MENU

宗旨宗派不問の意味とは?|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 用語説明・豆知識 > 宗旨宗派不問の意味とは?

宗旨宗派不問の意味とは?

霊園探しをしていると、「宗旨・宗派不問」という看板やチラシの文句に目が留まることがありませんか。この「宗旨・宗派不問」という言葉は、どのような意味なのでしょうか。意味を正確に取らなければ、トラブルになってしまう場合があります。詳しく解説しましょう。


「宗旨・宗派不問」イコールどんな宗教でも受け入れる?

まず、使われている言葉の意味を確認します。「宗旨」も「宗派」も、1つの宗教のうちでわかれている分派や考え方のことです。お寺の霊園のチラシにこの言葉が使われているなら、「1つの宗教」とは仏教のことです。在来仏教徒であれば、どの宗派を信仰しているかは問わないという意味であり、神道、キリスト教、イスラム教、新興宗教といった信仰のある人は受け付けないということになります。「宗教自由」という意味ではないため、まずはここに気をつけましょう。

 

「これまでの宗派は問わない」という意味の場合

もう一つ気をつけたいのが、今までも、これからも宗派は問わないのか、ということです。「これまでの宗派は問わない」という意味で「宗旨・宗派不問」を使っている寺院があります。つまり、寺院の墓地を契約した後は檀家になってもらう、もしくは宗派にのっとった供養をしてもらうという意味です。例えば宗派の作法にならってお墓を作る必要があったり、葬儀や法要には住職を呼んでお経をあげてもらう必要があったりします。この場合、他の宗派の僧侶に葬儀を依頼し、納骨だけお墓のある寺院にお任せするということはできません。無宗教での葬儀をしたり、戒名をもらうことを拒んだりした場合も、トラブルになってしまうでしょう。お墓だけではなく、葬儀や法要、その他供養のことまで、お墓のある寺院にお任せしたいという気持ちでいるでしょうか。お墓の立地や値段だけを見て、「契約しよう」と考えているなら、自分の死後のことまで思い浮かべてみてください。家族が供養をしやすいかどうかも大切なのです。

 

「今までもこれからも宗派は問わない」という意味の場合

一方で、「今までも、これからも宗派は問わない」という意味の場合もあります。このケースでは、寺院とはお墓を契約しているだけの関係となり、檀家にならなくとも構いません。葬儀や法要が生じた場合、その寺院の僧侶を依頼するのか、それとも全く違う宗派の僧侶に頼むのかは、喪主に任されます。ただ、霊園内に法要会館などがあり、葬儀や法事を行うときにそこを使うのが便利であれば、葬儀や法要はそのお寺の僧侶にお願いしたほうがスムーズに行えるかもしれません。檀家にならなくてもよかったり、葬儀をその寺院に頼まなくてもよかったりするのは、ずいぶん心が軽くなることです。しかし、後の供養のことまで考えてみると、結局はお墓がある寺院に法要などをお任せしてしまった方が楽なことも多いでしょう。契約時には、その寺院にお任せできること、できないことを確認することが必要です。

 

本当はどんな意味?個別に問い合わせが必要

これまで説明してきたように、「宗旨・宗派不問」には二通りの意味があります。果たして、「これまでの宗派は問わない」のか、「未来においてもずっと宗派は問わない」のかは、看板やチラシからは分かりづらいケースがほとんどです。本当はどのような意味なのかは、個別に問い合わせてみましょう。

 

宗教フリーの霊園がいいなら「宗教自由」を探して

いずれにせよ、「宗旨・宗教不問」の寺院墓地は、仏教徒しか受け付けていません。他の宗教を信仰していたり、あくまで無宗教を貫きたいという考えがあったりしたら、「宗教自由」としている霊園を探しましょう。民営の霊園でも見つかりますが、公営霊園は、例外なくすべてが宗教フリーです。無宗教に限らず、全ての宗教宗派に対して開かれています。都内など一部の公営霊園は応募者が殺到することもありますから、早めの情報収集が不可欠です。

 

まとめ

以上、「宗旨・宗派不問」の意味について解説しました。「宗教自由」という意味ではなく、仏教に限ること、これからも宗派不問か否かは寺院の考え方によることに注意しましょう。なお、お墓は一人だけの買い物ではありません。お墓に入る人も主役なら、それを供養していく人も主役です。どのようなお墓を希望するのかを家族と相談し、みんなが納得のゆく供養のしかたを模索することが重要になってきます。パンフレットを取り寄せたら、ぜひ家族会議を開きましょう。子世代と一緒にお墓見学へ出かけるのもおすすめです。

 

関連記事:宗旨宗派不問の複数の意味とは?4つのケースをご紹介

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

永代供養墓

永代供養とは|供養期間や費用はどれくらい?永代使用との違いとは

永代供養とは、お墓参りや供養をする身内(縁故者)がいなくなり、無縁仏となってしまうことを避けるために、寺院などの管理機関が責任を持って永代にわたって供養することを指します。しかし最近では、将来、身内(子どもなど)に墓守りの心配や負担をかけたくないという理由から、生前に永代供養の申し込みをする方も少なくありません。永代供養の費用や期間について詳しく見ていきましょう。

霊園,樹木葬

樹木葬はお墓不足解消の手立て?都心の墓事情とその解決策

樹木葬という埋葬方法が、ここ数年、徐々に注目が集まっています。その理由の1つとして、お墓不足解消に繋がるという点が挙げられます。樹木葬の場合、墓石を使用せず狭いスペースでも多くの人を埋葬することができるため、特に都心での墓地の土地不足解消の助けになると言われています。そこで、今回は樹木葬が注目されている理由の中でもお墓不足解消に焦点を当て、お墓不足の現状となぜ樹木葬がお墓不足を解消できるのかなど、詳しく説明していきます。

グリーフケア

グリーフケアとは?死別を乗り越えるケア&サポート

長い人生の中で、誰しも経験する「死別による悲嘆」。その悲しみは心だけでなく、体までもむしばみ、生活に支障をきたす場合があります。もし、自分や周りの人がそうなった時、どのように支え合い、克服すればいいのでしょうか?そこで注目されているのが「グリーフケア」です。グリーフケアとは大切な人との死別による悲嘆のプロセスにおいて、立ち直りまで寄り添い、サポートする方法です。お墓の存在も故人の死を受け入れると意味で、大切なグリーフケアの1つです。いつか来るその日のために、今回はグリーフケアについてご紹介します。

回忌法要を行う仏壇

回忌法要とは?回忌法要の意味・回数・成り立ちについて

回忌とは、故人の祥月命日に執り行われる法要のことです。年忌(ねんき)とも呼びます。葬儀後、四十九日の中陰法要(ちゅういんほうよう)を経て故人は祖霊となり、その後の百ヶ日や一周忌から始まる法要を回忌法要とよびます。三十三回忌(地域によっては五十回忌)まで、死者の菩提を弔うために親族が集まり、寺院を招いて法要を執り行います。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ