MENU

忌中と喪中の違いとは?期間と過ごし方|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > マナー・慣習 > 忌中と喪中の違いとは?期間と過ごし方

忌中と喪中の違いとは?期間と過ごし方

知っているようで知らない「忌中(きちゅう)」と「喪中(もちゅう)」の違い。どちらとも、「身内の死に際して身を慎むこと」なのですが、なぜ慎むかという理由が違います。しかし、違いはそれだけではありません。今回の記事では忌中と喪中の違いについて、歴史や観念を踏まえながら紹介します。


忌中(きちゅう)とは

家族や親族が亡くなった後、死の穢(けが)れを他の人にうつさないように身を慎む期間を「忌中」と言います。一般的に仏教では49日目の法要をもって忌明け(忌中が終わる日)とします。つまり、人が亡くなって49日の間が忌中に当たるのです。ちなみに、神道では50日、キリスト教であれば1ヶ月が忌明けとされています。

 

喪中(もちゅう)とは

喪中とは、家族や親族が亡くなった際に、故人をしのび、慎ましい生活を送る期間のことを言います。かつては、喪中の間は喪服を着て外出していたそうで、めでたい祝い事の出席を控えていました。最近では、遺族が悲しみを乗り越え、平常に戻るための期間という意味合いでも使われます。一般的に故人が亡くなってから1年間を喪中としています。

 

神道と仏教から生まれた忌中と喪中

日本古来から伝わる神道においては「死は穢(けが)れたもの」という概念があり、死の穢(けが)れが他の人に移らないようにと、故人の身内は神社などの神域に立ち入ることが許されていませんでした。それがいつしか、喪に服する期間は外部との接触を断つようになり、忌中の考え方に至りました。お葬式に行くともらえる清めの塩は、「死=穢(けが)れ」という神道の概念から今に伝わる風習なのです。また、穢れは「気枯れ」とも表記され、死そのものが穢れているわけではなく死によってもたらされる憂鬱・やつれなど残された人の気が滅入ってしまう=気枯れとするのが本来の意味とされることもあります。

一方、仏教において死とは「生まれ変わりのただ通過点」であり、穢(けが)れなどといったマイナスイメージを一切持っておりません。故人は49日後に生まれ変わるとされており、その生まれ変わりを祈って家族は四十九日法要を行うのです。こういった、神道を仏教の概念が合わさり、まさに神仏習合として今に残ったのが忌中・喪中の考えなのです。

 

忌中と喪中が法律に!?服忌令(ぶっきりょう)による規定

かつて江戸時代に服忌令という忌・喪に関する規定が定められていました。規定には忌中・喪中の期間は武家式と公家式と2つ存在していたのですが、中でも公家式による忌中・喪中の期間があまりにも長かったそうで、その間仕事を休まれては明治の文化開化の事業に大きな支障をきたすとして、忌中・喪中の期間を武家式に則り、太政官布告として「服忌令」が発令されました。

服忌令に定めた忌中・喪中の期間がこちらです。

忌中の期間

父母 50日

養父母 30日

継母・継父 10日

夫 30日

妻 20日

嫡子 20日

夫の父母 30日

祖父母(父方) 30日

祖父母(母方) 20日

喪中の期間

父母 13ヶ月

養父母 150日

継母・継父 30日

夫 13ヶ月

妻 90日

嫡子 90日

夫の父母 150日

祖父母(父方) 150日

祖父母(母方) 90日

 

男女で偏りがあったこともあり、これらは時代とともに薄れ、一般的に忌中は49日、喪中は1年となりました。※明治時代に発令された太政官布告「服忌令」は現在撤廃されています。

参考文献:服忌令|宗玄寺

 

忌中・喪中の過ごし方

忌中・喪中の期間は故人と家族をつなぐ大切な期間です。ここでは現在一般的な慣習としてある忌中・喪中の過ごし方について紹介します。具体的にどのように過ごせばいいか、考えてみましょう。

冥福を祈る

故人をしのび、冥福を祈りましょう。また、遺族が精神的な傷を癒す期間でもあります。気持ちを整理し、ゆっくりと平常に戻していきましょう。

慶事や祭典への参加は控える

忌中の期間は祝いごとや祭りごとの参加は避けましょう。喪中の間は、最近考え方が変わってきており、祝いごとや祭りごとの参加は柔軟に選択すれば良いとされています。相手から招待を受けた際は、喪中である旨を伝えたうえで相談してみましょう。ただし、自ら結婚式を挙げるなどの、慶事や祭典の主催はしない方が良いでしょう。

年賀状

新年のあいさつを控えるのが礼儀とされています。毎年、年賀状のやり取りをしている相手には喪中はがきを送り、年賀状を送れない旨を伝えましょう。11月中旬以降から12月初旬までに届くように送ることが基本とされています。

関連記事:喪中はがきはいつ・だれにどんなデザインで出せばよい?

墓参り

喪中の期間は初詣を慎むべきとされています。その代わりに、お墓へ初参りに行きましょう。昨年までの感謝を伝え、今年一年、頑張れるようにとお墓に祈りましょう。

 

忌中と喪中の違いまとめ

日本古来から伝わり、今も残る忌中と喪中。故人を偲ぶととも、ご先祖さまや歴史と通ずる機会となるでしょう。一つの区切りとして、忌中と喪中を大切にしたいですね。

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

無宗教葬儀とは

無宗教葬儀とはどのように行うの?参列する際のマナーとは

近年、特定の宗教に拠らない「無宗教葬儀」がメディアで多く取り上げられるようになってきました。従来型の一般葬が減少傾向にあり、家族葬や通夜、告別式を行わない直葬が増加してくるなど葬儀の選択肢が多様化してきています。「無宗教葬儀」もその一つです。ここでは、特定の宗派に拘らず、僧侶を呼ばない無宗教葬儀について詳しく紹介します。

お正月の富士山

お正月はお墓参りに行ってはいけない?お正月にお墓参りがタブーといわれた理由

お正月にお墓参りをするべきか、否か、迷う人も多いのではないでしょうか。仏事は各宗派によって習慣が少しずつ違い、更には地域やお寺によっても異なります。そのため、せっかく故人のためを思ってお正月にお墓参りに出かけようと提案しても、家柄によっては非常識といわれてしまう場合もあるようです。ここでは、そんなお正月のお墓参りについて紹介します。

戒名はいらない?

戒名はいらない?授からない場合は仏式で葬儀を行うことも見直そう

仏式で葬儀をすると、戒名をもらうのは当たり前のこととされています。しかし、最近では死後の名前など必要ない、「戒名はいらない」と言う人も増えてきているようです。その主な原因は、高すぎるお布施にあるとされます。戒名は本当にいらないのか、「戒名」のそもそもの意味から考えてみましょう。

檀家とは?檀家制度の始まりと現代社会における意義

檀家(だんか)とは、特定の寺院を援助する家のことを指します。檀家が支える寺院のことを菩提寺(ぼだいじ)や旦那寺(だんなでら)と呼びます。この寺檀関係は江戸幕府の政策によって始まり、菩提寺は檀家の先祖や死者の供養を独占的に取り仕切りましたが、時代が下り、寺檀関係は崩壊しつつあります。この、檀家や檀家制度について詳しく解説していきます。

檀家,離檀

離檀とは?檀家をやめるメリットデメリット

離檀という言葉を聞いたことがあるでしょうか。お寺の檀家をやめるということです。親のお墓を受け継ぐと、きっと「檀家でいつづけるか、それとも離檀するか」という問題に頭を悩ますことになるでしょう。檀家をやめるメリットとデメリットを解説します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ