MENU

永代使用料とは?価格の相場と注意点について|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 費用・価格 > 永代使用料とは?価格の相場と注意点について

永代使用料とは?価格の相場と注意点について

お墓を建てる際に必要な費用の一つに「永代使用料」があります。これは墓所の土地の使用権を取得するための費用であり、お墓の形態や立地条件によって20万円~200万円と大きく異なってきます。永代使用料とは何か、何によって料金が変わってくるのか、また永代使用料についての注意点などについてこの記事ではお伝えしていきます。

永代使用料とは


永代使用料とはお墓の土地代のこと

お墓の購入を検討する際に見聞きする「永代使用料」。どんな費用なのかよく分からないという方がほとんどではないでしょうか。そもそも墓石の購入料金だけじゃないの?と驚かれる方もいらっしゃるでしょう。お墓を建立するためには、実際には墓石そのものの購入費用とは別に、そのお墓の土地代=永代使用料が必要です。永代使用料を払えば永代と名のごとく、半永久的にその土地をお墓として使用することができ、取得者の子孫へと代々その権利は受け継がれていきます。しかしながら、あくまでも「使用権」であり、お墓のための土地を借りているという状態なので、その土地を売買したり他人に貸したりすることはできません。
 

永代使用料の価格帯は20万~200万円

永代使用料はお墓の土地代のことなので、立地条件や霊園・墓地の形態によって価格が大きく変わってきます。立地による金額の違い、墓地の形態による金額の違いを見ていきましょう。

立地による永代使用料の違い・相場

永代使用料は、一般的に首都圏に近づくほど金額は高くなり、かつ周囲の環境(駅までのアクセス等)によって変動します。やはり東京23区の永代使用料は全国のなかで最も高く他と比べて2倍ほど差があることもあるそうです。
 

  • 全国の平均…約70万~80万円
  • 東京23区…約150万~200万円
  • 23区外…約50万~100万円
  • 神奈川・千葉・埼玉…約20万~50万円
  • 大阪・福岡・愛知…約50万~80万円

また、永代使用料の他に別途年間で管理料が必要となります。
 

永代使用料は墓地の形態によっても違う

立地に加えて墓地の形態によっても同じ都道府県・地区でも金額が変わることがあります。

 

寺院墓地 | 永代使用料の費用レベル★★★

寺院墓地とはお寺が管理・運営する墓地のことで、永代使用料は公営墓地や民営墓地よりも高いことが多いようです。寺院墓地はその境内に墓所が併設されています。お寺の檀家となっている人々のお墓のため、新しくお墓を建立するためにはまずは檀家になることが前提の場合が多いでしょう。ただし、法要や葬儀を行う際は墓地と同じ敷地内で行うことができるというメリットもあります。
例:東京都内 A寺院墓地の永代使用料:160万円
 

民営墓地 | 永代使用料の費用レベル★★☆

宗教法人や社団法人から委託された民間企業が運営・管理を行う墓地のことで、宗教や宗派を問わず利用でき、墓石のデザインや墓所の広さなども相談できるため希望に沿ったお墓を建立しやすい。デザインや広さによって金額が変わるため、場合によっては寺院墓地よりも高いこともあれば、公営墓地よりも安く抑えることも可能です。例:東京都立霊園の永代使用料:95万円
 

公営墓地|永代使用料の費用レベル★☆☆

都道府県や市町村などの自治体が管理・運営する墓地のことで、一般的に永代使用料や管理費が他と比べて安いことが特長。ただし、希望者が多く抽選になることも多く、また墓所の広さを選ぶことができないため、希望のお墓が立てられないことも。例:東京都内の公営墓地 永代使用料:70万円

 
*費用レベルは目安としてお考えください。
 
一般的には上記のような違いがありますが、同じ墓地形態でも立地によって50万円以上の差が出ることもあります。例えば、東京23区内の民営墓地の永代使用料が100万円で、東京都下あきる野市の民営墓地の永代使用料は50万円、といった具合です。ですので、お墓の購入を検討する際には墓地の形態だけでなく立地についてもしっかり検討していくことをおすすめします。

 

永代使用料についての注意点:管理をしていないとお墓が撤去される可能性も

永代使用料を払っていたとしても、管理を怠るとその永代使用権が無くなってしまう可能性があります。多くの墓地の場合、永代使用料のほかに管理者への管理費や維持費の支払いが必要であり、毎年徴収されます。管理費は年間3,000円~2万円ほどです。その支払いが滞ってしまったり、お墓を引き継ぐ人がいなくなってしまったりした場合には、墓地の管理者によってお墓の撤去をされてしまうことがあります。後々トラブルに発展しないためにも、やはりしっかりと管理をしてお墓を引き継いでいくのが良いでしょう。お墓が自分の代で無くなってしまった、なんてことにならないように、お墓の購入前に永代使用権や管理費についての規定を必ず確認をしましょう。

 
関連記事:樹木葬は寺院・民営・公営によって費用が異なる?


あわせて読みたい

樹木葬は寺院・民営・公営によって費用が変わるって本当?

樹木葬は墓石の代わりに樹木を植えるお墓の形式のことです。一般的な石のお墓より安価なイメージが有りますが実際のところはどうなのでしょうか。また経営母体によっても価格相場は変わるのでしょうか。墓地の違いによる価格の変動や主にかかる費用について紹介していきます。

お墓の管理費

お墓の管理費、滞納したらお墓を撤去される!?

墓地不足や非婚化によるお墓の継承者がいないことから納骨堂等の永代供養が注目されていますが、従来の先祖代々のお墓が良いという方もまだまだいるかと思います。先祖代々のお墓を維持するためには、お寺や霊園の管理者に管理費を毎年支払う必要があります。この管理費は掃除費や水道代・電気料金に充てられます。料金は安いところで数千円、高いところでは2万円程と幅は広がります。では、管理費の支払い義務のある方が亡くなった場合や、貧困を理由に管理費を滞納した場合はどうなるのでしょうか。

樹木葬、管理費が払えなくなったらどうなるの?

近年、需要が増加している樹木葬は、費用を抑えられることや継承者がいなくても申し込みが可能なことが大きな魅力です。しかし継承者がいなくなり、毎年の管理費が払えなくなった場合、どうなるのでしょうか。ここでは樹木葬の管理費について説明します。

改葬にかかる費用は?離檀料は本当に納めなければならない?

改葬という言葉を知っていますか?今あるお墓を更地にして、新しいお墓などへ遺骨を移動させることを改葬といいます。改葬には、ある程度まとまった費用が必要です。お墓の撤去費用と、新しいお墓を整える費用の他に、檀家を離れるための離檀料を要求されることもあるでしょう。改葬にかかる費用の相場や内訳を示したうえで、離檀料について解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ