MENU

檀家・信徒・門徒それぞれどんな意味で何が違う?|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 用語説明・豆知識 > 檀家・信徒・門徒それぞれどんな意味で何が違う?

檀家・信徒・門徒それぞれどんな意味で何が違う?

檀家とは、特定の宗派のお寺に所属し、そのお寺に対して経済的な援助を行う家のことを指します。しかし檀家とならんで「信徒」や「門徒」という言葉を耳にすることが多いことでしょう。ここでは檀家・信徒・門徒、それぞれどんな意味や違いがあるのか、紹介します。

檀家 門徒 信徒


檀家とは?

 檀家とは特定のお寺を経済的に援助する家のことを指し、援助を行うお寺のことを「菩提寺(ぼだいじ)」や「旦那寺(だんなでら)」と呼びます。檀家になると葬儀の際の法要はもちろん、お墓の管理や先祖供養などを全てそのお寺にお願いすることができますが、お寺自体の修繕費など、法要の際に渡すお布施以外にも寄付金を支払うなどの義務が発生します。この檀家制度は江戸時代より始まったと伝えられていますが、現代では崩壊しつつあります。ちなみに檀家と言う言葉は、サンスクリット語の「ダーナパティ」と言う言葉が元になってできたものといわれています。

 

檀家と同じ意味?信徒・門徒とは?

 「檀家」以外にも、さまざまな呼び名があり「信徒」や「門徒」などの呼び名を聞いたことがある人もいると思います。実際のところ檀家と同じ意味で使われており、仏教の宗派によって信徒や門徒と言う呼称を使うことがあります。

 

信徒とは?

 信徒とは特定の宗教を信じ、また教団や寺院などに属している人を指す言葉として使われることが多いです。「私は〇〇宗に所属しています」と自己紹介する場合に「私は〇〇宗の信徒です」というように、どこの宗派に属しているかを紹介する際に「信徒」と言う言葉を使うそうです。

 

門徒とは?

 門徒の場合は、。もしくは「私は〇〇宗の△△寺に所属しています」と自己紹介する場合に「私は〇〇宗の△△寺の門徒です」と、どこのお寺に属しているかを紹介する際に「門徒」と言う言葉を使うこともあるそうです。しかし現代では浄土真宗の檀家のことを「門徒」と呼ぶことが一般的となっており、門徒=浄土真宗の檀家という使い方の方が多いといえるでしょう。
ちなみに浄土真宗本願寺派では、「浄土真宗本願寺派宗法」と言う、信仰者が守るべき規約を設けているのですが、その第27条には「門徒とは、僧侶および寺族以外のもので、第2条の目的を遵奉し、本山に帰向し、特定の寺院又は教会に帰属し、その備付の門徒台帳に登録されたものをいう」という記載がされていて、宗派として檀家の呼び名を「門徒」のみとして扱っている事例もあります。
 さらには、宗派によっては、檀家として長い間寺院と付き合いがある人間を「門徒」と呼び、比較的新しい信者や他の寺院に属している人を「信徒」として区別する場合や、「その寺院が持っている霊園の利用者であるか」など、寺院との関わり方によって呼称を使い分けている事例もあるようです。

 

関連記事:檀家になるとは?檀家制度、離檀、お布施など


あわせて読みたい

「葬儀」と「告別式」、「お葬式」の違いって?

「葬儀」、「告別式」、「お葬式」と、弔いのための儀式には様々な呼び方が存在します。いずれも同じような意味合いで使っている人が多いと思われますが、実は明確な違いがあります。それぞれ解説しましょう。

墓じまいと永代供養 違い

墓じまいと永代供養の違いとは?

近年の少子高齢化や首都圏への人口集中などにより、お墓を巡る環境が激変しています。住居の都合で故郷にある先祖代々の墓守が難しい、子どもがいないなどの理由で、お墓の継承者がいずれ途絶えるのは明白な家庭も増えてきました。そのまま放置しておくと先祖代々のお墓は無縁墓となり、墓地から墓石ごと撤去されてしまいます。そのため、「墓じまい」をしたり、先祖代々のお墓を「永代供養」の墓へ改葬するなどを行う人が年々増加しています。今回は「墓じまい」や「永代供養」をお考えの方に向けて、「墓じまい」や「永代供養」とはどういったものなのか、その違いなどについて紹介します。

永代供養墓

永代供養とは|供養期間や費用はどれくらい?永代使用との違いとは

永代供養とは、お墓参りや供養をする身内(縁故者)がいなくなり、無縁仏となってしまうことを避けるために、寺院などの管理機関が責任を持って永代にわたって供養することを指します。しかし最近では、将来、身内(子どもなど)に墓守りの心配や負担をかけたくないという理由から、生前に永代供養の申し込みをする方も少なくありません。永代供養の費用や期間について詳しく見ていきましょう。

宗旨宗派不問の複数の意味とは?4つのケースをご紹介

樹木葬ができる所を探そう、自分のためのお墓を購入しよう、そう思ったとき、折込チラシやインターネット検索をすると、樹木葬の価格やエリアの他に「宗旨宗派不問」といった文字を大々的に打ち出しているところを目にすることがあると思います。宗旨宗派不問、これはいったいどういうことなのでしょうか。こちらについて見ていきましょう。

戒名と法名の違い

戒名と法名の違い

戒名とは、本来仏門に入った証しとして、悟りを目指して修行に励み、戒律を守ることを誓うために仏様から授けてもらう仏弟子用の名前のことを指します。浄土真宗の場合、この戒名にあたる名前を「法名」と言います。一般的には戒名も法名もほとんど同じ意味とされていますが、実は少しずつ意味が異なります。ここではそんな戒名と法名の違いについて説明します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ