葬送方法)とされていますが、現在ではきっちりと整備された区画ながらも自然に囲まれた環境に埋葬される公園タイプや、都心などアクセスのよい墓地の一区画を利用したガーデニングタイプなども多くなっています。詳しくは、当サイトの「樹木葬とは」ページをご覧ください。

 

樹木葬購入者にインタビュー

今回は、東京都内にある樹木葬墓を購入されたNさんにお話を伺いました。実際に購入された樹木葬の詳細から選んだ理由までぜひご覧ください。

樹木葬購入者・Nさんのプロフィール

  • 性別:女性
  • 既婚・未婚:既婚
  • 子どもの有無:無し
  • 兄弟姉妹:兄一人

 

樹木葬を選んだ理由

今回お墓を購入するにあたり、本来であれば生前から用意していた墓(更地)があり、そこに墓を建てるのが筋ですが、下記の理由から前々から知っていた樹木葬の購入に至りました。

  1. 両親が離婚している
  2. 故人との仲があまり良くなく、長男が同じ墓に入りたくない
  3. 新規で世間一般的なお墓を建てると、管理+墓終いせねばならず、コストが膨大にかかる
  4. 永代供養が可能

 

お墓の検討から購入までの流れ・経緯

考え始めた時期

告別式が終了した後あたりから。

決定時期

1週間前後で購入は決めてはいましたが、親戚等の説明や説得・副住職様との面談を経て3週間前後で決定。お墓は自身の親のものであるのですが、親戚が口をだしてきたりで、なかなか先に進めませんでした。確かに前項に述べた通り、更地の墓はありそこに入れるのが本来の筋ではありましたが、墓石等一式で300万弱のコストに、墓じまいコストで200万という膨大な金額をかけられないので、なんとか親戚を説得し、樹木葬で落ち着けることができました。

樹木葬検討時のトラブルはありますか?

親戚関係の説得で、本来入れる場所にいれないと「縁を切る」とまで言われました。

 

購入した樹木葬は東京都内の家族墓タイプ

  • 場所:東京都内
  • 名称:樹木葬
  • 誰のお墓か:親
  • お墓のタイプ:家族墓・寺院内小区画タイプ
  • 外観:丸い石碑を立てられるタイプ。(その石碑の下に3人まで入れられる)
  • 費用:お墓:60万、50年の管理費:10万

東京の樹木葬を選んだ理由

この樹木葬を選んだ理由は以下の通りです。

コスト面

コストが安価で永代供養が大前提にあり、その部分が保証されていたのでコストに見合う中身であると思いました。

自然豊か

植物がたくさんあり、とても綺麗にお寺で管理されていると見学の際に思いました。四季を感じられるのも故人にとっても私達にとっても良い環境であると考えました。

寺院内の樹木葬であること

長く続いているお寺内の樹木葬ということで、信頼も厚く、副住職様とお話をしてより信頼ができました。さらに、長く続いているお寺様ということで、檀家も多く樹木葬墓地の方にも毎日誰かしらお参りにきているようなので、個々の墓を建てて、管理が出来ず荒れるよりもよっぽど供養になると判断したからです。

故郷である

故人が生まれも育ちも東京都の出身で、生前は地方の病院で過ごしていた為、亡くなった後くらいは、せめて故郷に戻してあげたいとの想いからこの地を選びました。

 

購入した樹木葬の良いと思う点と懸念点

良いと思う点

  1. コストが安い
  2. 管理がいらない
  3. いつでもお参りにいける

懸念点

  1. 50年という限定された管理
  2. 全て合同でお経を唱えられる
  3. お経を唱えるときは外で行われる

上記のような懸念点が考えられますが、特に現状で不満に思っているわけではありません。

 

樹木葬をこれから購入・検討されている方へのメッセージ・アドバイス

ご自分で考えられてるよりも、親戚関係がなかなか口を出してきてスムーズに進まないことがあります。お墓は続くもので、誰か1人でも入れば管理とコストがかかってくるので、後世に誰が入るのかをちゃんと考えた上で検討された方がよいと思います。樹木葬墓地は、うちが購入したところは50年は個々に入る形ですが、その後合祀ということで、自身がいなくなった後でも私としては安心しています。また、今回私は故人の死後に手続きをしましたが、生前から先にお墓を購入しておくのも一理あると思いました。近年樹木葬が流行っているのか、時期的なものかもしれませんが、同じタイミングで購入されているご家族が多かったです。一般的なお墓を建て、墓じまいするコストの1/6程度で、永代供養までいけるのはとても魅力だと思います。ぜひご検討ください。

 

樹木葬購入者の体験談:おわりに

樹木葬購入者へのインタビュー第三弾をお送りしました。今回のNさんは第一弾、第二弾とは違い東京の都心型(寺院内小区画)樹木葬を選ばれていましたね。都心型が選ばれる理由の多くは「コストの安さ」「参拝のしやすさ」などですが、Nさんもやはりコスト面を重視されていました。特にNさんの場合は新規のお墓・墓石建立すると数百万という状況のため、安くてかつ寺院管理で安心できる、東京・練馬の樹木葬を選ばれたようです。Nさんもおっしゃられていたように、管理が行き届かず荒れ果ててしまうよりは、従来のお墓の形とちがってもしっかり永代供養してくれる樹木葬の方が故人への供養になると言えます。慣習やしきたりにとらわれずに、何が故人の供養になるかが重要でしょう。

関連記事:樹木葬購入者の体験談|岩手県花巻市の里山タイプを購入されたKさんの場合

関連記事:樹木葬購入者の体験談②~宗教宗派不問がポイント~

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

神奈川 樹木葬,樹木葬

神奈川県の樹木葬おすすめ5選!

神奈川県には樹木葬ができる霊園や墓地が増えており、人気や注目も集めています。そこで、神奈川県のおすすめ樹木葬霊園を5つ紹介します。選出ポイントは、外観の綺麗さ、自然度合い、設備の充実度です。

公園型おすすめ樹木葬

東京のおすすめ樹木葬 | まるで公園のような花と緑に溢れた樹木葬5選!

東京の樹木葬のほとんどが、花壇に骨壺を埋葬するようなガーデニングタイプが多いことを知っていますか?敷地面積を十分に確保できない都内では、自然と調和がしている公園のような素敵な樹木葬墓地を見つけることが困難だったりもします。そこで、東京都内にある樹木葬の中から、苑内が広々としており花と緑に溢れた安らげる公園型樹木葬を5つ、厳選して紹介します。

お墓購入体験

お墓の購入体験|由緒ある墓石で供養を

樹木葬の購入体験に続き、石のお墓を購入したIさんにお話を伺いました。お母様の遺骨をしっかり供養したいということでお墓の新規購入を検討されたIさん。自然に眠るという形の樹木葬とも悩まれたそうですが、最終的に決められたのは寺院管理の石のお墓。ですが、しっかり自然に帰れるように土に埋葬されるタイプのお墓と、由緒ある墓石を選ばれました。そんなIさんの購入に至る経緯、お母様への想いなどを紹介していきます。

石垣島,樹木葬

樹木葬購入体験④「石垣の大自然の中で眠りたい」

樹木葬を購入予定のIさんに新たにお墓を購入する経緯、樹木葬を選んだ理由、樹木葬のメリットデメリットなどを伺いました。樹木葬に興味のある人、気になっている人、お墓を新規購入しようとしている人はぜひぜひチェックしてみてください。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ