MENU

喪服が必要な儀式って?喪服のマナーとともに確認|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 喪服が必要な儀式って?喪服のマナーとともに確認

喪服が必要な儀式って?喪服のマナーとともに確認

葬儀や法要があるとき、一番迷ってしまうのが服装のことです。喪服は一度揃えてしまえば安心とはいえ、「この儀式には喪服が必要なの?そうではないの?」と困ることも多々あるでしょう。喪服が必要な儀式を、喪服のマナーとともに確認しておきましょう。


喪服が必要な儀式は親族か否かによって違う

喪服が必要になる儀式といわれれば、通夜、葬式、法事あたりを思い浮かべるのではないでしょうか。どれも正解ですが、喪服を着るべき儀式かどうかは、親族か否かによって違ってきます。絶対に喪服でなければいけないシーンと、喪服はそぐわないシーンとがありますので、注意が必要です。

 

親族が喪服を着る儀式は通夜から3回忌あたりまで

遺族を含めた親族であれば、亡くなって初めての儀式である通夜から喪服を着ます。通夜の翌日、葬儀でも喪服を着用し、初七日、四十九日、1周忌、3回忌あたりまでは喪服が必要です。3回忌を過ぎれば、地味な平服でもよいとされています。地域によっては、またその家の考え方によっては3回忌以降も喪服を着ることがあります。7回忌、13回忌と法要があるときには、近しい親族同士で話し合い、ドレスコートを決めましょう。なお、初盆に法要を営むときも、喪服を着るか否かは施主の判断にゆだねられます。暑い時期なので、平服でよいとする考え方があるためです。

 

参列者が喪服を着る儀式は葬式から1周忌あたりまで

親族ではない一般参列者の場合、喪服を着る儀式は、葬式から1周忌あたりまでです。葬式、初七日、四十九日、1周忌までは喪服を着ましょう。3回忌からは、平服で参列してもよいとされています。また、通夜に喪服を着るか否かは、判断の分かれるところです。ひと昔前は、「通夜に喪服を着ていくと、まるで準備をしていたように見える」と、参列者の喪服は敬遠されたものです。しかし現代では、亡くなった日から通夜までの期間が延びたこともあり、喪服で参列する一般参列者が多くなってきています。知らせを受けた当日が通夜だったというときなどは平服でも問題ありませんが、日にちに余裕があるなら、喪服のほうが場から浮かないかもしれません。

 

葬儀や法要で喪服を着るときのマナー

ひと口に喪服と言っても、その種類はさまざまです。一般的な喪服として多く見かけるのは、男性ならビジネススーツの形をしたブラックスーツ、女性なら黒いワンピースに短いジャケットという装いでしょう。これらは略礼装と呼ばれ、一般参列者や遺族ではない親族が着る喪服です。小物は全て黒で統一し、光っているもの、ファーなど殺生を思わせるものは避けます。アクセサリーは、結婚指輪以外はパールのみです。最近では、遺族もこの略礼装で全ての儀式を済ませるのが一般的になってきました。もしも正式なものにこだわるのであれば、遺族、とくに喪主は正礼装とします。葬式の正礼装とは、男性であればモーニングコートにグレーのストライプが入ったズボン、和装であれば、五つ紋の袴姿です。女性の正礼装は長袖の喪服で、膝が隠れる長いワンピースのことを指します。和装であれば、五つ紋の黒い着物です。遺族のなかでもとくに故人の妻や娘が着ることとしている地域があります。

 

通夜や法要で喪服を着ないときの服装のマナー

通夜に一般参列者として訪ねるときや、3回忌以降の法要で喪服を着ないときには、平服を着ることになります。色を地味目のものに心がければ、いつも着ているビジネススーツで十分です。男性はグレーや紺などのスーツに地味な色のネクタイ、シャツの色は白とします。靴下や小物は黒で統一するのが無難です。女性は、男性と同じようにダークスーツか、色調の暗いワンピースやカーディガンとします。小物は黒で統一し、アクセサリーは、結婚指輪以外はパールのみとします。派手なネイルはとりましょう。

 

まとめ

以上、喪服が必要な儀式と、喪服のマナーについて解説しました。地域や家の風習によっては、ここに書いてあることばかりが正解ではありません。通夜のときには遺族の女性陣が色無地の着物を着ると決まっている地域もあれば、遺族も通夜では喪服を着ない地域があります。また、宗教フリーの葬儀では、お知らせ状に「喪服はご遠慮ください」と書かれてあることもあります。大事なのは基本マナーを貫くことではなく、その場のドレスコードを守ることです。年長者や喪主、施主によく確認して、場から浮かない服装をして葬儀や法要に臨みましょう。

 

関連記事:葬儀(通夜・告別式)の服装マナーと注意点

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

お坊さん 茶色

お墓参り代行サービスとは?人気の理由と利用時の注意点

なかなか参拝に行けていないお墓はありませんか?父方、母方、また様々な事情で本家のお墓には入れなかった身内がいたりすると、3ヶ所以上のお墓参りになってしまい時間が取れなかったり、転勤で引っ越して遠方にお墓があったり、結婚して嫁ぎ先から実家のご先祖様に手を合わせられない、また体調を崩してしまいお墓まで簡単に行けないという人もいるのではないでしょうか。そこで、ご先祖様に家族の無事をお知らせしたいのにお墓参りに行けない……と悩んでいる人に「お墓参り代行サービス」を紹介します。

樹木葬のイメージ

最新の骨壺を紹介!紙の骨壺、木が育つ骨壺とは?

終活ブームが起こり始めて早や数年。葬儀業界では、「よりオリジナルな葬儀を」「故人らしい送り方を」という気運が高まり続けています。そんななか、アイデアが光るユニークな骨壺がたくさん姿を現すようになりました。紙の骨壺から木が育つ骨壺まで、最新の骨壺をご紹介します。

仏教徒でもクリスマスを祝ってよい?

クリスマスプレゼントをねだったときに、「うちは仏教徒だから、クリスマスは祝いません!」と、冗談ながらに親から言われた記憶がある人はいませんか。また、「どうしてうちはキリスト教じゃないのに、クリスマスをお祝いするの?」と子どもに素朴な疑問を投げかけられたことのある人もいるのでは。そもそもクリスマスとは何かを解説し、仏教徒でもクリスマスを祝っていいのかについて考えます。

終活とは

終活とは?どんなことを考え・準備し、何歳くらいから始めるもの?

「終活」とは、「人生の終わりをよりよく締めくくるための準備をし、より良く自分らしく生きていくための活動」のことを指します。この言葉は平成21年に『週刊朝日』で連載された「現代終活事情」により広く知られるようになり、当初は自分の葬儀や墓について生前に準備することのみをさしましたが、言葉が定着するにつれ、医療や介護についての要望、身辺整理、遺言、相続の準備なども含まれるようになりました。ここでは、そんな「終活」が具体的に何を考え準備していかなければならないのかなど、詳しく紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ