MENU

墓石は必要?お墓が「石」である理由。「石」以外の選択肢の「樹木葬」|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > お墓・お葬式 > 墓石は必要?お墓が「石」である理由。「石」以外の選択肢の「樹木葬」

墓石は必要?お墓が「石」である理由。「石」以外の選択肢の「樹木葬」

昨今、ライフスタイルの多様化にあわせて、遺骨の埋葬方法にも新しいスタイルが登場しています。特に、お墓の継承者が不要である樹木葬・納骨堂・散骨・宇宙葬・ゼロ葬などはここ最近登場して注目されている形式です。しかし、本当にそのような供養の仕方で大丈夫なのか心配な方も多いのではないでしょうか。ここでは、改めて「墓石」の必要性を考えます。また、墓石を不要と感じた人のための墓石以外の選択肢、樹木葬についても紹介します。

墓石の必要性


お墓はには必ず墓石が必要な訳ではない

「お墓」と聞くと、縦長の石塔をイメージされる方がほとんどなのではないでしょうか。それくらい日本における遺骨の処理方法は、土中への埋葬、そして石塔の建立が一般化されています。しかし厳密には「お墓」=「石塔」とは言い切れません。広辞苑ではお墓の意味を「死者の遺骸や遺骨を葬った所」と明記されており、石でなければならないとはどこにも書いていないのです。
また世界に目を向けてみると、例えばインドでは遺骨や遺灰はガンジス川に撒いて流します(水葬)。チベットでは遺体を解体した後に野天に放置して鳥に啄ませます(鳥葬)。中国や韓国などではひと昔前までは遺体を土に埋め、その上に土を盛り、土まんじゅうにしていました(土葬)。日本でも明治以前は土葬が一般的で、土葬の一つである古墳をお墓としていたことは歴史の授業で習ったのではないでしょうか。近代以前の浄土真宗地帯では遺体や遺骨はさほど重要視されずに、土葬にはせずに野焼きにし、遺骨は放置されていたとも言われています。浄土真宗の開祖である親鸞聖人は自身の死後の遺体の処置に関して弟子たちにこう述べています。

 

 其閉眼せば賀茂河にいれて魚に与うべし(私が死んだら、遺体を賀茂川に投げ入れて、魚のえさにしなさい)

 

先祖崇拝ではなく、阿弥陀信仰を本義とした浄土真宗の考え方が「野焼き」の風習を生んだと言えます。このように見ると、死者の供養として土中への埋葬と石塔の建立が当たり前、というわけではないと考えられます。

 

お墓に石が建てられた始めた理由

「古事記」の千引岩もその一つ?

お墓に石が建てられるようになった理由のヒントが、日本最古の歴史書である『古事記』にあります。「黄泉の国」の章で、「千引岩」というものが出てくるのですが、これはイザナギノミコトが死んだ妻のイザナミノミコトに会いに黄泉の国まで行った際、最後は一緒に黄泉の国(つまり死の世界)に残って欲しいと懇願され、妻から追われてしまいます。イザナギノミコトは逃げまどいながらこの世とあの世の境がなかったところに、大きな千引岩で蓋をして黄泉の国と別れを告げます。このように日本では古くから死者に対する供養の一つに石が用いられてきたことが窺い知れます。

土葬のままだと野犬やイノシシに遺体が荒らされた

また現実的な観点からは、昔は遺体を埋葬しても野犬やイノシシなどが荒らしてしまうことが多発したそうです。そうした衛生的な理由から、動物たちに遺体を荒らされないよう、埋葬地に石が置かれ始めたとも考えられます。

石は永遠の象徴のようなもの

今でも数千年前の岩から化石が発見されるように、石は永遠性の象徴でもあります。ダイヤモンドのような宝石を「永遠の輝き」などと表現しますが、墓石も生命の永遠性、永続性の象徴として祀られてきました。これまで日本人の先祖祭祀では、生きている自分自身よりも長く続く先祖の連続性を大切にしてきました。自分たちよりも長く続く命を託す対象として、堅牢で頑丈な石はどのような天然物よりも適していたと思われます。

 

墓石を必要としない理由

墓石の由来や必要性を紹介してきましたが、逆に墓石でなくていい理由、墓石を必要としない理由についても挙げていきましょう。

墓石の石代、加工代、デザイン代が高い

墓石の値段はピンからキリまで、石の種類や産出地、またどこどこのお寺の石垣の石から掘り出した、などの付加価値、等によって金額が大きく変わり、だいたい50万~150万円といった幅があります。また、石代だけでなくデザイン代や加工代、設置工事費など費用がかさむ場合もああります。墓地は墓石だけでなく土地の使用料(永代使用料)も払うため、墓石と合わせると簡単に200万を超えることもあるためなかなかすぐに出せる金額ではないという人も多いでしょう。

清掃など管理が大変

墓石を使用しているお墓=従来の墓地は、墓地区画の掃除や草むしりを自分達でやらなければいけません。ひと昔前の様に、兄弟姉妹が何人かで分担できる場合はよいですが、一人っ子や子供がいない高齢者にとっては、かなりの負担を要します。雑草が生い茂る季節になると種が飛んできて敷石の間にも根を張って、草むしりだけでも大変な作業になります。結局お金をかけて業者に頼んでいる方も多いようです。このように一人で墓守をしている、お墓の近くに住んでいない、仕事が忙しいという理由から墓石が不要であると考える人も増えています。

遺骨が残ったままになる

墓石タイプのお墓の場合、大方の場合が遺骨は骨壷に入れて収蔵されることがほとんどです。その場合何十年後でもずっと遺骨が残ったままです。死後は自然に還りたい、骨を残しておきたくない、という希望がある人は墓石タイプではなく散骨や樹木葬を選ぶようです。

 

上記のように墓石が絶対必要というわけではない人の意見を紹介しましたが、墓石が不要というよりは墓石タイプ=従来のお墓のタイプを選択することによってお金がかかる、管理が大変、といった問題が出てくることによりほかのタイプのお墓を考えるといったほうが正しいでしょう。

 

現代社会にそぐわなくなってきた石のお墓

心情的にはお墓を建てたいけど、跡取りがいない、子供たちはみな都会に出てしまった、予算がそこまでかけられない、などの理由から、現代ではお墓を建てない方が増えているのも事実です。ここで思い出して欲しいのは、死者供養のために大切なことは、高いお金を払って墓石のお墓を作ることが重要なわけではないということです。樹木葬であれば墓標を石ではなく木、あるいは里山にしたものです。納骨堂であれば、お寺や霊園のお堂を埋葬供養の場所としたものにあたります。これらは、故人の遺骨を安置し供養する場を設ける、また故人を想う場所を設けるという、というお墓本来の意味とかなっているのです。例え墓標として石がなくとも、これらの埋葬方法は現代のニーズに適った葬法であり、故人への正しい供養になっていないということではないのです。

 

墓石が不要な人にあったお墓のかたち「樹木葬」とは

それでは墓石は使いたくない、不要だと考える人にはどんな形の葬送方法、供養方法があるのでしょうか。墓石以外のお墓の形であれば自然葬がおすすめです。自然葬とは本来「死後体も心も自然に還る」ことを目的とした葬送方法ですが、実際の手法としては散骨や樹木葬があります(※樹木葬は自然葬とは別であるという考えもあります)。従来のお墓は、寺院内や霊園墓地等の区画を購入し、墓石を建てますが、散骨や樹木葬では墓石を不要とするため、墓石代が高い、管理が大変だといった問題も解消できます。ただし、毎年お参りに行きたい、墓石はなくてもいいけど墓標は欲しい、という人には樹木葬が良いでしょう。散骨ですと遺骨を粉砕して山や海に撒く形となり、どこがお墓かという明確なものが無くなってしまいます。一方で、樹木葬であれば自然に囲まれた環境にありつつも樹木やプレートなどの墓標があるのでどこに故人が眠っているかは分かるようになっています。このように、墓石は不要、費用はおさせたい、でもお墓は欲しい、という人には樹木葬が最適と言えるでしょう。ただし、樹木葬の中には合祀墓と言われる他の人の遺骨と混ざって埋葬されるタイプのお墓もありますのでその場合はシンボルとなる大樹や供養塔にお参りすることとなります。

 

上記以外にも樹木葬が選ばれる理由はいくつかありますのでこちらも見ていきましょう。

樹木葬は継承者がいらない

樹木葬ではお墓の継承者が要りません。お墓を継ぐ子供がいなくても、契約をすることができるのです。年間の管理費が必要な場合もありますが、一定期間を超えると合祀され永代供養されるので安心です。

樹木葬は自然環境保全に繋がる

樹木葬は先述のとおり墓石を使わず人間が自然に還ることを目的のひとつとしています。里山型墓地の場合は、埋葬する場所に人工物を一切使用しない為、環境に配慮したお墓の形態であり、更に、人の手が入らないままで荒れていた里山の再生にもつながるため、環境保全の役割も担うお墓と言えます

 

おわりに

 

墓石の歴史や必要性、逆に不要である意見など紹介してきましたが、一番大切にしたいのは自分もしくはお墓にはいる人の意志がどうであるかです。特に、散骨、ゼロ葬、宇宙葬などを行う場合はよく考えてから実行することがおすすめです。遺骨を全て散骨してしまえば、もうどこにも故人を想える場所がなくなってしまい、遺骨がどこに行ったのか分からなくなってしまいます。私たちは大切な人の死を自分たちの心の中に抱えて生きていきます。しかし人間の心というのは大変不安定で頼りないもので「心で向き合えれば大丈夫」と言いつつ、忙しい毎日の中、ついつい死者を忘れがちです。だからこそ、行けば会える「お墓」を人々は必要としてきました。けれども、経済的な理由、家族の理由などから従来のお墓の形を維持するのが難しい時代となりました。その流れで現代においては、墓石の代替の場所として、樹木葬という故人が眠る場所が分かるお墓が出現したようです。今後もまた新たなお墓の形は生まれていくでしょう。今の主流、伝統にあまり縛られず自由な選択をしていくことをおすすめします。

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

墓じまいをする墓地

墓じまい、そのとき遺骨はどうする?後悔しないための4つのポイント

後継者がいないために先祖代々のお墓を更地にし、管理者へ墓地を返還することが「墓じまい」と呼ばれるようになりました。今あるお墓を無縁墓化させないためには、これから家族の形がどうなっていくのかを正確に予想し、早めに決断をすることが大切です。墓じまいで後悔しないためにはどうすれば良いか、そのポイントをお知らせします。

改葬のメリットデメリット

改葬を行う理由とは?メリットとデメリットを比較

改葬を考える人は年々増加傾向にあります。お墓の維持管理の負担を軽減し、時代に合わせた供養ができるなど、多くのメリットが注目されているからです。しかし、改葬には少なからずデメリットも存在します。よく考えずに改装を行うと、負担を減らすどころかトラブルを招きかねません。ここでは、改葬のメリットとデメリットを比較し、改葬時の注意点をまとめました。

家族葬とは?直葬や密葬とどう違う?

家族葬、直葬、密葬など、お葬式の形式を表す用語はさまざまあります。それぞれどのような意味で、どんな違いがあるのでしょうか。今回は、家族葬について説明したうえで、直葬や密葬との違いを解説します。

宗教による葬儀の違いを解説ー仏教・神道・キリスト教ー

宗教によって、葬儀の意味や流れ、かかる時間などは違ってきます。仏式教以外の形式で行われる葬儀に参列するとき、「どんなふうに振る舞ったらいいんだろう?」と戸惑うことはありませんか。仏教、神道、キリスト教、それぞれの葬儀の違いを解説します。

戒名はいらない?

戒名はいらない?授からない場合は仏式で葬儀を行うことも見直そう

仏式で葬儀をすると、戒名をもらうのは当たり前のこととされています。しかし、最近では死後の名前など必要ない、「戒名はいらない」と言う人も増えてきているようです。その主な原因は、高すぎるお布施にあるとされます。戒名は本当にいらないのか、「戒名」のそもそもの意味から考えてみましょう。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ