MENU

忌中と喪中の違いとは?期間と過ごし方|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > マナー・慣習 > 忌中と喪中の違いとは?期間と過ごし方

忌中と喪中の違いとは?期間と過ごし方

知っているようで知らない「忌中(きちゅう)」と「喪中(もちゅう)」の違い。どちらとも、「身内の死に際して身を慎むこと」なのですが、なぜ慎むかという理由が違います。しかし、違いはそれだけではありません。今回の記事では忌中と喪中の違いについて、歴史や観念を踏まえながら紹介します。


忌中(きちゅう)とは

家族や親族が亡くなった後、死の穢(けが)れを他の人にうつさないように身を慎む期間を「忌中」と言います。一般的に仏教では49日目の法要をもって忌明け(忌中が終わる日)とします。つまり、人が亡くなって49日の間が忌中に当たるのです。ちなみに、神道では50日、キリスト教であれば1ヶ月が忌明けとされています。

 

喪中(もちゅう)とは

喪中とは、家族や親族が亡くなった際に、故人をしのび、慎ましい生活を送る期間のことを言います。かつては、喪中の間は喪服を着て外出していたそうで、めでたい祝い事の出席を控えていました。最近では、遺族が悲しみを乗り越え、平常に戻るための期間という意味合いでも使われます。一般的に故人が亡くなってから1年間を喪中としています。

 

神道と仏教から生まれた忌中と喪中

日本古来から伝わる神道においては「死は穢(けが)れたもの」という概念があり、死の穢(けが)れが他の人に移らないようにと、故人の身内は神社などの神域に立ち入ることが許されていませんでした。それがいつしか、喪に服する期間は外部との接触を断つようになり、忌中の考え方に至りました。お葬式に行くともらえる清めの塩は、「死=穢(けが)れ」という神道の概念から今に伝わる風習なのです。また、穢れは「気枯れ」とも表記され、死そのものが穢れているわけではなく死によってもたらされる憂鬱・やつれなど残された人の気が滅入ってしまう=気枯れとするのが本来の意味とされることもあります。

一方、仏教において死とは「生まれ変わりのただ通過点」であり、穢(けが)れなどといったマイナスイメージを一切持っておりません。故人は49日後に生まれ変わるとされており、その生まれ変わりを祈って家族は四十九日法要を行うのです。こういった、神道を仏教の概念が合わさり、まさに神仏習合として今に残ったのが忌中・喪中の考えなのです。

 

忌中と喪中が法律に!?服忌令(ぶっきりょう)による規定

かつて江戸時代に服忌令という忌・喪に関する規定が定められていました。規定には忌中・喪中の期間は武家式と公家式と2つ存在していたのですが、中でも公家式による忌中・喪中の期間があまりにも長かったそうで、その間仕事を休まれては明治の文化開化の事業に大きな支障をきたすとして、忌中・喪中の期間を武家式に則り、太政官布告として「服忌令」が発令されました。

服忌令に定めた忌中・喪中の期間がこちらです。

忌中の期間

父母 50日

養父母 30日

継母・継父 10日

夫 30日

妻 20日

嫡子 20日

夫の父母 30日

祖父母(父方) 30日

祖父母(母方) 20日

喪中の期間

父母 13ヶ月

養父母 150日

継母・継父 30日

夫 13ヶ月

妻 90日

嫡子 90日

夫の父母 150日

祖父母(父方) 150日

祖父母(母方) 90日

 

男女で偏りがあったこともあり、これらは時代とともに薄れ、一般的に忌中は49日、喪中は1年となりました。※明治時代に発令された太政官布告「服忌令」は現在撤廃されています。

参考文献:服忌令|宗玄寺

 

忌中・喪中の過ごし方

忌中・喪中の期間は故人と家族をつなぐ大切な期間です。ここでは現在一般的な慣習としてある忌中・喪中の過ごし方について紹介します。具体的にどのように過ごせばいいか、考えてみましょう。

冥福を祈る

故人をしのび、冥福を祈りましょう。また、遺族が精神的な傷を癒す期間でもあります。気持ちを整理し、ゆっくりと平常に戻していきましょう。

慶事や祭典への参加は控える

忌中の期間は祝いごとや祭りごとの参加は避けましょう。喪中の間は、最近考え方が変わってきており、祝いごとや祭りごとの参加は柔軟に選択すれば良いとされています。相手から招待を受けた際は、喪中である旨を伝えたうえで相談してみましょう。ただし、自ら結婚式を挙げるなどの、慶事や祭典の主催はしない方が良いでしょう。

年賀状

新年のあいさつを控えるのが礼儀とされています。毎年、年賀状のやり取りをしている相手には喪中はがきを送り、年賀状を送れない旨を伝えましょう。11月中旬以降から12月初旬までに届くように送ることが基本とされています。

関連記事:喪中はがきはいつ・だれにどんなデザインで出せばよい?

墓参り

喪中の期間は初詣を慎むべきとされています。その代わりに、お墓へ初参りに行きましょう。昨年までの感謝を伝え、今年一年、頑張れるようにとお墓に祈りましょう。

 

忌中と喪中の違いまとめ

日本古来から伝わり、今も残る忌中と喪中。故人を偲ぶととも、ご先祖さまや歴史と通ずる機会となるでしょう。一つの区切りとして、忌中と喪中を大切にしたいですね。

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

お会式とは?

「おえしき」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「お会式」と書きます。華やかなお祭りに行き合って「なんのお祭りかな?」と尋ねてみると「お会式」であると教えられて「おえしきってなに?」と思った人も、いるかもしれません。お会式について、その由来や代表的なお祭り、参加するときの服装などを解説します。

祭祀承継者,樹木葬

祭祀承継者とは?お墓を引き継ぐ人がいない場合の対処法

かつてお墓は代々にわたり、引き継いでいくものでした。ひと昔前までは、生まれた土地からすべての子が、引っ越すことはめったありませんでしたし、引き継ぐことが当然であると思われていたのです。そんなお墓や仏壇を引き継ぐ人のことを祭祀承継者と言います。しかし、近年では祭祀承継者になりたがらない人が少なくありません。一体どのような理由があるのか、背景について紹介します。

お盆の準備・迎え方・流れとは?

8月に入り、一般的にお盆と言われる時期が近づくと、ス―パーやデパートなどでもお盆飾り用の商品が陳列され始めますね。お盆の準備は、地域や家庭、宗派によって少しずつ風習が異なります。ここでは一般的に言われているお盆の準備について紹介します。

葬儀(通夜・告別式)の服装マナーと注意点

喪服は持っていますか?社会人になると友人関係以外に仕事関係の付き合いが一気に増え、冠婚葬祭への参加も多くなっていきます。20代後半から30代になると結婚式に呼ばれる事が多く、女性であれば結婚式用のドレス、普段スーツを着ている男性でも結婚式用スーツを持っているのではないでしょうか。結婚式は事前に準備できますが、急な知らせになりがちな通夜・葬儀の際、喪服を持っておらず、慌てて準備したといった話を多く耳にします。中には「喪服でなくても、普通の黒のスーツで良いのでは?」と考えている人もまれにいます。喪服を着るということは、故人を偲ぶ、哀悼の意を表す事です。故人の遺族はもちろん、参列者も正しい服装を心がけなければいけません。このような葬儀の時の服装マナーについて紹介していきます。

仏壇の処分

仏壇の処分をしたい時はどうしたらいい?適切な処分方法

先祖の魂の宿った仏壇の処分を行うには、粗大ごみとして廃棄してしまうことも可能ですが、適切な方法があります。しかし実際にはどのように手配したらよいかなど、わからないことがある人も多いのではないでしょうか。ここでは、仏壇の処分までの手順と適切な方法についてご紹介します。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ