MENU

エンディングムービーとは?お葬式で流せる感動のビデオレター|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > 用語説明・豆知識 > エンディングムービーとは?お葬式で流せる感動のビデオレター

エンディングムービーとは?お葬式で流せる感動のビデオレター

最近のお葬式は、僧侶にお経を読んでもらうだけにとどまりません。故人が好きだった音楽の生演奏をしたり、故人の人生を写真のスライドで流したりなど、工夫を凝らした演出がなされるようになってきました。なかでも新しいサービスが、エンディングムービーです。ここでは、葬儀におけるエンディングムービーとは何かを解説します。


この記事にたどり着いた人のなかには、結婚式のエンディングムービーをどう作ろうか悩んでいる人もいるかもしれません。披露宴の際、とくにお客さまを送り出す最後の演出として流れる映像も「エンディングムービー」と呼ばれます。しかし、この記事では、葬儀の際に使うエンディングムービーを解説しています。迷い込まれた方は、幸せな気持ちのときにお葬式の記事が出てきてさぞ驚かれたことでしょう。検索画面へ戻り、改めて自分の求める記事を探してください。

 

エンディングムービーとは生前に残しておくビデオレターのようなもの

さて、葬儀のときに使われるエンディングムービーについて解説を続けます。エンディングムービーとは、生前のうちに家族へのメッセージ映像などを撮影してDVDに記録するものです。それを葬儀のときに流して演出の材料としたり、遺された家族が折に触れて観ることで癒しとしたり、利用方法はさまざま。現在、葬儀演出の手法として多くみられるのは、死後に遺族が提供した写真を編集し、スライドショーとしてスクリーンに流すものです。一方でエンディングムービーは、故人となるその人が生きているうちに、自分の人生や家族へのメッセージを残しておくものです。死後に流すためのビデオレターといえるでしょう。

 

エンディングムービーの目的と内容、料金はさまざま

エンディングムービーの目的はさまざまです。葬儀のときに使うことが主な目的なら、自分の人生を複数の写真スライドで表した後、参列者に示す感謝のメッセージを本人映像で撮影します。あくまで家族だけに観てもらうことが目的なら、死後、家族に伝えたいこと、「こうあってほしい」といった希望など、プライベートな内容を入れ込めます。このように、目的が違えば内容が違ってきます。他に、映像に合わせてプロのナレーションを流す、少し長めのドキュメンタリー映像を作るなど、「こんなものを作りたい」というイメージによって料金も違ってきます。また、業者によっては、必ずしも希望のムービーを作れるとは限りません。

 

葬儀用のエンディングムービーは葬儀社に相談

エンディングムービーを作成してくれる会社はまだまだ少ないですが、あくまで葬儀のときに流すエンディングムービーをと考えているなら、葬儀社に相談してみるのが近道です。エンディングムービーの内容のみならず、葬儀のどのタイミングで何分くらい流すかといった、葬儀全体のスケジュールについても合わせて相談できるためです。ぜひ、ムービーを含めた葬儀全体の見積もりを取ってもらいましょう。

 

エンディングムービーを凝りたいなら映像制作会社に相談

メッセージを撮影するだけでなく、例えば自分の人生をドキュメンタリー方式でムービーにしてもらいたいなど、凝った編集を希望するなら、映像制作会社に相談するのがよいでしょう。葬儀会社が用意しているのは、簡単なムービー撮影のためのプランである可能性があるためです。とはいえ、「映像制作会社って、どこにあるんだろう」と思う人のほうが多いのではないでしょうか。インターネットを駆使して、エンディングムービーを撮影してくれる映像制作会社を探してみましょう。自分の地域で営業展開しているところに、一度相談してみるのがおすすめです。

 

エンディングムービーはもちろん自力でも制作できる

昔からビデオを撮るのが好きだった人や、パソコンが得意な人、あるいはパソコンが得意な人が身近にいるなら、エンディングムービーを自作することもできます。カメラを回すのが気の置けない人であるほど、リラックスできていい撮影になることでしょう。編集をすることができないなら、短いムービーを何本か撮影して、「葬儀用」「家族へのメッセージ用」などとDVDを分けておくと、のちのち便利です。家族にはムービーの内容を内緒にしておきたいという人もいるでしょう。しかし、ムービーの存在を家族の誰にも知らせなければ、葬儀で流してもらうことはできません。喪主となるであろう長子だけには打ち明けるなど、きちんと託しておきましょう。

 

以上、エンディングムービーについて解説しました。内容や長さによって料金はさまざまですから、まずは相談をしてみることが不可欠です。あえて相場を言うなら、短いムービーで5万円から10万円、長編であったり凝ったものにしたい場合は30万円を超えることもあります。希望を全て伝えた段階で見積もりを取ってもらい、予算とすり合わせながら話をすすめましょう。

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

戒名,位牌

戒名の受戒から宗派による違い

戒名とは、本来、仏教において、受戒(じゅかい※入門するための戒めを受けること)によって与えられる名前です。そのため、生きている間に仏弟子となる事を志願して、戒名を授けられるというのが普通でした。やがて、亡くなった人に受戒の儀式をして戒名を与える事により、故人が仏の弟子となり、さらには仏そのものとなる事を願うようになります。これが、現代における戒名の一般的な意味です。ここでは、もう少し詳しく戒名の概要を説明するとともに、宗派それぞれの戒名の形式について紹介します。

葬儀 安く,樹木葬

葬儀をできる限り安く済ませるには?10万円で見送る方法

近年、親族のみで葬儀を済ます家族葬、儀式を行わず火葬のみとする直葬など、葬儀を簡素化する動きがみられます。そこには、「なるべく簡素な葬儀にしたい」「葬儀代を節約して、生きるために使いたい」という願いがみてとれます。この記事では、葬儀をできる限り安く済ませる方法についてお伝えします。

墓じまいと永代供養 違い

墓じまいと永代供養の違いとは?

近年の少子高齢化や首都圏への人口集中などにより、お墓を巡る環境が激変しています。住居の都合で故郷にある先祖代々の墓守が難しい、子どもがいないなどの理由で、お墓の継承者がいずれ途絶えるのは明白な家庭も増えてきました。そのまま放置しておくと先祖代々のお墓は無縁墓となり、墓地から墓石ごと撤去されてしまいます。そのため、「墓じまい」をしたり、先祖代々のお墓を「永代供養」の墓へ改葬するなどを行う人が年々増加しています。今回は「墓じまい」や「永代供養」をお考えの方に向けて、「墓じまい」や「永代供養」とはどういったものなのか、その違いなどについて紹介します。

お墓ディレクター

お墓ディレクターとは?何を相談できてどんな知識がある?

既に自分が入るお墓の準備をされている人はいますか?まだ先の事で考えていない人、先祖代々のお墓に入る予定の人、ちょうど今現在お墓を立てる計画をしている人、など様々でしょう。もし、お墓の購入などに迷われている人がいればお墓ディレクターに相談してみるの一つの手です。このお墓ディレクターとはなにか、何を相談できるのか、誰がなれるのか、などついて解説します。

永代供養と永代使用

永代供養とは?永代使用との違い

永代供養と永代使用。二つとも「永代」という言葉がついているので似たような印象を持つと思います。しかし、この二つの言葉の意味は全く違います。そして「永代」の意味にも意外なカラクリがあるので紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ