MENU

お墓参りのお花はどんなものが良い?|樹木葬辞典

樹木葬辞典 > 樹木葬の豆知識 > マナー・慣習 > お墓参りのお花はどんなものが良い?

お墓参りのお花はどんなものが良い?

お盆やお彼岸の季節が近づくと、お墓参りをする機会が増えるかと思います。お墓参りに訪れる際、お供え用のお花は欠かせません。お供え用のお花には菊などの仏花を添えることが一般的ですが、必ずしも菊でなければいけないというわけではありません。ここでは、お供えにはどのようなお花であればよいのか、また避けたいお花などについて紹介します。

仏花,お墓参り


お墓参りに最適な花は?

仏花といえばやはり「菊」を選ぶ人も多いかと思います。古くから菊が日本人に好まれてきたのには理由があり、日持ちが良く、枯れたときに散らかりにくいということから選ばれてきたようです。特に先祖を偲ぶ、お彼岸、お盆などは菊、小菊、リンドウ、アイリス、グラジオス、スターチス、カーネーション、カラーなどが無難でしょう。

ユリも仏花のセットにはよく入っており不適切なお花ではありませんが、香りが強いお花でもあるので香りが気になる方は避けたほうが無難です。またユリは花粉が墓石を汚してしまうことがあるので、花粉を払ってからお墓に備えましょう。お彼岸、お盆の時期はお花屋さん、スーパーなどで墓参り用のセットが販売されているので時間がないときはセットを利用するのも便利です。お墓の花立に合わせて、対になるように2セット用意しましょう。また、命日などは故人が好きだった花を手向けるのもおすすめです。ただし、故人が好きな花がお墓参りに不向きな場合もあるので少し注意が必要です。

 

お墓参りに不向きなお花は?

「絶対にこの花を供えてはいけない」というものは基本的にはないそうです。ただし、避けたほうが良い花、お墓参りに不向きなお花もあります。特徴は4つです。

  • 棘のある花(薔薇、あざみなど)
  • 毒のある花(彼岸花、ダリア、スイセン、スズランなど)
  • 香りの強い花 (ユリ)
  • 傷みやすい花

特にバラは仏事ではNGなので、避けたほうがよいと言えます。また彼岸花も、その名称のため「お彼岸によいのでは?」と勘違いしてしまいそうですが、やはり毒があるので不向きです。同様に、スイセンも毒があります。傷みやすい花は、周囲やお墓を汚してしまうので日持ちするお花のほうが良いでしょう。

 

お墓参りに適切な花、宗教で違いはあるの?

日本人の大多数は仏教のお墓ですが、他の宗教ではこのような違いがあります。

キリスト教の場合

キリスト教,白いバラ

キリスト教の場合、仏教では不向きであった薔薇を供えても失礼ではありません。白薔薇、白百合、白いカーネーション、西洋菊などの白を基調とした花や故人が好きだった花を備えます。ただし、白色でも菊などの仏花は避けましょう。色は白が基調であれば他の色が入っていても構いません。

神道

榊,サカキ,神道

神道ではお花ではなく榊をお供えします。榊はお花屋さんであれば必ず置いてありますし、スーパー、ホームセンターなどでも購入することができます。この榊には「玉串」のように半紙を装飾する必要はありません。お墓の榊立てに合わせて2本用意しましょう。お参りするお墓が2つなら4本お供えします。

 

お墓参りのお花選びに困ったら

「このお花匂いがきつくないかしら?」「まだ49日前のお墓参りなのだけれど、普通の仏花で大丈夫?」などお花選びに迷った場合は、お花屋さんや葬儀社にきいてみれば確実です。特に、家族や親族以外のお墓参りに供えるお花は、個性よりも礼儀を大事にして失礼のないお花を選びましょう。お花屋さんなら墓参り用の花束という用途と予算、入れて欲しい花などを伝えるとぴったりのお墓用の花束を作ってくれるのでおすすめできます。そして49日前のお墓参りには菊、小菊などの白を基調とした落ち着いた色彩の仏花が最適のようです。

 

(まとめ)お墓参りのお花は基本ルールを守りつつ故人の好きな花を選ぼう

「絶対にこの花はいけない」ということはありませんが、故人や先祖のためにお墓をきれいに維持管理することを考えると「お墓参りに適したお花」が良いことがわかりますね。宗教や地域差はありますが基本的なことを抑えて、故人や先祖を偲び敬うためのお花を用意されてはいかがでしょうか。

関連記事:お墓参りのマナーを解説!正しい先祖供養のポイント

 

▽当サイトではおすすめの樹木葬ランキングや自然葬や永代供養墓についても解説しています。是非ご参照ください。>>樹木葬辞典|樹木葬の総合情報サイト


あわせて読みたい

お正月の富士山

お正月はお墓参りに行ってはいけない?お正月にお墓参りがタブーといわれた理由

お正月にお墓参りをするべきか、否か、迷う人も多いのではないでしょうか。仏事は各宗派によって習慣が少しずつ違い、更には地域やお寺によっても異なります。そのため、せっかく故人のためを思ってお正月にお墓参りに出かけようと提案しても、家柄によっては非常識といわれてしまう場合もあるようです。ここでは、そんなお正月のお墓参りについて紹介します。

初彼岸とは

初彼岸とは何をする?その意味とやるべきこと

初彼岸とは、故人が亡くなってから初めて迎えるお彼岸のことを指します。お盆では初めて迎える際「新盆」といい、僧侶を呼んで法要を行ったり、特別な供え物を用意したりしますが、初彼岸ではどのような準備が必要なのでしょうか。ここでは初彼岸について詳しく紹介します。

戒名はいらない?

戒名はいらない?授からない場合は仏式で葬儀を行うことも見直そう

仏式で葬儀をすると、戒名をもらうのは当たり前のこととされています。しかし、最近では死後の名前など必要ない、「戒名はいらない」と言う人も増えてきているようです。その主な原因は、高すぎるお布施にあるとされます。戒名は本当にいらないのか、「戒名」のそもそもの意味から考えてみましょう。

一覧に戻る

カテゴリ検索

東京・樹木葬ランキング

第1位

樹木葬・東京 | 風の丘樹木葬墓地(かぜのおかじゅもくそうぼち)

詳細を見る

第2位

樹木葬・東京 | 多摩境フォーシーズンメモリアル樹木葬(たまさかいふぉーしーずんめもりあるじゅもくそう)

詳細を見る

第3位

樹木葬・千葉 | 真光寺樹木葬(しんこうじじゅもくそう)

詳細を見る

第4位

樹木葬・東京 | 水元公園ともしびの郷樹木葬(みなもとこうえんともしびのさとじゅもくそう)

詳細を見る

第5位

樹木葬・東京 | 本行寺樹林墓地「そせい」(ほんぎょうじじゅりんぼりそせい)

詳細を見る

  • 東京の樹木葬
  • 関東の樹木葬

最新の樹木葬の豆知識

関連サイト

運営者情報

ページの先頭へ