MENU

お彼岸にふさわしいお料理って?家族みんなが満足な精進料理を作ろう|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > マナー・慣習 > お彼岸にふさわしいお料理って?家族みんなが満足な精進料理を作ろう

お彼岸にふさわしいお料理って?家族みんなが満足な精進料理を作ろう

お彼岸には、おはぎやぼたもちをお供えするということを、ご存じの方は多いと思います。では、他に用意すべきお料理についてはいかがでしょうか。お彼岸中は、精進料理を作って小さなお膳に食事を整え、ご先祖様にお供えするというしきたりがあります。「お彼岸にふさわしい精進料理がわからない」「仏様ばかりではなく家族も楽しめる精進料理を作りたい」という人のために、お彼岸料理をご紹介します。


お彼岸の精進料理の基本

精進料理とは、肉や魚を使わない料理のことです。仏教では殺生を嫌うため、肉や魚を仏壇にあげるのは控えなければなラないという考えから、お彼岸やお盆に仏様へ供えるお膳には、精進料理を盛りつけるというしきたりがあります。ただ、厳密に肉や魚を使わないとなると、鰹や煮干しを使った出汁は使えないということになってしまいます。また、卵を使うこともできません。もちろん、本格的な精進料理を作るのであれば、出汁は昆布や椎茸で取ることになりますが、一般家庭で精進料理を作るのなら、そこまでこだわる必要はありません。調味料や下ごしらえの材料として、動物性のものを使うのは構わないととらえましょう。

 

お彼岸料理として代表的なのが精進揚げ(野菜の天ぷら)

お彼岸料理として代表的なのが、精進揚げです。精進揚げとは、肉や魚を使わない野菜の天ぷらのことで、とくに旬の素材を使うとご先祖様に喜ばれます。春彼岸ならたけのこ、たらの芽、菜の花などがおすすめです。秋彼岸なら、きのこ、ナス、根菜類などバラエティーに富んだ食材を使うことができます。精進揚げは、精進料理のなかでも華やかなので、お客様がたくさん訪れる日に作るのがいいでしょう。

 

豆は精進料理の強い味方

揚げ物と同様にボリュームがあり、満足感を高めるのが豆料理です。大豆の煮物など、豆そのものはもちろんですが、豆腐製品も大活躍します。揚げ出し豆腐や高野豆腐の煮物、厚揚げと野菜の炊き物、油揚げを使っていなり寿司など、簡単にボリュームのある一品が作れます。また、厳密には豆腐を使ってはいませんが、ごま豆腐も精進料理として有名なものの一つです。デザート感覚で楽しめるでしょう。

 

ちらしずしやわかめご飯などの変わりご飯で変化を

育ち盛りの子どもや、男性がたくさんいる家などでは、「精進料理ばかりでは物足りない」という声が聞こえてくることもあるでしょう。もちろん、おうちの人は肉や魚を取り入れた普段通りの食事を楽しんでも構いませんが、せっかくならご先祖様と一緒の食事を楽しみたいですよね。そんなときは、ご飯ものを工夫しましょう。レンコンの酢漬け、椎茸の含め煮、茹でたきぬさや、海苔を酢飯に散らせば、立派な精進ちらし寿司の完成です。わかめご飯やきのこご飯などの炊き込みご飯も、食欲をそそります。

 

そばやうどんを食べる地域がある

「彼岸そば」「彼岸うどん」などといった名称で、お彼岸にはそばやうどんを食べるというしきたりのある地域があります。季節の変わり目で弱った胃を、消化の良い麺類で癒すという意味があるそうです。そばやうどんの具もやはり肉や魚を使わないのが基本です。油揚げやネギ、野菜をたっぷり使った一品に仕上げましょう。精進揚げとあわせれば、天ぷらうどんの出来上がりです。

 

日持ちのする煮物や酢の物をたくさん作っておくと便利

昔ながらのしきたりをきちんと守る家であれば、お彼岸の7日間はお膳に精進料理をお供えすることでしょう。しかし、7日間続けて違う精進料理を作るのは大変です。そこで、日持ちのする野菜の煮物や酢の物をたくさん作っておけば、とても便利に使えます。鶏肉のかわりに高野豆腐や車麩を使った筑前煮は、お彼岸の定番料理です。秋彼岸なら里芋の煮っ転がし、春彼岸ならタケノコの土佐煮など、季節を感じさせる素材を使いましょう。酢の物も同様です。

 

お膳の小皿にはお浸しや和え物、漬物をつける

仏壇専用のお膳を使うなら、小皿がたくさん用意されていることが多いと思われます。「そんなに、何品も作れない」と不安になることはありません。主菜、副菜を盛りつけたら、あとは青菜のお浸しや、ごま和えなどの和え物、そして漬物を盛りつけましょう。そこへごはん、汁ものが揃えば、立派な一汁四菜の完成です。

 

まとめ

以上、お彼岸にふさわしい精進料理についてご紹介しました。仏様用、家族用と料理を分けて作るのは大変なので、精進料理でありながら家族みんなに喜ばれるものを作りたいですね。見た目の華やかさやボリュームに気を配れば、みんなが嬉しい精進料理を作るのは簡単です。品数を揃えるのが大変なら、市販の漬物やお惣菜を駆使しましょう。何より大切なのは、ご先祖様へ心を込めてお供えする、その気持ちです。

関連記事:お彼岸には何をすればいい?お彼岸の期間とお供え物の準備について

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

戒名はいらない?

戒名はいらない?授からない場合は仏式で葬儀を行うことも見直そう

仏式で葬儀をすると、戒名をもらうのは当たり前のこととされています。しかし、最近では死後の名前など必要ない、「戒名はいらない」と言う人も増えてきているようです。その主な原因は、高すぎるお布施にあるとされます。戒名は本当にいらないのか、「戒名」のそもそもの意味から考えてみましょう。

仏花,お墓参り

お墓参りのお花はどんなものが良い?

お盆やお彼岸の季節が近づくと、お墓参りをする機会が増えるかと思います。お墓参りに訪れる際、お供え用のお花は欠かせません。お供え用のお花には菊などの仏花を添えることが一般的ですが、必ずしも菊でなければいけないというわけではありません。ここでは、お供えにはどのようなお花であればよいのか、また避けたいお花などについて紹介します。

御朱印とは?その意味ともらい方

「御朱印(ごしゅいん)」をご存じですか?近年、御朱印を集めるために、神社やお寺に参拝する人が増えているといわれています。たくさんの寺社を周って御朱印を集めるのは女性が多いため、彼女らを「御朱印ガール」と呼ぶほど、ブームになっているとか。御朱印とはなにか、どうやってもらうものなのかについて解説しましょう。

仏教徒でもクリスマスを祝ってよい?

クリスマスプレゼントをねだったときに、「うちは仏教徒だから、クリスマスは祝いません!」と、冗談ながらに親から言われた記憶がある人はいませんか。また、「どうしてうちはキリスト教じゃないのに、クリスマスをお祝いするの?」と子どもに素朴な疑問を投げかけられたことのある人もいるのでは。そもそもクリスマスとは何かを解説し、仏教徒でもクリスマスを祝っていいのかについて考えます。

喪中はがきのマナー

喪中はがきはいつ・だれにどんなデザインで出せばよい?

喪中はがきとは、年賀欠礼の挨拶状のことです。身内に不幸があり、喪に服しているため年賀のご挨拶は辞退いたしますというご挨拶状です。喪中はがきの習慣は元々、明治・大正期に皇室の大喪に対し年賀欠礼を行っていた習慣が、昭和期に年賀状の普及に伴い、一般家庭の喪中でも年賀欠礼の挨拶状を出すように風習として定着した比較的新しい習慣です。今回は、喪中はがきを作る際のマナーなどについてご紹介したいと思います。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ